2017-08-17 Thu


どんよりとした天気が続く。
どんよりと言うよりは、ラチの空かない天気って感じか。
絶え間なく、強くなったり弱くなったりして降り続く雨。
空さんよ、夏だぜ。
なんとかしてくれよ。カラッと、昼吞みでもしたくなるような天気に逢いてぇな。
2017年の日本の夏の天気は、西と東、まっぷたつに様相を変えているらしい。


昨日も一昨日も小雨の中で機材の積み替え。
シトシトとした雨は、ザーザーぶりの雨と違って、カウンターのように「やべーぞ!」というような
危機感を持って責めてこないんだけど、じんわりじんわりとカラダの中にダメージを与えて染み込んでくる。
気がつけば、キャップのつばの先からボトボトと雫が滴り落ちていく。
濡れていくカラダの感触は、冷たくなっていくというよりは、ぬめりと湿っていく感じだ。

たまには部屋の空気も入れ替えなきゃと、
今朝はベランダ側の窓を開けて、作業と筋トレをしてみた。
窓の向こうから、濡れた道路をこすっていく車のタイヤの音達が聞こえる。
しゅわーーーー。しゅわーーーー。
その音を聞くだけで出かけたくなくなるんだけど・・・
自分が動かなきゃ、何も動かない世界。
行くっきゃねぇす。

こんな気持ちの時は、「こういった状況も楽しんだも勝ちだよなぁ」とあらためて思い直し、
自分に話しかけてみる。
そういえば、昨日のツアー片付けも大変なもんだったぞ、と。
ひとりで荷物を抱えて、あーだのこーだの、荷物の配置を考えながら、時折もともとあった荷物たちが崩れてきて、
そいつらが裸足の上に落ちたりして、「いてーよ!」と誰もいない倉庫で大声をあげた。
でも、なんかそんな自分の姿が妙に滑稽に思えて、途中から薄笑いを浮かべながら作業をした。
うん、笑っちゃえ。笑って、力抜いて、いっこいっこ、やってっちゃえ。かましちゃえ。


歌う旅が続いていく、今夏。
明日は名古屋。そして、浜松。
移動日には、施設に呼ばれてのライブもあったりする。
「始まる歌を待っている」人たちがいるってことが、自分の気持ちを沸き立たせる。
大切にしたい。。ぷくりと心に泡が立つ。


昨夜は読んでいた本を読み終えた。
思春期の頃の青年の物語だった。
何をしたらいいかわからない、自分を求めてくれる人なんかいない、自分の存在なんてあってないようなもの・・
そんなふうな日々が続く中で、ふとした物と出逢いをする。
その物との出逢いから、少しずつ、歩を進めていく青年。
いつのまにか、物との出逢いが人との出逢いへと糸をつないで、青年の日常が変わっていく。
・・・そんな物語。
「読書とかしてる時間ねーよ」と思ってたけど、ひさびさ本でも読みてーな!とページをめくり始めると、
空き時間や休憩の時間の合間合間をつないで、あっと言う間に3日間ぐらいで一冊を読み終えた。
「sou,iu,koto!!」
そーいうーこと。な。
思い立ったら、いざ。


さてーーー、
旅へ向けて。



| 08:49 | CATEGORIES:自画像 |
2017-07-15 Sat
くそが。
だれかに、
自分の幸せの意味なんか聞いたこと、ないわ。
自分で決めるもんだろが。

ぎゃくに、
「あんた、幸せだよねー」なんて決めつけ言われたあの時の違和感と、苛立ち。
勝手に、人が幸せか、幸せじゃないか、決めんじゃねーよ…とこみ上げた、あの何度もの気持ち。
忘れてない。

