2012-03-27 Tue
大阪ライブ、あと4日。
迫り来る熱き夜。
朝から、活き活き動くのだ。
活動、活動。

朝食は多く食べようと、納豆ごはんにしました。
納豆は、「ふわふわ納豆」というやつで、
お箸でかきまわすと、大袈裟じゃなく、
そりゃー、ふわふわなソフトクリームのよう。
お味噌汁は、お椀にお味噌とだしを入れて、
そこに伊勢SAで買ってきた干し海苔をわんさか入れて、
お湯を注いで、かきまわす。
美味しゅう海苔汁でした。

昨日眠る前に、なにかいいこと考えてたなぁ・・と浮べてたけど、
思い出せなかった。
なんだっけ、なんだっけ・・と、今も気になってる。
さっきは、「貫く」・・つらぬくということについて考えていた。

さて、外行ってきて、そして、帰ってきました。
晴れてるような光が窓から漏れてる。
ひさびさの晴れ走りだぁとトキメイて、走ってきました。
天気が良いので、いつもより長く走ろうと、いつもと違うコースを走ってきた。
上がったり下がったりの坂道が多いコースだった。
空には、まだ完成途中の絵画のように、雲が並ぶ。
下のほうの雲たちが世界に生まれてきたホヤホヤのような白さで、
上のほうの雲たちは世界のあらゆるところを歩き知り、
いささか疲れたような灰色のような姿。
まるで、天から見た人間たちの姿のようだ・・と思った。
いつもと違ったコースを走ると、本当に楽しい。
真新しい風景の数々。
交差点のコロッケ屋さん。
こんなところに!という金物屋さん。
沖縄料理居酒屋さん。
信号待ちの自転車に乗った少女の佇まい。
「只今、遊び場開放中」という看板がぶら下がった校門。
洒落たウィンドウの向こうには美味しそうなケーキたち。  
バイク屋さんの前に並んだたくさんのバイク。
ひっそりとこの世界と断ち切られた場所のように在る教会の庭。
誰も歩いていない道に延々と並ぶ、話すことを止めた人のような木々。
それらの横をただただ息を切らして走り抜ける。
時々、僕は透明な人間のような気持ちになる。
透明になって、この世界の中を走り抜ける粒子の一つのような気持ちに
なるのだ。

そして、シャワーを浴びて、また行ってきて、帰ってきました。
ライブのための買い物に出て、
その足でそのままスタジオにおじゃましてきました。
久々に逢う人達の元気な姿。
そして、クリエイティブする人の元気な顔、元気な声、元気な姿勢。
それらを感じることができて、自分も元気になった。
なんだか、
自分がやっていることや向かっていることに間違いはないんだな・・
・・ということが感じられる時間。
それが、なんか、体の奥のほうからホンワカとあったかくなってくる感じで、
本当にその時間に逢えて、良かった。
みんな、がんばってんだ。
オレもがんばらなきゃ。
帰路の冷たい風がとても気持ち良かった。
昨日と同じく、真っ黒な夜空には、一番上に星ひとつ、その下に三日月、
その下にまた星ひとつが並んでた。
あぁ、いい夜だなぁ・・と一杯飲みたかったけれど、やめた。
オレは意志が強いのだ。
・・と自分を鼓舞して。

そして、また出かけた。
遠い場所で親がお世話になっている方々一行を迎えに空港に行ってきました。
飛行機がずいぶんと遅れてて、その間、本を読んでいました。
昨日買った織田信長についての本です。

ずいぶんと今日は動きまくった感じです。
眠ります。
やっぱ、坂道を走ると、左足が痛む。
多分、フォームが悪いんだろうなぁ。



| 00:53 | CATEGORIES:スケッチ |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------