2018-10-09 Tue


なんかー、また、朝早く目が覚めた。
心に感じ入った風景が、映像として夢に出てくる睡眠が続く。
眩しすぎるほどの輝きは、時に、
日陰で膝を抱えた者たちの姿を残酷に白日にさらすなぁ・と思う。

シーツに頬をくっつけて、まだ眠ろう、もう少し眠っていよう・・と目を閉じながら、
今日やろうと思う事を考えた。
考えてたら、やりたいと思う事が次から次へと脳みそを巡る朝で、
あぁ、もう起きちゃおうと、結局起きた。
ずいぶんと喉がタンに絡んでたし、まぁ、ちょうど良かった。

朝ごはんの準備をしてる時につけたテレビでは、
乾麺も含めての美味しいお蕎麦の茹で方&作り方をやっていた。
わりと・・、知ってる情報ばっかだったけど、
お蕎麦は大好きだから、こういう番組は好き。


用事を済ませに、午前中は車を飛ばして街へ。
朝から今日のスケジュールを丹念に計画立ててたけど、
移動の途中で仲間から呼び出しがあった。
急な相談。
うん。こういう日もあるね。
ま、いっかと、今日の予定を覆して、仲間のもとへ。

いつからか・・何歳になった頃からか、
寄り道なんか、ほぼ、しなくなった。
あたりまえか・・・
待ち人やお仕事を待たせたらいけないもんね。
何も考えずに、
寄り道や、ばっくれや、さぼりなんかをやってたオレは、いつの頃だろう・・
なんて、
秋晴れの空の下で、想った。
校舎裏の金網を乗り越えてダチらと食べたラーメン。
授業をさぼって行った原宿。
ひとり、学校に行かずに歌詞を書いてたデパートの屋上。
土手に自転車を倒したまま、川辺でずっとずっと水面を眺めてた昼下がりの午後。
それらなんかは、学生の頃か。
なんかな、
懐かしいわ。
20歳を過ぎても、染谷俊としてデビューした後も、
そんなことをしてたっけ・・。
そうすることで、自分が何を感じたかったのか・・どうしたかったのか・・
なんてことを、
今日は、少し、考えてみた。
オレは、オレでいたかったんだろーな。。
未熟ながらに、自分にとっての自由な世界を思い描きながら、
自分の背中に在るはずの羽をゴソゴソと小さな心で探してたような気がする。
わがままに、
背伸びして、
無意味にもがきながら、
ふつふつと迷いながら。


さてさて、
仲間と午後に合流して、お肉を食べた。
美味しかったわーー。
ただ、何もかもにチーズがかかってて、
「チーズをかけるかかけないか、少し、オレにも選ばせろや」とお店に向かってなったけど、
フォークで、ちまちまとチーズをはがしながら食べた。(粉チーズが苦手なんです。)
仲間とは、いっぱい話せて、良かった。
彼が話すことは、時々、自分の今の気持ちと重なって、
彼の相談に答えてる自分の言葉に、
自分自身が気づかされることがいっぱいあった。

帰り道は、きっと、まだ日が暮れてなかったんだろうな。
気づけば、気を失ったかのように、部屋で眠っていた。
そんな一日。

明日は計画通り、やってみよ。


| 23:31 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018/12 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------