2018-10-22 Mon

焼きおにぎりをかじりながら、車窓の向こうの景色を眺めてる。

遠くに幻影のように見えてる山々、白い鳥のお腹のような雲がはりついた空、
出番を待ってレールの上で眠ってる茶色い貨物列車、なんか昔遊んだことがあるような小川。
そんな風景たちも好きだけど、
時折見える、人々の姿も好きだったりする。
小さな自転車に乗っている小さな女の子。
その前をゆっくりと歩いてるお父さんらしき人。
工事現場の前で交通整理をしてるヘルメットをかぶったおじさん。
駐車場前の縁石あたりを陣取ってだべってるおばさんたち。
いろんな町に、いろんな人たちが生きていて、
様々な心模様でそれぞれに暮らしてるんだろなぁ・・なんてことをぼんやり眺める時間が、
好きだ。


旅から旅へ。
サポートメンバーとして参加させてもらってきた2018年の清木場俊介ライブハウスツアーも、
もうすぐゴールの日がやってくる。
全36公演。明日が35公演目です。
あっと言う間だったなぁと、ふと心が呟いた後に、
いやいや、そんなことはないよ・・と違った場所からまた心が呟く。
街から街へと旅してきた一日一日、ステージに向かうまでの一時一時、
ステージに立った一夜一夜の破片がパラパラと蘇って、
確かに・・、確かに「あっと言う間」という一言で語れるような日々ではなかった・・
と、自分で心に呟き返した。

ステージで歌うということは、なにかしらの覚悟とともに生きているということだと、
僕は思います。
それを、36公演。
36公演と言えど、いくつもの日々をまたいで、何ヶ月もの間、
ステージというヒトの目にさらされる場所以外でも、ヒトの目が届かない場所でも、
覚悟を抱いて暮らす日々が続いていくということ。
来る日も、来る日も、途切れることない継続。
36公演のツアーに挑み、そこで歌い続けること。
それは、本当に、すごいことだと思う。

なんだか、思い起こされることと流れる景色が重なって、
思考の点が線になって、
線が絡み合って絵に変わっていくように、
なにやら、グルグルといろいろと考えて、
「覚悟」か・・・と、トンネルを抜ける時に窓に映った自分をじっと見つめてしまった。



さて、博多からの列車はもうすぐ長崎に着きます。
それにしても、今日の列車は揺れる。・・ルルル。
「棚に置いたかばんをしっかりと固定してくだい」と流れてた車内アナウンスの意味を今になって噛み締めてます。
あまりに揺れるもんだから、胃腸の中まで揺れて、
なにやらさっきからウンチがしたくなっている気がしてしょうがない。
眠ってる隣の席の人をまたいでトイレに向かうのも申し訳なくて、
ぐずぐずと我慢しています。

いくつかのトンネルを抜けて、
時折海が垣間みれて、
いよいよ見えてきたのは、青空。

快晴。
路面電車を横目に、
皿うどんあたり、食べに行きたいな。


CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018/11 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------