2018-01-18 Thu

家路を急ぐ人たちとは逆に坂道をのぼり、スーパーへ。
今夜はそんなに寒くないな。
それでも、吐く息は白い。
夜道を照らすのは水銀灯と、マンションの部屋の明かりや屋台の焼き鳥屋さんの電球たち。
なぜか、そんなほのかな明かりを見ていると、寂しいようなせつないような、そんな気持ちが込み上げる。
“マッチ売りの少女”に出てくる少女の気持ちもこんなんだったのかなぁと、
ジャンバーの奥に込み上げる胸の気持ちに浸りながら思ったりする。

携帯電話片手に話しながら自転車を走らせてゆく制服の女の子。
シートをかぶって黙り込んでるバイク。
犬に引きずられて散歩するおばさん。
それぞれの人たちの帰りに、それぞれの生活があるんだなぁなんてことを、またジャンバーの奥で思う。
コンビニの入口の上には、恵方巻きと書かれた暖簾が貼られている。
2月ももうすぐそこまで来てるんか・・。
まだ2018年明けたばかりなのに。
ふらっとコンビニに立ち寄って、雑誌コーナーへ。
なんとなく目にした『ひとり酒場』っていう雑誌を手に取って、
なんとなく買う。
なんとなく。なんとなく。
夜はまだまだ長いような気がして、なんとなく。


毎日の中で零れ落ちていくものたちを、自分の目で見て、感じて、
零れ落ちていくものたちの願いや、失望や、呟きを、
言葉にしていけたらいい。
やがて、歌に変わるような、そんな言葉たちを。


さて、
今日は明日倉庫に持っていくものたちをまとめた一日。
朝から働いたな。
玄関には、一日がんばった手袋が眠りについてる。
明日もがんばらな・・ね。
オレもお風呂にでも浸かって、「がんばったなぁ」と眠ろう。

3月からのツアーやイベントの詳細の告知もホームページで始まった。
旅の前に、準備すること、やっておきたいことが山ほどあるん・・・


| 21:37 | CATEGORIES:自画像 |
2018-01-16 Tue
2018年の初ワンマン。大阪2days。

演奏しながら曲順やら曲目も変わったから、
合ってるかなぁ。たぶんあってないかも(笑)。
答え合わせしてくだせ。

めっちゃ幸せな時間をありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年大阪Shun’s Cafe

1/笑顔
2/ありがとう
3/きっと天使になれる
4/恋愛白書
5/dear my friends
6/あすなろ白書
7/なごり雪(カバー)
〜スティング宮本ゲスト登場〜
8/ウタダマ
9/LIFE IS MUSIC
10/WOW WAR TONIGHT(カバー)
11/ヒーロー
〜スティング宮本退場〜
12/MY LOVE
13/プレゼント
- アンコール -
14/僕らの生きる道
15/宝物
16/HAPPY NEW YEARS DAY
17/ベストフレンズ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年大阪ランナイト
〜前半戦〜
1/サムライソング
2/情熱パンクス
3/cradle will rock
4/ロックンロールパラサイト
5/REVOLUTION
6/今ここに在るありのままのエナジー
7/問答無用
8/HIGH
9/旅立ち
10/365日、闘うボクラのROCK!
11/最前線
〜ダンスタイム〜
12/TFOSのテーマ(カラオケダンシング)
〜ハーフタイム〜

〜後半戦〜
13/我が闘争
14/KISS THE WORLD
15/ジパングベイビー
16/ライフル
17/DAY AFTER DAY
18/いけるはずジャンプ!
19/愛してるよベイベー
20/バンドやろーぜ
21/チーム最強
22/応援歌
23/応援歌、もう一回!

〜延長戦〜
24/翼ダンシングシューズ
25/ヒーロー

| 23:23 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2018-01-11 Thu

毎年のことだけど、
染谷俊企画のハチャメチャR&RライブのRUN-NIGHT(ランナイト)のリハーサルはハードやん。。。
ここ2日間でバリ筋肉痛。
曲のシメ(バンドでいっせいに、じゃかじゃん!と終わる場所)のために、
スタジオ天井へ突き抜けろ!とばかりにに向かって颯爽と飛ぶけれど、
ドラマーとのタイミングが合わず、シメることができず(笑)、
何度もピョンピョンと飛ぶ。
メンバーは笑ってるけど、笑い事じゃないけん!

