2017-07-15 Sat
くそが。
だれかに、
自分の幸せの意味なんか聞いたこと、ないわ。
自分で決めるもんだろが。

ぎゃくに、
「あんた、幸せだよねー」なんて決めつけ言われたあの時の違和感と、苛立ち。
勝手に、人が幸せか、幸せじゃないか、決めんじゃねーよ…とこみ上げた、あの何度もの気持ち。
忘れてない。

とりあえず、
ラーメン食べて寝よう。
テレビからは、ほら、また、クソが、
人の幸せ感決めて歌ってる。

「キャーキャー言われてる、あのメドレーに何のチカラがあるのかな。」

…なんて言い過ぎ虫は、
街を飛び徘徊しながら、
哀しみや悲しみにしゃがみこんだりフテったりしてる奴らとすれ違いながら、メンチでもきろう。

「おまえもか?」なんて胸ぐらつかみながら、歌でも歌うまで。

あぁ。
不良、サイコー。

どっちが本当の悪かわからない奴らが仕切る海の中で、
自由に泳いで、いくつもの島に、シルシをつけりゃいい。


…なんてこと、ラーメンすすりながら。
| 20:24 | CATEGORIES:自画像 |
2017-07-10 Mon

夕方のジョギング。
傾く夕陽の金色がかった光が木の葉に差して、キラキラと泳いでる。
スティービワンダーの『STAY GOLD』を思い出した。
この歌が流れてた映画『アウトサイダー』。何回も観たな。
映画に出てくるドロップアウトした青年たちがみんなグリースまみれのオールバック崩れの髪型で・・
めちゃイカしてた。
マットディロンはスペシャルに格好良かった。
最後は確か、とてもせつないエンディングだったような気がする。

夕陽の中を走ると、足下のアスファルトや壁に映る自分の影を追いかけて走る形になる。
自分の前を行く影は、「おい、もうちょっといけるだろ」的に、淡々と自分に語りかけてくる。
一緒に仲間と走っている感じ。悪くない。
こんな日はいつもよりもペースが早く、息もほどよく切れて、走った後のやった感が大きくあったりする。


機材の積み込みをしながら、ふと思い出して、倉庫の本棚の前で数時間。
そう、
先日、シンガーソングライターと語ってて、感銘を受けた本の話しになった。
ずいぶん昔に読んだ本だったけど、ぱっと浮かんだのはトールマン・カポーティーの『遠い声、遠い部屋』。
主人公の少年にしか感じられない風景が、時に美しく、時に残酷で、時に儚く、時に暴力的で、
その独特の言葉の比喩や流れが好きだった。
「今度、貸すー。」なんて言ってたのを思い出して、昔読んだ本がいっぱいの本棚の部分をあさった今日。
ずいぶんと探してみたけどその本は見つからなかった。どこかで誰かにあげたんだろうと思う。
替わりに、昔書いていていた日記が出てきた。
パラパラパラとめくりながら、斜め読み。

“今日はよくやった”
“今日は何もできていない”
“まだまだやれることがあるはず”
“やれてない自分が情けない。そんなんでいいのか”
綴られている言葉は、日替わりで上に下に揺れ動いて、ふっとその頃の自分を思い出す。
本質は全く変わってないなぁ・・と、ちょっと笑う。
あの頃自分の胸の中に刺さった物差しが、今もずっと変わらず、この胸のど真ん中に居座ってるってことか。
そして、
今日もまた、反省をしてみたりする。
“今日の自分は・・・”なんて。

明日は、久しぶりのレコーディング。

CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017/07 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------