2018-03-20 Tue


こんな自分でさえ、
今やっておけることがあるなら、やっておきたい。
残しておきたい。
自分にできることがあるなら、やっておきたい。
自分が自分を刻めるものがあるなら、その足跡を精一杯残しておきたい。

そんな場所をいただけることに、感謝だし、
自分自身も、そんな場所、そんな道をしっかりと切り開いていきたい。



ありがとう・・という想いを、
いつから、「重い 、深い」と感じ始めたのだろうか。

マジ、
勝手に生きていた時代があった。
本当に、あった。

“感謝”があっても、
その半分、
そこをはみ出したい、そこに縛られたくない、もっと自分が目指すトコに行きたい・・
そんな自分の気持ちにいつも駆られている日々があった。
「そこに、つかりたくない。そこに、甘んじたくない。そこに寄り添いたくない。」
そんな気持ちで、自分でさえ掴みどころもなく暴れていた時代もあった。

今思えば、
その時の自分があったからこその、
今の自分だとも、本当に思う。


いつから?・・いつから、想いの角度が変わったのだろう・・と、
自分に訊ねてみても、まったく、わからない。


あっちゃこっちゃ、歩いてきた中で、

どこかで、

少しずつ、

様々な出逢いの中で、

角度や、視点が変わったのだろうか・・とも思う。



デビュー25周年に向けてのツアーの中、
振り返って、自らの歌を聴いたりする。
今まで生きていた中で、
一番、聴いているかもしれない。

色々な人たちの顔を思い出す。
色々な時の事を思い出す。

あらためて、思うことがたくさん、たくさんある。
思い出したくないことを思い出すこともある。
そこを越えてきた理由を、あらためて自らで見つけ出したりすることもあったりする。

それら、いろんな、この心で今思うことを、
このツアーで、
しっかりと届けられたらなと思う。


今の、現在の、この場所で。
ここにいてくれる人たちへ。
そして、
再び、逢えるであろう人たちへ。
これから逢えるであろう、人たちへ。
ツアーに限らず、
今、ともに、生きてくれる人たちへ、
感謝をこめて。
こうして生きてきたことを、
それらを越えてこれから生きていこうとすることを、
今、ここに、
染谷俊が、生きていたことを。


いつからいつから?・・
本当にいつからだろう・・・。
時代を振り返りながら、
何度もその問いかけを、自分にする。



先日、
「いつから、染谷は晴れ男になったの?」と、たずねられた。

そうだよな。
昔は、あの頃、
雨男だったのかもしれない。
もう、記憶にないけれど。。。
そう、
その人たちに、きっと、染谷俊の姿が映っていたんだろう。
オレも、
そう、
思う。



今はね、
たとえ雨が降っていても、

晴れ男でありたいと思うし、
オレは、
晴れ男だと、しっかりと言える。

たくさんの日々を越えて、
そんな気持ちになれる人に、
なれたかも、しれない。


太陽をずっと探していた、あの頃の自分へ、
今は、
少し照れながら、
そんな話しをしてみたい。





| 23:57 | CATEGORIES:自画像 |
2018-02-09 Fri

なかなか、難しい。
1本の糸でさえ、持ち方を変えるとこんがらがるのに、
2本の糸、3本の糸、
持ってるヒトの気持ち良い体勢もあるのだから、
まぁ、
ほっときゃ、こんがらがって当たり前・・・ってなもん。

そう思うと、
オレと染谷スタッフは、なかなか、こんがらがらんなぁ・・と、
さっき、ふと思った。
ありがたいことです。
ありがと。


さて、今日は、
「朝から晩まで・・♪」・・・、そんな、
そう、清木場俊介の歌のような今日。
まったくだーーーー!!
朝から晩までーーー!!



