2016-11-26 Sat

旅から帰ってきたよ。

旅の最後のホテルの朝、
カーテンを開けると、空はどこまでも晴れていた。
旅が終わるんだなぁなんて思いながら、
「一生を懸命に生きよう」・・そう、
歌っていた、ツアーのライブのたくさんの場面が、
すっと頭によぎった。


2016年、弾き語りデラックスツアー、ファイナル博多。

歌ったな。
大きな画用紙からはみ出す絵のように、歌った。
声よりも、心がはみ出した、そんな歌を歌った。

そして、
みんなと一緒に生きたな。
みんながそこにいて、
だから、もっともっとと歌って、
そしたら、
みんなもいっぱい手拍子や歌声をくれて・・

そしたら、
いっぱい思いを込めて歌った自分がいて、
その歌を心で受け止めてくれたみんながたくさんいて、

たくさんの拍手や、
たくさんの通い合いをもらって、

語るようにだったり、
届けようとだったり、
「きみも、そうか?」と歌ったり、
「こんな気持ち、わかるかな?」と歌ったり、

涙が出たり、
笑顔が込み上げたり、
鍵盤を叩く腕に血管浮き出るように精一杯奏でたり、
鼻水が出たり、
声がつまったり、
言葉をつまらせたり、
言葉が急いだり、
「きみの前だから、正直に話すよ」だったり、

そんなふうに歌っていたら、
いつの間にか、最後の歌になった。

ふっと、幸せ・・が、やってきて、
みんなの姿が滲んだ。

そして、

また逢える日まで、元気でな・・

と、最後に歌った。


ありがとうございました。
この大好きな愛おしき博多も、
たくさんのみんなが来てくれたね。

ありがとう。

ツアー終幕。


たくさんの人に出逢い・・

待ってくれていた人、
何度も今まで足を運んでくれた人、
ひさしぶりに会いにきてくれた人、
このツアーという旅の中で初めて逢いにきてくれた人、
染谷俊の歌を胸に溢れさせてくれた人、

本当にありがとう。

溢れる想いや言葉は、止まらないけどさ、
また、逢えるから、
また逢えるように、毎日やってくからさ、

また逢おうぜよ。
それまで、元気に、元気に、
同じ空の下で、
歌で結ばれながら、
歌で感じ合いながら、
色んな場所で、「元気でやってるかなぁ」なんて想い合いながら、

また逢えたら、嬉しい、な。

2016年は、
『弾き語りデラックス』ってアルバムを作った。
思いをこめて。
そのアルバムを届けたいとたくさんの街を走り回った。

忘れないよ。

そして、
次の力にするよ。

ありがとう。
本当に、ありがとう。


今はさ、
夜中なんだけど、
今日やるべきことを終えて、
CDラジカセが歌ってる。

“準備は万端。ガソリンも満タン。気分はだんだん、上がってきて緊張感と不安感。
この日がやってきた。旅が始まるぜ。今日が新しいスタートラインだ。””


また、きみに逢える日へのスタートさ・・って思い強くして、

今日から、また、音楽の旅へ。

この道の先へ・・

この道の先へ。


あ!!
クリスマスライブ・・もありょー!
で、
年末、年忘れライブ、ランナイトも!!

最近、目にするーけど、
ぴこたろーさん、
ヒョウ柄、着すぎやろー。

あれ、アーティストイメージ的には、
オレ、が、元祖・・だと思う
( ^ ^ )!




| 00:54 | CATEGORIES:ステージへの道 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------