とりあえず、
ラーメン食べて寝よう。
テレビからは、ほら、また、クソが、
人の幸せ感決めて歌ってる。

「キャーキャー言われてる、あのメドレーに何のチカラがあるのかな。」

…なんて言い過ぎ虫は、
街を飛び徘徊しながら、
哀しみや悲しみにしゃがみこんだりフテったりしてる奴らとすれ違いながら、メンチでもきろう。

「おまえもか?」なんて胸ぐらつかみながら、歌でも歌うまで。

あぁ。
不良、サイコー。

どっちが本当の悪かわからない奴らが仕切る海の中で、
自由に泳いで、いくつもの島に、シルシをつけりゃいい。


…なんてこと、ラーメンすすりながら。
| 20:24 | CATEGORIES:自画像 |
2017-06-22 Thu

昨日は、大雨と暴風。
折れそうな傘を必死につかみながら、朝っぱらから美容室へ。
「ばっさりいっちゃっていいよ」と鏡の中の仲間の美容師くんと目を合わせながら呟く。
ざくっざくっと切られていく髪を見ながら、スッキリしていく気持ちが心に漂っていくのがわかる。

いつのまにか、窓の向こうは正午過ぎの街。
雨はやまず。風もやまず。
アスファルトからふくらはぎあたりまで跳ね上がる水しぶきの中、
そのまま打ち合わせへ。

打ち合わせ前に仲間の誕生日プレゼントを物色。
BEAMS、ディーゼル、ヒステリックグラマー・・
久しぶりに来た店は、商品棚の配列なんかも変わってて、
「あぁ、この街来たの久しぶりなんだな」なんて思いに耽ったり。

打ち合わせして、その後、呑みへ。
語りが熱くなってね、
たぶんね、呑みすぎた。
改札を抜けたところで手を振ったのは覚えてるけど、
どうやって眠ったのか、覚えてない。
傘もどこかに置いてきたっぽいよ。


一夜明けて、今朝はスッキリ起きた。
午前中からの用事があったから、朝練はできず、
用事が済んで帰ったら、まずはそれ。

そんなこんな、今は用事中。
昨日と打って変わって、天気がいいな。
どっかの学校の門を這い上って、校庭の真ん中あたりに尻つけて座って、
昼から缶チューハイでも呑みたい気分。

いや、ダメダメ。
やることいっぱいだぞ。

ぱらぱらと風にめくられる本のページのような、
そんな心模様と、自分の行動。




| 11:04 | CATEGORIES:自画像 |
2017-02-07 Tue

思えば、今年の初め、お正月、
遠くから3人の子供を連れて親戚の娘が東京に遊びにやってきたので、
その子供たちとワンサカ遊んだ。
子供達、「おじさん」としてではなく、対等に、仲間的に遊んでくれるから、
こっちも本気で遊べた。
けれど、時々、奴ら、疲れがくると、「だっこして」とか、「かたぐるま・・」とか、
急に対等な仲間的ではなくて、子供だよアピールをしてきて、いろいろと要求をしてくる。
ま、だっこで、ずいぶんと筋トレになったからいいけど。

今日、靴下をはく時に、ふと、奴らのことを思い出した。
一緒に遊んでた時に、指がひとつひとつ割れた靴下をはいていたら、
「なに、これ」と、ずいぶんとその靴下をはいた足の指先部分をスリスリとこすったり、
つまんだりしてたのを思い出したから。
そして、なんか、あの数日、ワンサカ遊んでいたことがずいぶんと懐かしく思えたりした。
あっという間に1月は走り過ぎ、2月も、もう初旬は終わりへと向かっている。
2/22誕生祭ライブまで、もう少しで、2週間前の日がやってくる。

日々は待ってはくれない。
そして、
3月のツアーに向けてのホテルの予約。
えぇ、もういっぱいなの!!という街もあって、
2ヶ月前でも最近はホテルが取れないことがこうしてあることを忘れてた。
スルスルといかない状況になると、この作業にも時間がずいぶんとかかる。
色んな観点でホテルを探して、やや目的地から遠い場所を探したり、
あえて街を変えてみたり。備えあれば憂いなし・・だっけか。
早め早めで何事も動かないとです。
ということで、
4月後半からのツアーのホテル予約も仮でガンガンとやっていく。
まだ、ライブハウスとの交渉もままならないのに(笑)。


