2017-06-22 Thu

昨日は、大雨と暴風。
折れそうな傘を必死につかみながら、朝っぱらから美容室へ。
「ばっさりいっちゃっていいよ」と鏡の中の仲間の美容師くんと目を合わせながら呟く。
ざくっざくっと切られていく髪を見ながら、スッキリしていく気持ちが心に漂っていくのがわかる。

いつのまにか、窓の向こうは正午過ぎの街。
雨はやまず。風もやまず。
アスファルトからふくらはぎあたりまで跳ね上がる水しぶきの中、
そのまま打ち合わせへ。

打ち合わせ前に仲間の誕生日プレゼントを物色。
BEAMS、ディーゼル、ヒステリックグラマー・・
久しぶりに来た店は、商品棚の配列なんかも変わってて、
「あぁ、この街来たの久しぶりなんだな」なんて思いに耽ったり。

打ち合わせして、その後、呑みへ。
語りが熱くなってね、
たぶんね、呑みすぎた。
改札を抜けたところで手を振ったのは覚えてるけど、
どうやって眠ったのか、覚えてない。
傘もどこかに置いてきたっぽいよ。


一夜明けて、今朝はスッキリ起きた。
午前中からの用事があったから、朝練はできず、
用事が済んで帰ったら、まずはそれ。

そんなこんな、今は用事中。
昨日と打って変わって、天気がいいな。
どっかの学校の門を這い上って、校庭の真ん中あたりに尻つけて座って、
昼から缶チューハイでも呑みたい気分。

いや、ダメダメ。
やることいっぱいだぞ。

ぱらぱらと風にめくられる本のページのような、
そんな心模様と、自分の行動。




| 11:04 | CATEGORIES:自画像 |
2017-06-20 Tue


ひとつひとつ、積み重ねていこうという気持ちに満ちて目覚めた朝。

まずは早朝の部屋でピアノを弾く。朝練ってやつ。

指先に入れる強さや柔らかさを確かめるように弾いてみる。
その感覚は、もうきちんと自分の中に確かに在るのだけど、
もう一度それを確かめるように同じ曲を何度も弾いてみる。
感覚は、慣れてしまうと・・そう、慣れになっていく。
カラダと感覚が、もうひとつになっている感じ。
それは、とても良いことだけど、
時に、それが「なんか良くないな。つまらないな。違うな。」と感じてしまうこともある。
慣れから脱却できないジレンマ。
だから、こうして、時に初心者に戻って、自分の指先の感覚にたずねたり、問いかけたりして
鍵盤を弾いてみる。
神経を全部、鍵盤に向かわせて。
「なるほど。そうか。なるほどなー。」
朝から心に降る雪の結晶のような感覚の粒が、じんわりじんわりと感情と五臓の中の三つあたりに染み入ってく。


シャワーの前に、ササミのオリーブ漬けを作ってみた。
1日ぐらい寝かせたほうが美味しいみたい。
オリーブ漬けをしたら、新しいオリーブ油が欲しくなって、
午前中の外出ついでに買って帰ってきた。
オリーブ油の種類って、あんなにあるんだと知らなかった。
ガーリック風味だったり、バジル風味だったり、ペペロンチーノって名前のものがあったり。
ワクワクしたぜ。
結局、普通のやつと、ペペロンチーノってやつを買って帰ってきた。
これからササミの漬けを作る時には、どちらも試してみようと思う。


今日は走る日。
夕方前だったから太陽光線を油断してたけど、めちゃ熱かった。
また日焼けしたかも。
今日のヘッドフォンからは、jog-3のプレイリスト。
走ってる時に聴くベットミドラーの”ローズ”は、やっぱ毎回ジーンとする。
YOU-TUBEの映像付きのやつも泣けてくるけど、風の中で聴く”ローズ”もやっぱ感動する。

息を切らし、モモ裏に力を入れながら走る坂道。
道沿いに佇む街路樹の足下には、自由解放に伸びる雑草が揺れている。

太陽がギラギラと照る日には、その刺すような熱さを真っ向から受け止めて、
風が吹き荒れる日には、その風に折れてしまわないように必死に耐えて、
土砂降りの雨が降る日には、ただ黙々とそこでじっと濡れ続けて、
打たれても打たれても、のびのびとたくましく、あるがままの自分で生きている雑草のやつら。
その姿と、生きる様を考えてたら、
ふっと、何かが胸に落ちたよ。


さてさて、
今日2度目のシャワーを浴びて、夜はこれから。
やっぱ、ササミ漬け、明日まで寝かせるの待てないし、
ちょっとつまんじゃおかな。



| 18:31 | CATEGORIES:ステージへの道 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017/06 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------