2019-09-18 Wed



書くということは、記録することだけじゃないんだな・・と、
なんか、感じた。

書くということは、「見つめ直す」ことなのかもな、と思った。
自分のまわりの現在の動向や、
そこから発生してることや、
自分自身の心模様や、
そういう事柄を、見つめ直す時間かもしれない。


朝は、事務的なことをやった。
いろんなことを並行して進めていかなくちゃならない今日この頃、
ひとつだけを丹念にやってるうちに、
他の事柄が全く進展していかないことに気づく。
だから、
いろんなことの、それぞれ、ひとつずつ、一歩ずつ、
毎日、コツコツと進めていこうと決めた。
何かしら、ひとつ、一歩。


11時になって、走りにいこうと着替えて外へ出たら、雨が降ってきた。
まぁ、しゃあないなと、走り始めた。
道ゆく人たちが、不思議そうな顔で、自分を見つめる。
「なんで、濡れながら走っているんだろう」・・ってな顔をして。
その顔に、素知らぬ顔で、自分はただただ、走る。
草木の濡れ始めの、あの独特な匂いが舗道に立ち込める。
嫌いじゃない。空気が、ゆっくりと色を染めていく、この感じ。

走っていると、いろんな思考が脳裏を巡る。
週末のライブの曲目のこと。
最近できてない事柄のこと。
最近は、沈まないように水面のあたりでもがいてるような感じかな、とか、
そういえば、一年前の自分も、なんかもがいていたなぁ、とか。

泳いでいるから、もがいている。
泳ぐことをやめて、安定の地に腰を落ち着かせたら、
もう、もがかないのかもしれない。
どうにかこうにか、まだ進もうとして、泳いで、
あっぷあっぷしながら、
どうにかこうにか、なんとかしようと、もがくんだ・・と。


雨足は、どんどん強くなって、
行き、降り始めた雨が染み込んで黒くなり始めていた学校の横の道、
帰りには、水たまりができていた。

雨の中を走るのも、悪くない。
自分に絡みつく色んな迷いや、有刺鉄線のようにまとわりつく邪念を、
一掃、洗い流してくれるような感じが、今日は、した。


帰ってきて浴びた熱いシャワーは、とても気持ちが良かった。
シャワーで濡れた髪も乾かさずに、
バッグに荷物を入れて、リハーサルスタジオへ。

ザワザワとしたビートが、心の中で、ワイワイと淀みなく騒いでいた、
そんな午後の始まり。



| 22:51 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------