2018-07-14 Sat
いくつもの山間の道を通り抜け、
いくつものトンネルをくぐり、
いくつもの流れる雲を振り切って、
街から街へ。
移動車の中、最初の1時間ぐらいは本を読んだ。
その後の時間はヘッドフォンをして曲の破片を聴きながら、
思いついた言葉をノートに書き落とした。
正午過ぎのサービスエリアは、うだるような暑さ。
日陰になっている軒先のアスファルトにお尻をつけて座って、ぼんやりと風景を眺めた。
「夏が来たな」と、言葉にして呟いてみる。


ホテルに着いて、とりあえず着替えて、走りにでかけた。
この街も、この前の街同様に、とてつもない暑さに覆われている。
吸い込む空気が、ぬるま湯のような温度に感じる。
まずは市街地を走って、途中見つけたフェリー乗り場へと導く案内看板をあてに、
海のほうへと走った。
海が近くなってくると、道路を吹き抜けていく風がとても気持ちいい。
公園前の階段を駆け上がると、広場の向こうに海が見えた。
スピードを上げて、堤防まで走っていく。
海だ。
気持ちがあがって、そのまま、赤い灯台のほうまで走っていく。
目の前に、太陽の光に照らされて銀色に輝く海が広がって、
小さなヨットの群れが空を飛ぶカモメたちのようにゆらゆらと揺れていた。
その向こう、いくつもの大きな島が、自分に何か語りかけるかのように佇んでいた。

なんて綺麗な光景だろう・・と、胸がいっぱいになった。
そして、
日常との誓約をちぎり捨てて、遠く遠くへと逃亡してきたような気持ちにもなった。

“そうさ。
世界は広いやっさ。
まだまだ出逢えてない風景など、山ほどあるやっさ。
そして、
1日は、8万6千400秒もあるんだぜ。
やれることが、まだまだ、山ほどあり、
自分の可能性も、まだまだ、山ほどあるんじゃないか。
ちっぽけに生きてるんじゃないぞ。”

些細なことでネガティブに揺らぐ自分自身の感情が、
このまま汗と一緒に流れてしまえばいいと思った。


ジョギングからホテルに帰って、シャワーを浴びて、
びしょびしょになったジョギングウエアをコインランドリーの洗濯機に放り込む。
洗濯が終わるまでの間・・・と、
商店街のほうへとブラブラ歩いて、ベンチに座ってビールを飲んだ。
暑さに苦しそうな顔で、人々が目の前を通り過ぎてゆく。

「夏が来ましたねぇ・・」と、呟いてみた。




| 12:03 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018/12 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------