2011-02-14 Mon
昨夜は終演後、どうしても帰京しなければならないバンドメンバーのベースのきんちゃんと、
コーラス隊のメンバーたちと大阪から終電に乗って帰路へ。
いただいた肉まんを食べ、それぞれ、眠りについたり、本を読んだり。

で、東京間近に起こった最悪な出来事。列車の端、バッケージ置きとして乗客が利用する場所から、
コーラス隊の1人のスーツケースが盗まれやがった。マジありえねぇで、ほんと、腹立った。

最終電車の中、たくさんの方々の中には、一日がむしゃらに働いて、ヘトヘトになって、
シートに埋もれて眠りについている人たちもいっぱい。
そんな時間帯を狙ってかの、卑怯きわまりない犯行。まったくもって、許せねぇ。

今回のコーラス隊の方たちは、言葉や習慣の違う場所からやってきたこの国で、
歌うという夢と、それを続けることを生業として、超、がんばってる人たち。
この国で、うまく合わないことも、理解が難しいこともたくさんあるだろうと思う。
そんな中でも、胸張って、ほがらかにがんばってる人たち。
その人の、大事な大事な、楽譜やら、音源やら、想い出やらがたくさん詰まったバッグが盗まれた。
本当に残念で、悔しくて、マジ、何回もなるけど、許せねぇぞ。
腹立って、腹立って、せっかくの楽しかった時間や一日が、消えてしまった出来事だった。

出てくることを願うことしかできないことが悔しい。


・・・・・・・・・・・・・・
さて、

今回の旅。
キーボードプレイヤーとしてサポートをさせてもらっています清木場俊介さんのライブツアー。
倉敷でのライブ、大阪でのライブ、本当に素晴らしい夜でした。
はじめっから客席からの煽られまくりに燃えまくった倉敷、
清木場俊介自身のがんがんの煽りと自由さに弾けた歌に燃えまくった大阪、
どちらも、本当に、熱い熱いライブでした。

自分も、とても熱く熱く燃えました。
だからこその、
大きく自分に課せる反省の「一点」を見つけたライブでもあった。
現に、一点、それによってのミステイクがあった。

どれだけ熱くなっても、というか、熱くなればなるほど、
アンサンブルに耳を澄まし、自分のプレイに確実さを求めたい。
例えば、
どんな天気だろうが温度だろうが、雨が降ってようが、汗ですべろうが、ブーイングの中だろうが、緊張につぶされそうな心であろうが、
どんな状況下にあっても、確実に、自分のイメージ通りに、ゴールに確実なシュートをぶちこむ選手のように。

1プロミュージシャンとして、1プロのプレーヤーとして、
ミュージシャンや歌うたいの表現にとっての命でもある大事なステージの上で、
どんな状況下であっても、自分の100%を奏でられる奴でいたいと、
今回、あらためて思った。
それには、強くてクールな精神も必要だと思うけれど、
それを持つためには、まずは、多くの鍛錬と練習を積み上げるしかない。

こんなことを公のブログで書く必要ないのかもしれないけど、
自分を追いつめて、
新たな課題を克服して、次へのステップを踏み、進みたい。


今日は、いっぱい、いろんなこと、やった。
誕生祭もいよいよ来週だし。
あるのよ、いろいろ。

お昼のとんかつが美味しかったな。
ひさびさ食べた、とんかつ。

昨夜の熱きライブで燃えかすのようになった左足ががくがくで、まだ走れなかった。
明日は走る。
そして、
怒濤のリハの日々が始まる。


がんばろ。


| 20:13 | CATEGORIES:熱き日々 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019/07 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------