2014-04-04 Fri

ベランダの植木の葉っぱが濡れている。
昨夜はどれくらいまで雨が降ってたのかな。
今は雨のやんだ曇天の空の向こうに確かに太陽がいることがわかる白い光が柔らかに僕を照らす。
信号が変わって、思いっきり横断歩道へ走り出すサラリーマン。
足早に駅へと向かう女の人。バッグをしょってジョギングをする一行。
朝からがんばる人たちの姿を見つめながら、コーヒーをすする。

無造作につけたテレビからはたくさんの言葉が溢れている。
優しい言葉。つっけんどんな言葉。責め立てる言葉。詰めよる言葉。淡々とした言葉。
人から発せられる言葉は、様々な色合いを持って、人の心に染みいったり、
人の心に膜をはったり、人の心をかき乱したり、人の心に傷を残したり。
最近わけあって自分はあまり喉をならして言葉を発する時間が少ないから、
あらためて、人が発する言葉を敏感に見つめたりすることが多い。
世界は、日常は、言葉に溢れている。
会話、批評、つぶやき、日記、独り言。
多々、
言葉は心をあらわす。
隠している顔をあらわす。
癖をあらわす。
性格をあらわす。
いい側面も、悪い側面も、意味を含んで言葉は姿をあらわす。
言葉を使うことが難しいのではなくて、
言葉を使う時の心がとぼしいのだ・・
なんてことを、溢れ返る言葉を観ながら、思ったりする。

机の上にはアマゾンから届いた薄っぺらい段ボールの包み。
注文したらすぐ届くアマゾン。
人と会うことも少なく、本を読んだり言葉を紡いだりの禁酒中の自分には、
とても嬉しいアマゾン。
取り寄せたのは数冊の本。
最近出逢ってとても好きになった小説家の本を買いこんだ。
小説に登場する彼や彼女たちの日々や心を細かくのぞき見たように描写される文章を、
読み手の自分が夢中に追いかけるこの感覚がとても好きで快感になっている。

さて、コーヒーの時間は終わり、
今日は家にオペレーターを招いて、ライブ音源のミックス作業。
そろそろ機材を積み込みに出かける時間。
その前に、掃除機をかけておこうかな。


| 09:00 | CATEGORIES:星降るテーゼ |
2012-10-26 Fri

片付け、荷作り、挨拶まわり、買い物、
ツアーが終わってから、そんなこんなで日々が過ぎています。
秋なのに、なんだか、春気分(笑)。
新生活やら上京が決まって、せっせと準備をしてるような、
そんな毎日。

朝起きて、スケジュール帳を見てノートを拡げては、
ひとり会議みたいなことをして、
やるべきことを書き記したり、やれずにこぼれたことを書き出したりして、
この日までが締め切りだぜ!・・とスケジュール帳の端っこに書いた前倒しの自分叱咤の
言葉にどつかれながら、それらを淡々とやってます。
やらないと進まないし、
やれば、少しだけでも、進歩がある。
シンプルで、いいなぁと思う。
時々ある打ち合わせ以外は、ほとんど人と口も聞かないので、
腹筋がふにゃりと弱ってきてる感じがするのが、ちょっと嫌だ(笑)。


荷作りした物たちが増えていくこんなテンヤワンヤな時にかぎって、
またまた色々なことは起きるもので、
何年ぶりかに沖縄からやってきてた母親が突然倒れたりもあったりで、
またまたこれもテンヤワンヤと病院通いで看護に走り。
「なんだかなぁ、人生はなぁ・・」と思ったりもします。
自分の舵取りだけではどうにもならないような波がわーわーと押し寄せるような、
そんな期間が人生の中ではあるなぁ・・と。
だからこそ、
そんな波ん中で水しぶきに嗚咽を吐いたりアップアップしたりする時こそ、
動きを止めたらあかんな・・とか、
下を向いちゃいかんな・・とか、
地に足はつけていたいな・・とか、
行く路は見失いたくないな・・とか、
あせらずに行こう・・とか、
運命なんか吹き飛ばせ・・とか、
病院の前の道なんかで、なんか、ぼーっと、
そんなことを考えたりもしてます。

基本、
自分は、
未来も運命も、
この手で変えていける・・自分の手で作ってくんさ〜と、
そうやって生きてきたし、
これからも、
これからもそう生きていこうと思ってるから、
曲げず、
強く、
そんな自分の道を行くっきゃねーなと、
まぁ、そんな気持ちに溢れてます。


夜更けのこの時間に、なんか、パソコンを開いてたら、
こんな感じでつらつらと言葉を書いちまいましたが・・
明日も早し。
眠ります、ほい。
ふん、
明日もがんばっちゃうぞ!