今日は、録りだめてあった曲の破片の整理もした。
整理していると、やっぱ、曲を完成させたくなって・・
何時間も没頭していく。
ま、これが、オレの本筋。しゃーねー。
計画通りになんかいかないのが、人生。

結局、ずいぶんとスケジュールはずれて、ジョグタイムは、日が暮れてからになった。
鼻から吸い込む息、下半身にあたる風が、本当に冷たい季節。
手には黒い手袋、キャップを目深にかぶって走る姿は怪しげなヒトのよう。
でも、気持ちは、とても澄んでいる。
2週間強なんて、本当に間近なこと・・・
222誕生祭ライブに向けて、気持ちはあがってます。


最近は、なんだかんだで、
「あっ、あれやんなきゃ」的なことを夜な夜なやりつつ、
夜更かし気味。

寝よーね。



| 01:36 | CATEGORIES:自画像 |
2017-01-18 Wed

大変お世話になった方。
その人はいろいろを教えてくれた方。
言葉を書く上で、音楽を作る上で、たくさんを学ばせてくれた方。
たくさんの感謝を抱いている。
けれど、
最後、その感謝以上の・・、傷跡を残して行ってしまった人。
その人がなぜか夢に出てきた。
夢の中で、自分はその人と顔を合わせたくなくて、必死に走ったり隠れたり、
そんなふうに逃げていた。
なんだかな・・自分の奥底に潜んでいたものを見てしまったような夢だった。

どれだけ時間が経っても、拭いきれない傷跡や、
ひっそりと眠っている胸の奥底にある哀しみ、
もう2度と対面したくない嫌な想い出があったりする。
「ここから逃げたい。一刻も早くここから飛び出したい」
そんなふうにもがいていた感情を久しぶりに思い出してしまった。

まぁ、
そんな傷跡があるからこそ、
そんな傷跡と2度と会わないように、
この先の未来を、強く生きていこうと歩いている・・歩いてきた、
そんな日々があるのだろう。

ピンポーンと鳴って、夢の中で苦い物語に追われていた時間から目が覚めた。
ベッドから飛び起きて、玄関を開くと、ヤマト運輸の兄さんだった。
「あなたのおかげで、今日は救われました」というような気持ちで(笑)、
兄さんの背中を見送った。

時に、予想もつかないように夢の中に現われる苦しき想い出や小さき自分の姿は、
「今をしっかり生きているか。今を大切に生きているか。」というような問いかけや啓示なのかも
しれない。
たくさんの悲しき別れをしながら、選んできた今を、愛しく、大切に生きなきゃなんて思った、
昨日の朝。


今日はぐっすりと良く眠れた。
夢は見なかった。
昨夜の街での深酒のせいだろう(笑)。
久しぶりに会って語り呑みをしたロックンローラーは、とても活き活きとしていた。
去年、310本ものライブをしたと言っていた。
すげぇな・・と心底思った。

やった人にしかわからないことがある。
その経験をしなければ、わからないこと。
そういうことが、とても大切だなと思う。

オレらの毎日にも、それは、きっとある。
平穏に過ぎていくような毎日でも、
きっと、その毎日でしか気づくことのできないことがあると思う。

たとえば、今日は、朝、鳥のダンゴスープを飲んだ。
美味しいなぁ、あったかいなぁと思った。
そんなことも、この365日の中のひとつの小さな経験。

ヒトから聞くことだけじゃなく、
様々な場所で通り過ぎるように見せられる映像や写真だけじゃなく、
自分の体で、感覚で、
感じたりつかんだりしていくことをもっともっとしていきたいな・・
なんて。。


今日も夜は街へ。
新年会。
新年会、ありすぎだな(笑)。




| 15:01 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------