2018-01-24 Wed
昨日に引き続き、朝っぱらから、本棚の整理。
棚の奥に入っていて、1年以上も読まなかったものは捨てる。
好きだった洋楽アーティストの詩の本なんかが大半。
「何かあった時、読もう」なんて買って、
結局一度か二度、パラパラとめくっただけだった。
「何か」とは、歌詞を書くのに煮詰まった時のこと。
何かのヒントになったり、「あぁ、こういう人たちはこんなふうな詩を書いてたんだ」
なんて心を落ち着かせたりするのに、いつか役に立つかなと本棚の奥に入れてたけど、
「何か」の時には、自分の心を覗くことに一生懸命で、
歌詞本を開こうなんて考える隙間もなく、詩を書いてきた。
「そうだよな・・、こういう歌詞本は、逆に、のんびりとできる日に、
陽だまりの芝生かなんかにシートを敷いて、風に吹かれるがままにページをめくって、
言葉の世界で思想を泳がせる時なんかに読むのが良かったんだよな」
・・そんなことを思いながら、段ボールにつめていく。

本棚に限らず、部屋の整理をここのところ毎日やっている。
去年は、「整理する」ということを全くやってなかったように思う。
家を出て、旅をして、帰ってきて、また身支度をして、また出ていく。
旅の途中に出逢った本や、出逢った物、
そういうものたちがいつのまにか部屋の中の最前列に身を置いて、
それまでそこに在ったものたちは日の目を見ることなく、
部屋の暗がりや引き出しの中で眠っていたままのような、
そんな一年が続いた。
”在るべきものはそこに在るように、
存在するならば、存在意義がそこに在るように、
力があるのならば、その力を活躍させるべき舞台に立たせられるように。”
大げさだけど、自分が所有している物たちがそれぞれいかんなく活かされるように、
整理をしている。
活躍の場を与えられないまま、そこに留まらされて生かせているのは、なんだか、可哀想さ。

・・とは言え、毎日片づけばっかりやってるわけもいかなく、
時間を決めて、3〜4時間ぐらい、少しずつ。
時に、一日中やると決めた日は、朝から夜まで。
まぁ、それが今日だけど(笑)。
多分、あと3日ぐらいで、納得のいくような整理ができると思う。
それに引き続いて、歌詞ファイルの整理や、楽譜ファイルの整理が待っている。
年の始まりのこの月に、なんとか全てをまとめておきたい。


昼過ぎ。ソファに座って休憩。
窓の向こう、今日は本当に空の色が綺麗だ。
上のほうは、濃いめの水色。下のほうは、薄めの水色。
その間あたりに、ホイップクリームぐらい真っ白な雲がいくつか浮かんでいる。
ひとつはクジラのような形。もうひとつはカルガモのような形。
空を眺めて一杯やりたい気分。
・・だが、ダメよダメダメ。
今日は、午後も片づけ一色。


気がつけば、日も暮れて、夜。
あぁ、お腹減ったぁ。



| 19:46 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018/04 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------