2018-04-01 Sun

デビュー25周年に向けてのツアー。
昨日は、宇部。
集まってくれたみんな、本当にありがとう。
25年を振り返ってのライブで、想い、重い、そんな歌たちのライブだったけど、
最後まで、心向けてくれてありがとう。ほんと、幸せもののシンガーソングライターです!!

昨日もライブで話したけど、デビューの頃、この宇部で歌うこと・・想像さえしてなかった。
音楽の世界という大海原、小舟のようにさすらい、歌い、流れ、いろんな街で歌い、鍵盤を奏で、出逢い、この宇部の街に出逢えた。
この街との出逢いのきっかけは、サポートとしてステージに立たせてもらった、”清木場俊介”だった。
サポートを始めた頃、キヨキが自分を宇部に招いてくれた。
その時、ライブハウスの店長さんや、街の仲間たちと出逢わせてくれた。
そして、またひとつ、自分の歌う大切な場所を見つけた。
振り返れば、込み上げる想いが今もある。
25年歌い続けてきて、いろんな出逢いがある中で、宇部との出逢いは本当に本当に大切な出逢いのひとつであり、
大切な足跡がここにある。
そこで、昨日も歌えたこと、みんなと生きれたこと、本当に嬉しかったです。

昨日は、清木場俊介もライブに来てくれた。
そして、歌について語り、今までの歩み、これからの歩みにについても熱く語った。
最高の夜だった。
そして、
自分の25年目の始まりの門出となる、5月5日の渋谷クワトロのステージに駆けつけてくれる約束をしてくれた。

清木場俊介のサポートとしてステージに立たせてもらってから、この年で10年目になる。
25年の中の、10年。
とても深い10年だった。
たくさんの経験をし、たくさんを学び、たくさんの笑顔をもらい、かえがえなき涙も流した。
その10年をくれた清木場俊介が、自分の門出のために歌いにきてくれる。
本当に言葉にならない感謝が溢れます。
自分の歌人生、
それを続けていくうちに出逢えた、音楽で生きていくということへの学びのために必死にやってきた経験と学び、
それを、5/5は、全力、出しきれたらと思います。

染谷俊として歌う。
染谷俊として奏でる。
染谷俊として生きる。

本当に、オレは幸せものです。

みんなからの愛や支えに恥じない自分で、
これからも生きていこうと、
本当に思う、
この染谷俊25年目の旅です。


| 11:36 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018/12 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------