2015-09-03 Thu
途切れ途切れの夢を見る。
「おぉ、それでそれで、この結末はどうなるんか?・」・というところで目が覚めた。
起きたら、夢に自分自身の思考が支配されすぎてて、そしてその夢が現実すぎて、疲れた。
夢で朝から疲れててどうすんや?と朝からベッドの上でぼーっとした自分を笑う。


感情の起伏が激しい。
いろんな感情が突然舞い込んでくる。
そのおかげなのか何なのか、今朝も突然曲の破片が浮かんで、ピアノの前に。
けれど、途切れた線路のように、その先への道筋への感情がぷつんと突然に消えて、創作がストップ。
まぁ、こんなもんです。

あたたかい感情の時にふわっと浮かぶものもあれば、
やや情緒不安定だからこそ、
心に散らばったり、心にぼこっと穴を空けて落ちていく言葉の石ころたちが在る。

しいていえば、こういう時は、
独りの世界でいたい。
感情の起伏をたずね、言葉の石ころたちをひとつひとつ掬いたいところだけど、
まぁ、
この色んなものとつながってしまう現代社会ではそう言ってられないもので(笑)。

まぁ、何か絶えず、イライラしながら、
進んでいくわけです(笑)。



作業をして、一段落したお昼前、パスタを茹でて、
それにトマトソースをあえて食べた。
美味しかった。
食べながら、ずいぶん前に録画していたドキュメントを観た。
アメリカのジャズミュージシャンの方が震災直後の岩手の大船渡町へと訪れて、
その現状を目の当たりにして、音楽で何かできないかと町の人たちと音楽会を開いたり、
曲を奏でたりする過程を追ったドキュメント。
自然と涙がつつっと流れ落ちた。
パスタ美味しいな・・とか、泣けてくるな・・とか、曲書きたいな・とか、
いろいろな感情が忙しい。


さて、午後もがんばるかとテレビを消そうとして、キョンキョンと画面でご対面。
最近始まったのか?このCM?この小泉今日子、可愛すぎる。
なんか、修正してるのか?してないのか?
いや絶対してる!可愛すぎる!
いやしてない!きょんきょんだもの。
・・なんてことを思いながら、午後もはりきってみた。

感情もそうだけれど、
行動も忙しい一日だった。


明後日の弾き語りツアー『ピアノモンキー』第2章の三重の松阪に向かっての積み込みも、
今日やっておいた。
車からハードケース入りのピアノ3台をひとり降ろしたり、積んだり。
段ボールを開けたり積んだり。
ご近所の人は、「あいつ怪しー」と絶対に思ってるはず(笑)



ここ最近、大改造してる「かたづけ」についてもまだまだ現在進行形。
この「かたづけ」がメチャメチャ大変で。

自分の見解だけど、
「かたづけ」って、なんか、希望と切なさが入り交じる感じ。
部屋をかたづけ。
倉庫をかたづけ。
ノートをかたづけ。
本箱をかたづけ。
手紙をかたづけ。
写真をかたづけ。
靴をかたづけ。
想い出をかたづけ。
誓いをかたづけ。
あの時は本当に大切だったと思うようなことをかたづけ。
このまま持っていたいけれど、捨てなくちゃ・・ってことをかたづけ。
出逢いとサヨナラが、なんか、入り混じる感情の行為。


夕方からは、天気が崩れて、
小雨がぽつぽつ。
今朝洗濯して干していたものを取り込む。
道行く人たちが慌ただしく傘をさす姿をベランダから眺める。
そして、
かたづけしたものたちのゴミ出しに出ると、あの、雨の降り始めの何とも言えない匂いがした。
「はいはい、さっきまでキミがいた世界とは、またページが変わりますよ」
っていう、あの匂い。

汗とホコリで汚れた体がいい加減うざったくて、
シャワーを浴びて、そのまま、夜メシでもゲットするかと、
一本骨が折れているビニール傘をさして、スーパーへ買物へ。

駅への道、
通りすがりの小学生の女の子が、ひとり、ブルーハーツを歌って歩いていた。
「え?絶対、今の、ブルーハーツだろ?」とマジで振り返ってしまった。
確かに、
“ブルースは加速していく♪♪〜〜
見えない自由が欲しくて〜♪♪〜〜”

・・とその女の子は歌っていた。
トレイントレインだろ?絶対!!
気持ちがグッとあがった瞬間。

そんなこんな、
スーパーでゲットしたマグロとおくらを食べて、
やり残していたことをやって、今日は終わり。

ねよ。

今日は、

夢はいいや。
寝てた記憶なし・・ぐらいで、
寝たい。

ストロングでもいっとくか。



| 23:32 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------