2012-07-27 Fri
なでしこの試合を観に行ったのは、10年ほど昔のこと。
彼女たちが「なでしこ」とチラホラと言われ始めた頃。
その頃は、男子サッカー日本代表の試合を観に行ったり、
Jを観に行ったり、よくサッカーの試合を観に行ってた。
そんな中での、サッカー日本女子代表の試合。
国立競技場。
グランドにつっぷしたり、ぶっ倒れて転げ回ったり、
それでも必死に立ち上がってボールを追いかける、
泥臭く、ひたむきな、そんな姿に、とんでもなく感動したのを覚えている。
「そこまでして、彼女たちは、何を、追いかけているんだろうか」
試合中に、何度もそんな想いが過ったっけ。
ふっと脳裏に浮かんだのは、
「夢」という大きな、風になびくフラッグ。
彼女たちは、空の向こうになびく、そのフラッグを追いかけて、
こんなにも必死で、まっすぐで、懸命なのかもしれない・・と、
その時は思った。


昨夜は、なでしこニュースを観て、
その後、五輪サッカー男子の試合を観た。
勝ちました〜。
けど、勝っても、ただただその喜びに身を浸すことなどできず、
ストライカーの意味合いや、決定的なチャンスを何度もふかしたことなどなど、
やいのやいのと言われたり、自らでそのプレッシャーを背負ったり・・と、
本当にアスリートたちは大変だよな・・としみじみ思った。

そこから、
なでしこのドキュメント番組を観て、
人には見えない場所での彼女たちの苦悩や努力や、
自らに課せられた責任と、決して自分の可能性をあきらめない姿に、
涙が出た。
ほんと、鮫島の真剣な顔には、何度もやられてしまった。

時計の針は午前2時。
なんだか心が燃えて、
そこから、今度は、卓球女子日本代表のドキュメントを観た。
ここからは、完全に号泣でした。
福原愛ちゃんの、まっすぐな言葉と努力に、自分を省みた。
彼女と肩を並べ、そこで必死に上を目指す石川佳純もハンパない。
その何かを追いかけるような眼差しに釘付けになった。
すげぇ。
ホント、みんな、すげぇ。
努力とか、ひたむきとかいうことについて、
なんか、すごく考えさせられた夜だった。
言葉や教えなんかよりも、
「その人の生きる姿」に心が揺り動かされて、
なんだか、
「自分だって」とか、「自分ももっと」とか、
そんな気持ちになることがたくさん。
本当の意味で、「生きる」とは、深いです。


さて、
今日は明日のリハーサルに向けての準備オンリーでした。
この夏は、名古屋ライブ、大阪ライブ、東京でのライブ、
それぞれ、全て違った編成でのライブが待っている。
それらに向けて並行してリハーサルをしてる日々。
明日は、この週末の日曜日にある、新宿MARBLEでの2マンライブのための、
バンドリハーサル。
たぎる想いを、まっすぐに唄えたらいい。

昼はクーラーは切って、お茶漬けを食べました。
どっ!どっ!・・と音をたてて心臓がばくって、
汗が噴き出してくるような感じ。
日が暮れて、走りにでた。
昨日も今日も、7㎞越え頃でばてた。
冬から春にかけての頃は、そのぐらいからカラダがあったまって、
「いくぜ、いくぜ」となってたけれど、
さすがに、息をしているだけで温風を吸ってるような今の季節、
噴き出す汗の中で息も切れていく。
よわっちーな。

輝いている奴らに、負けらんねー。


| 22:38 | CATEGORIES:学ぶべきもの |
2012-05-07 Mon

人が集まり、想いが集まり、
今日1日しかない、今日という名の出来事がその場所で生まれる。
そして、そこには、思いの灯火のような、
あたたかな炎が確かに揺れている。

ゴールデンウィーク後半戦は、横浜ベルズでのライブと、
大宮ハーツでのライブがあった。
たくさんの人達と過ごした日々。
たくさんの出逢い。
ともに、
2012年のゴールデンウィークを心にしっかりと刻んだ。

ライブ明けの休日には、久しぶりに黒田倫弘くんのライブを観に行った。
変わらない格好良さがあった。
思うところがたくさんあった。
チャッピーやバビちゃん、久々に会う仲間たちもいた。
一つのことをやり続ける素晴らしさ、大切さ、
そういうことをじんじんと感じた夜だった。

昨日は、夕方に昼寝をしようと横になったら、
目が覚めたのはもう日が変わる時間だった。
たくさんの夢を見た。
省みるような夢ばかりだった。

今朝は、早くに目が覚めて、体幹についての本を読んでいた。
テレビでは、YUKIちゃんがドームで歌ってた。
相変わらず、かっちょ可愛いね。
さて、
これからトレーニングちゃんです。
そして、
レコーディング。


