2011-05-23 Mon

そして、名古屋へ。
名古屋の移動日は、久しぶりの休日だった。
のだけれど、
朝起きたら、
たくさんの言いたい言葉が、いっぱいあった。
だから、
ホテルの中から、移動のホーム、新幹線の中、
ノートを拡げて、言葉を書き綴った。
そして、そのまま、練習スタジオのようなところに入って、
言葉を綴り、メロディーを奏でた。

この日々、この日々、
毎日は、
自分の人生なんだよなということを書いた。
だから?という答えは歌に書かなくてもいいと思った。
『花びら』というタイトルをつけた。
二番の歌詞がまだまとまっていなかった。
けれど、
明日、名古屋の本番で歌えればいいなぁと思っていた。

そして、名古屋、本番当日。
晴れてたね。
たくさんの方たちがライブハウス会場前で笑顔で迎えてくれた。
幕があけた。
こんなに名古屋って熱かったっけ?って思うぐらい、
最高潮ぶっとばしの名古屋に集まってくれたみんながいた。
ロックも、
バラードも、
みんなの真剣なまなざしを受けて、歌った。
生きてるな、みんな。
本当にそう思った。

そればかりを考えて作っていた、
その歌、『花びら』も歌った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『花びら』

僕には僕の生活があり、生きること、食べること、暮らすこと、
やりたくないと思う事も、やらなきゃいけない時もあり、
そんなんで、いっぱいいっぱいになって、言いたくもないけど愚痴も出る
しまいに、自分の意味って何だっけなんて、1人、悩みこむ

それでも、時間は待ってはくれず、イジワルな顔で僕を見る
「今日という日は、今日しかないよ」「そんなんでいーんか?」って僕を見る
確かにホント、そーだよな・・・いつもの道に立ち止まり、
何気なく見つめてみた 自分の足下に、

ふわり 花びらが落ちていくように
ふっと 考えが宙を舞う
「おれ、おじぃちゃんになった時、人生振り返って、何を語れるのかな」

上を見上げたら、太陽がいた いつものように、空がそこにあった
ゆっくり雲が旅を楽しんでた そいつらの真下に僕がいた
自分の人生、だよな 自分の人生、だもんな
ふわり、風にのって 花びら 光のほうへ 飛んでいく


日々に流されていきながら、悩むこと、考えること、
置いていかれそうになりながら、それでも、なんか考える
自分のこと、仕事のこと、将来のこと、家族のこと、
恋や夢やお金や現実、目の前に起きていく問題

強いばかりでいられるわけなく、弱さに揺らぐ時もあり、
あせり、いらだち、やきもち、言われのない批判や、かんぐり
そんなんで、いっぱいいっぱいになって、らしくもない愚痴もでる
しまいに、自分の「らしさ」って何だっけなんて、1人、悩み込む

いつから無くしてくんだろう どこから道にはぐれたろう
腹の底から笑ってた 昔はもっと無邪気だった
「全く、ほんと、そーだよな」 途中下車したホームで
楽しそうな子供たち、 見つめる、肩に、

ふわり 花びらが落ちるように
そっと きみの声がする
「あたし、おばぁちゃんになった時に、人生振り返って、笑ってたいんだよな」

上を見上げたら、太陽がいた いつものように、空がそこにあった
ゆっくり雲が旅を楽しんでた そいつらの真下に僕がいた
自分の人生、だよな 自分の人生、だもんな
ふわり、風にのって 花びら 光の中へ 消えていく


いろいろあって・・なんだか、あって
いっぱいあって・・それでもな・・って
おれ、おじいちゃんになった時、
アタシ、おばぁちゃんになった時、
人生振り返って・・・らららら、らららら 

上を見上げたら、太陽がいた いつものように、空がそこにあった
ゆっくり雲が旅を楽しんでた そいつらの真下に僕がいた
自分の人生、だよな 自分の人生、だもんな
ふわり、風にのって 花びら 光の中へ 消えていく

光のほうへ、飛んでいく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ダブルアンコールの声が聞こえて、
歌わなきゃと思った。
歌うんだと思って、歌った。

握手会もあった。
地震が起きてからの、いろいろな思いを語る方たちも何人かいらした。
いろいろな思いがあるんだなぁと思った。
僕にできることは、
ひとつしかないと思った。

つった足が心地良かった。

名古屋の熱さが、たくさんをくれた。
ありがとうございました。
みんなの笑顔が、
僕の笑顔のもとなんだよなぁ。


| 19:09 | CATEGORIES:熱き日々 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------