2019-04-22 Mon


ギターをしょって、ピアノを引きずって、
ノートの入ったカバンをぶら下げて、
歌いながら、テクテクと道を歩いて。


曲がりくねった道、
行き止まりの道、
引き返したり遠回りした道、
川を見つけ、
橋を渡り、
新しい空を眺め、
向かい風に手を広げ、
テクテクとテクテクと。


歌のかけらを拾いながら、口ずさむ歌の続きを探しながら。
時には石ころにつまずいて、転んで。
時には疲れて、ずいぶんと眠ってしまって。


思い出にせつなくなったり、未来に不安がったり、
悔しさに泣いたり、楽しさに笑ったり、
テクテクと道を歩いて。


道すがら、たくさんの人に出逢って。
ボクの歌を愛してくれる人にも出逢って。
ボクの歌を一緒に歌ってくれる人にも出逢って。
ボクの歌で踊ってくれる人にも出逢ったりして。
ボクの歌を世界中にばらまいてくれるために、
働いてくれる人たちにも出逢って。

そして、また先へと行くために、
手を振って、別れて。


旅の途中で聴いた歌で、ボクもまた感動して。
引きずっていたピアノで、
その歌を歌う人のそばでピアノを弾いたりもして。
拍手をもらって、風景をもらって、宝物をたくさんもらって。

そして、また、サヨナラと手を振って、
ボクの歌の続きを探しに、旅立って。



ふと顔を上げたら、
目の前に続く道には、また小さな橋があって、
その橋には26番目と書かれていた。

ボクはまた、当たり前のように、その橋を渡る。
この道がボクの道で、
この道の先でボクを呼んでいる、
未来のボクがいることを知っているから。


ふっと道を振り返れば、
25年もの間、
いろんな顔をして、
いろんな歌を歌いながら、
テクテクと歩いてきた自分の姿が、確かに浮かぶ。
出逢ってくれた、
たくさんのたくさんの人たちの姿も。


「よぉーー。行ってくるやっさ。」と、
後ろのボクらに手を振って橋を渡ったボクは、
また、ここから歩き始めるんだ。


新しい空を眺め、
向かい風に手を広げ、
テクテクとテクテクと。




| 09:17 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019/07 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------