熱い熱い、熱すぎてヘロヘロなリハーサル。
メンバーには、感謝だ。
自分がやりたいことのために、何時間も一緒に汗かいてもらって、一緒に筋肉痛になって、
スタジオの中で爆走さながらの、バク練習。
オレの要求もキツくハンパないのに、それに一生懸命ついてきてくれる。
ありがとうしかない。
素晴らしきメンバー。
だからこそ、
本番、一緒に舞い上がりたい。
そこに集まってくれた、たくさんのみんなとともに・・。
年明け早々、バンドで、ぱーっと打ち上げ花火のようなロックンロールライブがやれるってことが、
なんとも、マジ、幸せだ。
メンバー、そして集まってくれるみんな、
本当にありがとね。
やりきったる!


今回のランナイトの選曲たちも、ハンパねー。
アルバム『僕らの生きる道』からも、
『RIGHT-HAND』からも、
なつかしや、『cradle will rock』や『天真爛漫』からも、
なつかしやライブアルバムの『ALIVE』からも・・
・・キリねーわ、
とにかく、いっぱいやるよぉー。

ランナイトならではの、オレらもオーディエンスのみんなも全力で頭っから生ききれるように、
前半戦と後半戦の間、水分補給なハームタイム10分ぐらい準備するつもり・・まぁ、つもり(笑)だけど、
頭っから、調子乗って、ばか騒ぎしてーや。
汗びっしょりなっても、きちんと、メモリアルTシャツ、ご準備するように今のところなってるしー!!
戌年なんで、「THE、犬!!!」・・・・なやつ。予定準備してます。
ちょい悪なデザイン、かっちょええよん。


今日が懸命だったならば、
どこかで密かに、自分の知らないところで、明日への橋がおのずと架かっているような・・
そんなささやかな願いのような小さな夢が見れる今夜。

明日もがんばろ。

鶴の恩返しの、鶴さんのように、
ハタハタ、
誰かが笑顔になるように1人ハタを地道に織りたい。
その模様は、ファンキーな、もち、
ロックンロールなやつで。

眠る。
ばいちゃ。


ps/
今日の一曲。

・・・・・・・・・

キラリキラリキラリ 光るシューズで 
キラリキラリキラリ 踊るオレたち
右へ、左、後ろ、前、斜め横、踊る、踊る、踊る、踊る

さっきまで嫌なことばかりあっても
最近しけてた毎日でも
絶賛人生悩み中でも 踊る、踊る、踊る、踊る

確かな夢がなくても 明日がどうなるかわかんなくても
時々涙がちょちょぎれても 踊る、踊る、踊る、踊る 

今、弾む!今、ステップ!今、感じる!
今、この胸で踊る生命が、今、この瞬間輝くオレたちを今日も待ってる


THU THU THU・・・・オレたちの翼、ダンシングシューズ



| 00:23 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2018-01-09 Tue

夜空の下、横断歩道の信号が青点滅。
早足で駆け出すと、冬風が頬を撫でてすり抜けていく。
さみー。・・っつーか、マジ冷てぇ。
スタジオリハーサル、終わった。


早朝は小鳥たちもまだ眠る頃から、大阪の新春ランナイト・ライブリハーサルに向けて、
紛失してしまった歌詞をタイピング。
PCの前で、カタカタカタカタ・・・。
こういう整理、以前からきちんとやっておけば良かったのにね・・
今年こそは、歌詞をしっかりまとめておこうと反省・・。
とか言いながら、
ヘッドフォンをしながらの作業から、あらためて心燃える歌たちもある。
ライブステージを描きながら、ワクワク。

・・それからの、自分のエレキギターまわりの小物バッグを整理。
週末の大阪ライブ2DAYSへの旅は、
行きは3人での車旅だけど、帰りは、5人で帰ってくるから、車もぎゅーぎゅーやん。
なので、シールドやエフェクターなどなど、最小限ものにまとめて、
小さなバッグへと移し替える。
あっと言う間に朝9時。
積み込みをして、スタジオへG0ーGOー!