咳がひどくて5時ぐらい起きて、
もういっか!起きっか!・・っと、そこから、なんやかんや。

ついでに、
咳の元凶をタンで吐いてくっか!・・とジョギングもして。
10キロぐらい、やみくもに走って、
タン&つば、吐きまくってきたぜよ。
ざまーみろ。
これで、体調復活になってやる。


てなこんな、
一日終わった。
疲れた。
さ、寝ろ、オレ。
・・的な、
いろんなこと、実は、単純なんじゃね?・・と、思ったりする。



やりたくないことは、やらなきゃいい。
・・でも、やらなかったことで、良いも悪いも、何かは、自分に帰ってくる。
でも、それを承知で、やりたくないなら、やらなければいい。
だから、あとになっても、もう何も言う権利は、ねー。


やりたいことがあるなら、やればいい。
・・でも、やったことで、良いも悪いも、何かは、自分に帰ってくる。
でも、それを承知で、どうしてもやりたいんなら、やればいい。
だから、あとになって、もう何もゴチャゴチャ、言うな・・っちゃ。


てなこんな、
疲れた。
さ、寝ろ、オレ。


そういえば、今、思い出した。
朝、録音した歌が最高だった。
なんて、曲名、メモったけ・・
調べる。調べたい。調べなきゃ!

「ふえぁ いず まい あいふぉーーーーん!」

あった!!!!!
床にあった!!!








仮タイトル。

お。



教えねーぜ。




| 23:29 | CATEGORIES:自画像 |
2018-01-25 Thu

俳優さんとか、女優さん、
アナウンサーとか、タレントさん。
「この人、苦手や・・」とか、「この人、なんか嫌い」とか、
自分サイドで勝手気ままに思ったりもする。

けど、
なんかふとした瞬間、
その人の言動や、その人の立ち振る舞いなんかを見たりして、
「あれ、この人、なんかいいかも」なんて、好きになったりする時がある。
そして、その好き度は日ごと膨らみ、
いつのまにか、嫌いだった部分が無くなっていったりする。

不思議だな。ほんと。

結局、
自分の中にも、へんな薄っぺらな偏見があったりするのかもしれない。
けれど、
なんかの瞬間に、その人の素を見たり、
その人の隠れた努力や人間性なんかを感じたりした時、
パリンっと偏見という名の色眼鏡が割れて、
素の自分の目や心で「感じよう」という受け入れ態勢が整ってく感じなのかなぁ・・。

そう、
結局、
勝手な、こちらサイドの偏見で、様々な人たちを識別、判断して、
好きと思ったり、嫌いと思ったり。
・・ってことは、逆に言えば、
オレに対しても、そう思ってる人たちがいるわけで。

ってことは、
そう、
結局、
自分が思うがままに、
自分は今はこうして生きていきたいんだ・・というような正直な気持ちで、
自分を生きてくことが良い良い・・・ですわ、な。


さてさて、
そんなふうに、「あれ、いいかも」と思う人が今日は2人いた。
1人は、ニュース番組のナビをしてた人。
もう1人は、古くからの女優さん。
うーん、不思議。
あれほど苦手だったのに、今は、なんかいい人やなと思ってる自分。

はよ、寝ーーーーーー。

| 23:36 | CATEGORIES:自画像 |
2018-01-24 Wed
昨日に引き続き、朝っぱらから、本棚の整理。
棚の奥に入っていて、1年以上も読まなかったものは捨てる。
好きだった洋楽アーティストの詩の本なんかが大半。
「何かあった時、読もう」なんて買って、
結局一度か二度、パラパラとめくっただけだった。
「何か」とは、歌詞を書くのに煮詰まった時のこと。
何かのヒントになったり、「あぁ、こういう人たちはこんなふうな詩を書いてたんだ」
なんて心を落ち着かせたりするのに、いつか役に立つかなと本棚の奥に入れてたけど、
「何か」の時には、自分の心を覗くことに一生懸命で、
歌詞本を開こうなんて考える隙間もなく、詩を書いてきた。
「そうだよな・・、こういう歌詞本は、逆に、のんびりとできる日に、
陽だまりの芝生かなんかにシートを敷いて、風に吹かれるがままにページをめくって、
言葉の世界で思想を泳がせる時なんかに読むのが良かったんだよな」
・・そんなことを思いながら、段ボールにつめていく。