そういえば、朝、さわさわっと読んでいた雑誌の中に、
永作博美さんのインタビューが載っていた。

・・多忙の日々の中では、思うような時間割が作れない。
だから、そのときやるべきことをしっかりやるという、
シンプルなルールで生きている。
まわりに左右されないために、
ぶれない自分の芯を作っておく。・・・・

そんなような言葉たちだった。
頷きながら、読んでいたのだった。



| 10:39 | CATEGORIES:学ぶべきもの |
2011-10-18 Tue
夜更かしをしたけど、目覚めはばっちり。
普段ずいぶんとお酒を飲むもんで、何日かお酒をのまないだけで、
びっくりするほどの体調右上がり(笑)。
早起きしたもんで、お風呂をためて一時間半ぐらい入りましたー。
すっきりで、スタジオ行ってきます。

お風呂に浸かりながら、今作ってる曲の詩のことや、これからのことや、
自分の日々の歩みについてボンヤリと考えたりする。
ツアー中に清木場俊介さんが借してくれた本の中に、
最澄の言葉で、
「一隅を照らす これ国宝なり」という言葉が綴ってあった。
バスタブの中、おでこから滴り落ちる汗にまみれて、
その言葉についてじっくりと考えてしまった。

「まずは自分自身を磨き、その光で周囲をも照らす」
深い言葉だ。
何かを照らすためには、まずは、自分を磨き、自らが輝くこと・・・。
何かを変えるためには、まずは自分が変わらなければいけない・・とも受け止められる。
誰かに何かを与えられるような人になるには、
日々自らを磨き、精進していかなければならない・・とも受け止められる。

まずは、
己を見つめて、己を磨くこと・・・だな。
雑踏にまぎれそうな大切な場所の一隅を照らすような、人となるために。

そんなこんなの、ゆったりとした自問自答の朝。


今朝は、海苔のせ五穀米ゴハンとお味噌汁。
美味しかったぁ。
お忙しー一日ですから〜がんばりませう。
| 11:07 | CATEGORIES:学ぶべきもの |
2010-11-19 Fri
朝から夜までとか、
朝から深夜までとか、
楽譜をさらってる毎日なんですが、
超楽しーすんけど。
「かっちょえーな、このコード進行!」とか、
「やばいぜ、これ」とか、
そんなことを一人ほざきながら、
部屋ん中でイメトレしたりしながらやってます。

なんか、
暗譜だとか、ピアノ叩くこととか、
そういう全部が楽しめてる、ワクワクしてる感じが、
自分、たまるかぁ~!
そんな盛り上がってる自分です。


今週は、デビューからお世話になってる恩人の方にも会ったです。
やること終わって、意気揚々と雨の西麻布♪に出かけて、
焼き鳥屋さんにて盛り上がりましたー。
交わしたり、聞いたりする言葉の全てが元気をくれる状態の今。
まぶた、まっぴらいて、ガシガシ成長していきたいと思う。
バカ笑いひとつが、また明日のチカラになる。



己のやってることや、信頼に対して、
責任感を持ちたい。
生きている毎日に、きちんと堂々と首を縦に触れるほど納得をするぐらい、
行動をしたい。
まだまだやれること・・・

激、
励、
今日は未来へと続く。



| 09:35 | CATEGORIES:学ぶべきもの |
2010-08-06 Fri
「暑いなぁ〜・・」と思うより、
「今日も夏日和だぁ!満喫するぜ」と楽しむ。

「やんなきゃいけないことが山ほどあるぜ」より、
「おれには、まだまだ、こんなにやるべきことがあるんだ!」と
自分が在る場所に充実を思う。

そんなふうに、
ガシガシと突進を求めて、ほがらかに、歩いていきたい。


否の部分を探そうと思えば、じつはたくさんある。
そればかり見たり話したりしていたら、
いつのまにか、小さな奴になっていた。
いつのまにか、
自分が「否」をつきつけてた奴らと同じ奴になっていた。


くだらねー自分だなと思った。
つまんねー自分だなと思った。

鏡を見たわけじゃないけど、
鏡の中のくもった自分の顔が浮かんだ。


空の広さや、
太陽や、
暑さの中でへこたれながらも揺れてる雑草たちや、
いつものように永遠に優しく押し寄せる波音や、
無心に遊ぶ子供たちの声や、
懸命に白球を追う青年たちの汗や、
水面を漂う輝きや、
おでこを撫でていく風や、

そんなふうに、
今あるがままにこの世界に在る瞬間瞬間を受け止めてまっすぐに生きるものたちを感じよう。
そして、学んで、
正そう。

健気に、
直線のようにまっすぐに、
今あるがままに生きている瞬間を楽しみながら、
感謝を抱きながら、
自分を生きよう。


2010年、今年しかない、この夏はまだまだ終わらない。

明日からは、ライブ4DAYS。




| 12:14 | CATEGORIES:学ぶべきもの |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------