どんな作業でも、そうしたことによって、
今後の道が開けることってあるよなぁ・・と思った。
敢えてしたことによって、未来が変わること。
なんか、深い。
何もしなければ、変わらないことが、日常には溢れてる。

         ☆

今週末のR&Rの夜のランナイト、またまた、お祭り騒ぎ、しよね。
いっぱいコブシあげて、いっぱい大声叫んでほしいな。
たまったもん清浄、・・からの、
「かかってこい!2018年」な気持ちで大暴れしてくれたいいな。

ランナイト恒例の、コスプレもありありです。
この日しかできない、大バカなコスプレして、大トキメキなコスプレして、
大ガキみたいな自由満載で、是非是非、参加してくれやっせ。
今年は、犬がいそー(笑)。

さぁ、今日もまた筋肉痛(笑)。
少しずつ、しこしこ育ってる筋肉があるってことだ。

明日もリハーサル。
やりまくるん。


今日の再びのタイピングで、自分を熱くさせてくれた染谷俊の一曲。
『 HIGH』。
こんな歌詞さ。



HIGH

余裕なんてない 金なんてない 
やりたいことをやる そのために突進する毎日 デッドラインかじる生き様
立ちはだかる壁は屈強 そんな中でも立ち向かうスタイル崩さす
いつかのチャンスを伺い ひたすらパンチを繰り出すぜ

HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ

飼い殺されてく日々 這いつくばってでも 豚にはなりたくない
後悔なく 奥歯を食いしばり 夢を食いたい
自分の言葉だけ聞け 言いたいことを言うだけの奴は ほっとけ
明日を奪う限界 ふりきってこうぜ

HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 そうやって今日もオレ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ

「我思う故に 我あり。粉砕するも我の意思にあり。」

創造と破壊を繰り返し 作り上げる世界
自分自身のために闘う権利は誰にもあるんだぜ
飛びたい奴は飛べ 行きたい奴は、そう、行っとけ
自分のルール 自分で決める 現状維持精神? ファックオフ!!

HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 そうやって今日もオレ
HIGH! GO! HIGH!  もっと上 目指し 行こうぜ


| 23:04 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2018-01-09 Tue


いっぱいあれやこれや考えて、
いっぱいワイワイと準備して、
そんなライブのためにいっぱい荷物も運んで、
いっぱい想いを巡らせて、
いっぱい歌って、
いっぱい感じて、
いっぱい笑いもあって、
いっぱいこみ上げるものもあって、
いっぱい感謝の気持ちもこみあげて。

下北沢でのイベントライブ。
『未成年の唄』。
あっと言う間のステージ時間だったけど、
そこに生きた感覚は、大きかった。
今日はとてもいい日だった。

コートを濡らす雨は冷たかったけれど、
駐車場からライブハウス、行ったり来たりした時間、雨粒のことなど気にならなかった。
そして、歌う時間もとても集中して、歌の世界で生きることができた。
やわらかな照明に照らされたステージの上は、
あの「未成年」の頃しゃがみこんだりしていた、
オレンジがかった水銀灯に照らされた路上のようだった。

今日から自分に課せていたライブに対する目標もあって、
少しでも、そこに自分自身の進歩を感じることもできた。
このテーマに向かって、もっともっと努力しよう。
結果は、きっとついてくる。
本気でやっていこう。

自分自身にしか知らない深い深い思いを、
握ったペンにこめて文字を書くような時のような気持ち、
そんな気持ちで、
自分自身に課せたことを、ひとつひとつ、毎日に刻んでいけたらいいな。


さて、眠ります。

夢に入る前に、
再び今日のことを思い出しながら、

きみが見つめていたステージが、きみにとって、
きみの心の乾きを潤すものであったならば嬉しいな・・なんて思うひととき。





| 00:19 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018/01 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------