2017-12-15 Fri

昨夜は久しぶりに街に出た。

もち、ずっと部屋に閉じこもって生活してるわけじゃない。
親宛の荷物を送りに外へ出て郵便局にも行くし、チキンを買いにスーパーにも行く。
けど、大抵は、朝起きて、ピアノの前に座って、暗譜確認をして、カバンに荷物を詰めて、
シャワーして(ま、これはしない時もあって、そんな時は洗面台で頭だけ洗って)、
スタジオに行く・・・みたいな生活が、ここ最近続いていた。


毎日は、
大げさじゃなく、
今向き合う音楽以外、何もない。
逆に、それ以外の情報やら何やらが舞い込んでくるだけで、イライラしちゃったりもする。。。
夢の中にも、リハ風景や自分が奏でたいステージが映ることもしばしば。
音楽アホやな・・と言われればそれもそうだけど、そんなアホでかまわない。
一途にそこに向かうとは、そういうことじゃないだろうか・・なんて、生意気にも思う。
「狂う」みたいもの。
狂うぐらいな気持ちを持って、向かいたい。
「愛するあの人のことしか考えられない」と恋に狂う恋愛時代のように、
何かに不乱になれたら、それはそれで、自分の行動に納得がいく。


で、
そんなこんなの中、昨夜は久々、打ち合わせ。外出。渋谷へ。
地下道から出たら、びっくりするぐらい寒かった。
わあ、耳当て欲しい・・・と呟くほど、凍てつく街。
あたたかなジャケットを着てても、顔が、耳が、痛いぐらいに感じ。
そんな冷たい空気の中を歩く。
ふと、外の世界から遠ざかっていた自分を大きく実感。
ずっと車のヒーター、スタジオの適正温度に守られた生活だったもんな・・なんて。
瞬く光に人々がざわめくネオン街。
交差点で立ち止まれば、たくさんの人たちが和気あいあいと会話をしてる。
自分だけが街に馴染んでないような気になって、首をすくめて歩いた。

カメラマンとデザイナーさんと向き合いながらの打ち合わせは楽しかった。
「こんなふうに人と話すの久しぶりだなぁ」なんて、
心が時々、今目の前で起きてる出来事からどこかに離れる。
決まったことを書き留めながら、これまた、ふっと心が離れて、詩が浮かぶ。
ついでに、詩も書き留めた。
お蕎麦がとてもおいしかった。


今日は、ピアノの練習。
ま、今日・・も・・・か。
アマゾンで注文してたものが午前中に来ることになってたので、
それをワクワク待ちながら、ゆっくりと鍵盤を奏でた。

ひとつ先の自分になりたい。
もうひとつ先・・
もうひとつ上・・
もうひとつ、大きな・・

それは、スキルやマインドや行動力や、
その全てにおいて、
もうひとつ向こう側の自分。

今年よりもプラス1の新年がもう少しでやってくるからだろうか。

そんな、
もうひとつ先の自分になるためにやりたいことが、
最近は、妙に心の中でざわめいている。




| 14:37 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------