ふっと思ったけど、
そういえば、
「引っ越し」って、
英語で言うと、
「move」か。

なんか、
あがる、ポジティブな言葉だわ。


move・・っす。な。
動き続けよう。


| 01:24 | CATEGORIES:星降るテーゼ |
2012-07-06 Fri
グレープフルーツジュースが好き。
朝からすっきり。

昨日は帰り道、駅前の裏道にしゃがんでストロングを呑んだ。
なんか、最近呑んでなかったからか、
すぐに酔った。
風が、人々の足音が、ネオンライトが、
なんか、全部が気持ち良かった。
これからの季節は外呑みだな。
できれば七輪とかでエリンギとか焼きながら呑みたいところだけど、
都会の中では、すぐにマッポに捕まりそう。


さて、やる気スイッチ入れてがんばりましょう。
反復、命。
答えを焦るより、
やり続けることが大切だ。
何事も、すぐには形にならない。
信じたことを続けよう。
ある日気づけば、
青写真だったことが、現実となってるよ。





| 09:34 | CATEGORIES:星降るテーゼ |
2012-06-25 Mon
目に映る全てのことが、メッセージ・・・は、ユーミンの歌詞だっけ。


まわりからの目など関係なく、
その日々の中心において、
「何か」を求めて、
手探りしたり、
考えてみたり、
貪欲に遊んでみたり、
パズルを組み合わせるように思考を絡み合わせたり、

・・そんなふうな懸命さと、ときめく感受に向かって歩み、生きていれば、

目に映るもの全てが、自分へのメッセージとして、
感じ取れるんだろう・・と、
そう、
今日も生きている。

肥やしっすな、すべては、
新しく芽吹くための、肥やし。

新しいものに触れて、
新しいものたちと戯れて、
そんな中から、また新しい自分の指針みたいなものを見つけて、
新しく行くことができる。


古いものばっかりの引き出しでも、ダメっすな。
新しいものたちを入れていく、引き出しがなければ。


さて、
音楽ざんまいの日々ざす!
楽しいです。
充実しています。
脳内、聴覚、感覚、それらが冴えています。
くっきりと、風景を感じ、
くっきりと、足跡を感じ、
くっきりと、それを自覚し、つかんでいる日々。

混沌とした絵の具いっぱいのような頭とカラダで、
その場その場をやりすごし、
記憶のないような日々を足を引きずって歩いていくみたいな生き方は、
もう嫌だ。
そういうのは、もう、オレはやめたんだ。

まぶたが落ちそうな時間になるまで音楽をして、
自らの中に音楽が染みて、
次の日には、
それが、少しずつの進歩となってあらわれていく。
そんな進歩を共有しながら、
まだ見えない島に向かって、今日も愛しくオールを漕いでいる。
見上げれば、
まだまだ、からっとは晴れない天気だけれど、
誇り高い姿の入道雲が真っ青な空に広がる、
そんなときめきの夏の絵が、頭ん中には広がっている。
そんなふうに、
オレは、生きていたい。


やっちまいますか!
どこまでも、どこまでも。

そして、今日も、
遠くからやってくる未来の奴らがバカスカとドラムを叩いてる。
| 09:15 | CATEGORIES:星降るテーゼ |
2011-10-26 Wed
何かに締めつけられたような時、
何かに追いつめられたような時、
自分を見失いそうな時、
自分の価値に迷いそうになった時、

そんな時は、
とにかく、「感じよう」としてきた。
どうすればいいのか・・
どうすれば解決できるのか・・
どうすれば自分がすべきことが的確に判断できるのか・・

そして、
耳を澄まし、
目を閉じ浮遊する感覚を探し、
答えになりそうなことを問いかけ、
自らの体から心から全てに、自問自答をして、
解決を試みる日があった。

そういえば、
何もかもをに迷った、
あの時の外苑前の歩道橋の上は本当に孤独だった・・というような夜を、
今でも思い出す。
唇から、音に鳴らないような音が漏れて、
涙が止めようとしても止められず、いわゆる"とめどなく"溢れた夜だった。


・・大変なことだけれど、
答えを探し当てるのは、誰でもない、
自分自身だ。
それだけは、確かに言える。
自分自身で見つけなければならない時がある。


成長をする時は、
もしかしたら、
孤独の時間と寄り添っている・・そんな時なのかもしれない。


話は、少しだけ飛び越えるけれど・・

・・・だからこそ、
その孤独と向き合う人がそこにいた時、
僕は、
傍にいれたらなぁ・・・なんてことを思う。
なにもできないけどね、
それでも、
ふっと何かのきっかけになる、風のような言葉を、
僕は発せられるかもしれない。
答えにはきっとならないかもしれないけれど、
肩張って気張って歩いていたその人が石ころにつまずき、
一瞬の隙間に我にかえる・・
・・そんな石ころのようなものに、
僕はなれるかもしれない。


上にいくための孤独を、
僕は、
決して嫌いじゃない。
取りつくろうじゃれ合いよりは、
背負った孤独の中での自問自答のほうが、
よっぽど尊いことだと、ずっと思っている。


さてさて、
毎日は、本当に濃く過ぎている。

一瞬一瞬の中で、
「僕は今、生きている」・・と、感じる。

あぁ、やっぱ、
オレは、結構、最近「生きてるぜ」と、。
さっき洗面所で気づいたんだ。

あきらかに、
目が、いってるぜ(笑)。

| 12:24 | CATEGORIES:星降るテーゼ |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------