2013-07-15 Mon
今・・・を生きる。
すげー、むずかしい。
今を生きようと思う前に、
「あれしなきゃ、これしなきゃ」と、
明日のことを考えすぎたり、
その先のことを考えて・・・今を生きてしまう。
そこに、いつも、ジレンマや壁がある。
今をオレは本当に生きているか?・・ってな、そんな想い。


自分がサポートとしてステージ立たせてもらった、
清木場俊介ツアー、2013 FIGHTING MEN TOUR。
大阪城ホール。
昨日、幕が閉じました。

すげぇ、濃い、深いツアーだったなぁ。
けど、
そこに、微塵も悲観はなく、
本当に、歩み、歩む、ツアーだった。


今を生きる・・・そのオレが、
本当にそこにはあった。
明日をよぎる余裕もなく、
昨日を振り返る時間などなく、
ただただ、今を生きた。


その時々で、
その一夜一夜で、
「歌いたい歌を歌う」・・を貫いた、唄い屋、清木場俊介。
その姿を見つめた、毎日。

最高だったな。
そして、
まじ、
いっぱい、勉強になった。
感じたこと、いっぱい、あった。

経験。

大きい、大きい、経験をさせてもらいました。

感謝ばかりです。

メンバー、最高だった。
いくつも、言い合いもしたっけ・・・
でも、
まじ、最高。
皆、一つに向かって、生きた。

スタッフ、最高な人ばかりでした。
すげぇ、語ったな。
すげぇ、肩、叩き合ったなぁ。
たくさんのチカラを見せていただきました。

清木場俊介。
やっぱ、
最強で、最高な男です。
歌を届ける..そのまっすぐさ、その瞳に、
オレは何度、今回も、揺り動かされただろう。
・・そして、
また次へと羽ばたく翼を、見た、昨日。
センターステージで消えそうなくらい、眩かった最後の姿。
2013年の春から夏のこのツアーを、
オレは忘れない。

忘れない。
そう、この自分のためにも。


目覚めたら、白い空の大阪。
街をふらつき、ミーティングをして、この時間。

けど、
胸の奥には、
ひとつ、ずっと、
「始まり」の文字。

そう、また、新しい始まり。

負けらんねぇ。
ハンパはねぇ。
ここから、ここから、またいちから。

明日から、自身の歌うたい旅に向かって・・
今を、生きよう。


| 01:19 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------