2019-10-16 Wed

甲府ライブからの夜、スタッフを現地に置いて、ツアーから帰ってきた。
通常使う高速道路は土砂災害で通行止め。
街灯のない山間の道、迂回を繰り返して走った。
迂回から新たに乗った高速道路の路肩には、
たくさんの大型トラックがハザードを点けて停車していた。
普通では見かけたことのない風景。
休憩で立ち寄ったサービスエリアの入り口や出口の路肩にも、
トラックがたくさん停まっていた。

高速道路の照明灯が流星のように流れる夜道を走りながら、
旅を思い返し、自分の心にいろんなことを問うていた。
「自分の選択。それは、正しかったのか。間違っていたのか。」
いつもの歌旅よりも、そんなことを考えていた。
よぎったのは、ライブに来てくれた人たちの姿や、顔。
涙を流して精一杯の想いを伝えてくれた人の言葉が、
そっとこの胸に毛布をかけてくれるかのような感じがした。


目覚めて、旅の片付けをして、
そして、また旅の準備。
桃屋の海苔の佃煮と、生卵と、ご飯と、インスタントのお味噌汁の朝ごはん。
旅に出てたから、こんなご飯も久しぶり。
とっても美味しかった。

迷彩のビニールの軍手をして、荷物を黙々と運びながら、
ぼんやりと・・というよりも、
ループして押し寄せる波のように考えていた。
「悩む」って言っても、いろいろな悩み方があるな、と。
前へ進むために、前に進みながら迷う・・悩み方。
止まりながら迷う・・悩み方。
引き返しながら迷う・・悩み方。
自分は、あの日、どうだったかな。。
・・・なんてことを荷物を降ろしながら考えた。

自分のやり方が、万人に理解されるとは思わない。
だからこそ・・かな、
自分で決めたやり方があるなら、それに責任や覚悟があるなら、
そのやり方で生きていくしかない。
覚悟は、心の中で、自分だけがわかっていればいいと思う。
・・そう、
泥だらけの車を雑巾で拭きながら思った。


旅中、
松本ライブの朝のホテルで、歌を書いた。
寝不足だったせいか、
歌を書き終えた後、鏡を見ると、目が充血していた。
そして、
甲府の楽屋でも、歌を書いた。
ソファーしかなかった楽屋だったから、
床にあぐらをかいて、ソファーに歌詞ノートを広げて、言葉を書いた。
開演時間ぎりぎりまで、書き、
そして、それをライブの最後に歌った。


毎日の中で、
やろうとしていても、できないことがいっぱい。
それでも、
自分にできること、ひとつでも、
なにかを残して、刻んでいけたらなと、強く、思う。

現在をひとつひとつ、決めたことをひとつひとつ成し遂げながら生きること、
それだけで、いっぱいいっぱいだけれど、
それでも、それでも、
胸から零れ落ちそうな願いがあるなら、
それをも叶えながら、生きていかなければと思う。


今日は、バンドメンバーとリハーサルだった。
久しぶりに、音楽の仲間と話した気がして、とても楽しかった。
リハーサル終わりで飲みに行ったりする時間もなかったけれど、
スタジオ練習の間だけでも、ワイワイと、
それが、本当に楽しかった。
書いたばかりの歌たちも、メンバーにお願いして、やってみた。
譜面もなく、なぐり書きの歌詞だけを渡して、やってもらった。
ありがたかった。
来週の2マンライブのステージで、思いきり歌いたいと思う。

まだまだやり残したことがあるけれど、
今日はこのへんでふたをして・・と、
シラスと、キムチと、
ブロッコリーと鶏胸肉を炒めたものを食べた。

また、明日、
がんばろう。



| 22:36 | CATEGORIES:ステージへの道 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019/11 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------