本棚に限らず、部屋の整理をここのところ毎日やっている。
去年は、「整理する」ということを全くやってなかったように思う。
家を出て、旅をして、帰ってきて、また身支度をして、また出ていく。
旅の途中に出逢った本や、出逢った物、
そういうものたちがいつのまにか部屋の中の最前列に身を置いて、
それまでそこに在ったものたちは日の目を見ることなく、
部屋の暗がりや引き出しの中で眠っていたままのような、
そんな一年が続いた。
”在るべきものはそこに在るように、
存在するならば、存在意義がそこに在るように、
力があるのならば、その力を活躍させるべき舞台に立たせられるように。”
大げさだけど、自分が所有している物たちがそれぞれいかんなく活かされるように、
整理をしている。
活躍の場を与えられないまま、そこに留まらされて生かせているのは、なんだか、可哀想さ。

・・とは言え、毎日片づけばっかりやってるわけもいかなく、
時間を決めて、3〜4時間ぐらい、少しずつ。
時に、一日中やると決めた日は、朝から夜まで。
まぁ、それが今日だけど(笑)。
多分、あと3日ぐらいで、納得のいくような整理ができると思う。
それに引き続いて、歌詞ファイルの整理や、楽譜ファイルの整理が待っている。
年の始まりのこの月に、なんとか全てをまとめておきたい。


昼過ぎ。ソファに座って休憩。
窓の向こう、今日は本当に空の色が綺麗だ。
上のほうは、濃いめの水色。下のほうは、薄めの水色。
その間あたりに、ホイップクリームぐらい真っ白な雲がいくつか浮かんでいる。
ひとつはクジラのような形。もうひとつはカルガモのような形。
空を眺めて一杯やりたい気分。
・・だが、ダメよダメダメ。
今日は、午後も片づけ一色。


気がつけば、日も暮れて、夜。
あぁ、お腹減ったぁ。



| 19:46 | CATEGORIES:自画像 |
2018-01-18 Thu

家路を急ぐ人たちとは逆に坂道をのぼり、スーパーへ。
今夜はそんなに寒くないな。
それでも、吐く息は白い。
夜道を照らすのは水銀灯と、マンションの部屋の明かりや屋台の焼き鳥屋さんの電球たち。
なぜか、そんなほのかな明かりを見ていると、寂しいようなせつないような、そんな気持ちが込み上げる。
“マッチ売りの少女”に出てくる少女の気持ちもこんなんだったのかなぁと、
ジャンバーの奥に込み上げる胸の気持ちに浸りながら思ったりする。

携帯電話片手に話しながら自転車を走らせてゆく制服の女の子。
シートをかぶって黙り込んでるバイク。
犬に引きずられて散歩するおばさん。
それぞれの人たちの帰りに、それぞれの生活があるんだなぁなんてことを、またジャンバーの奥で思う。
コンビニの入口の上には、恵方巻きと書かれた暖簾が貼られている。
2月ももうすぐそこまで来てるんか・・。
まだ2018年明けたばかりなのに。
ふらっとコンビニに立ち寄って、雑誌コーナーへ。
なんとなく目にした『ひとり酒場』っていう雑誌を手に取って、
なんとなく買う。
なんとなく。なんとなく。
夜はまだまだ長いような気がして、なんとなく。


毎日の中で零れ落ちていくものたちを、自分の目で見て、感じて、
零れ落ちていくものたちの願いや、失望や、呟きを、
言葉にしていけたらいい。
やがて、歌に変わるような、そんな言葉たちを。


さて、
今日は明日倉庫に持っていくものたちをまとめた一日。
朝から働いたな。
玄関には、一日がんばった手袋が眠りについてる。
明日もがんばらな・・ね。
オレもお風呂にでも浸かって、「がんばったなぁ」と眠ろう。

3月からのツアーやイベントの詳細の告知もホームページで始まった。
旅の前に、準備すること、やっておきたいことが山ほどあるん・・・


| 21:37 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018/04 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------