2018-03-20 Tue


こんな自分でさえ、
今やっておけることがあるなら、やっておきたい。
残しておきたい。
自分にできることがあるなら、やっておきたい。
自分が自分を刻めるものがあるなら、その足跡を精一杯残しておきたい。

そんな場所をいただけることに、感謝だし、
自分自身も、そんな場所、そんな道をしっかりと切り開いていきたい。



ありがとう・・という想いを、
いつから、「重い 、深い」と感じ始めたのだろうか。

マジ、
勝手に生きていた時代があった。
本当に、あった。

“感謝”があっても、
その半分、
そこをはみ出したい、そこに縛られたくない、もっと自分が目指すトコに行きたい・・
そんな自分の気持ちにいつも駆られている日々があった。
「そこに、つかりたくない。そこに、甘んじたくない。そこに寄り添いたくない。」
そんな気持ちで、自分でさえ掴みどころもなく暴れていた時代もあった。

今思えば、
その時の自分があったからこその、
今の自分だとも、本当に思う。


いつから?・・いつから、想いの角度が変わったのだろう・・と、
自分に訊ねてみても、まったく、わからない。


あっちゃこっちゃ、歩いてきた中で、

どこかで、

少しずつ、

様々な出逢いの中で、

角度や、視点が変わったのだろうか・・とも思う。



デビュー25周年に向けてのツアーの中、
振り返って、自らの歌を聴いたりする。
今まで生きていた中で、
一番、聴いているかもしれない。

色々な人たちの顔を思い出す。
色々な時の事を思い出す。

あらためて、思うことがたくさん、たくさんある。
思い出したくないことを思い出すこともある。
そこを越えてきた理由を、あらためて自らで見つけ出したりすることもあったりする。

それら、いろんな、この心で今思うことを、
このツアーで、
しっかりと届けられたらなと思う。


今の、現在の、この場所で。
ここにいてくれる人たちへ。
そして、
再び、逢えるであろう人たちへ。
これから逢えるであろう、人たちへ。
ツアーに限らず、
今、ともに、生きてくれる人たちへ、
感謝をこめて。
こうして生きてきたことを、
それらを越えてこれから生きていこうとすることを、
今、ここに、
染谷俊が、生きていたことを。


いつからいつから?・・
本当にいつからだろう・・・。
時代を振り返りながら、
何度もその問いかけを、自分にする。



先日、
「いつから、染谷は晴れ男になったの?」と、たずねられた。

そうだよな。
昔は、あの頃、
雨男だったのかもしれない。
もう、記憶にないけれど。。。
そう、
その人たちに、きっと、染谷俊の姿が映っていたんだろう。
オレも、
そう、
思う。



今はね、
たとえ雨が降っていても、

晴れ男でありたいと思うし、
オレは、
晴れ男だと、しっかりと言える。

たくさんの日々を越えて、
そんな気持ちになれる人に、
なれたかも、しれない。


太陽をずっと探していた、あの頃の自分へ、
今は、
少し照れながら、
そんな話しをしてみたい。





| 23:57 | CATEGORIES:自画像 |
2018-03-19 Mon


早朝に目が覚めた。
夢の中で、昨日のステージで歌っていた自分がいた。
ホテルを出て、朝ご飯を食べに行った。
お味噌汁と、白ごはん。
旅中で朝ご飯食べてるなんて、珍しい。

昨夜から、デビュー25周年へ向けてのライブツアーが始まった。
『GO!×GO!→25th』ツアー。
ツアー中に、バンドと一緒にステージに立つのは、「GO!×GO!」の5月5日の渋谷クワトロのみ。
その他のステージは、1人。
全身全霊なステージだと思う。
昨夜は、珍しく、ライブ終了後、ヘロヘロ。
歌ったいくつかの曲のせいかもしれない。

今回は、25周年に寄り添った歌たちをいつもより多く歌おうと思っている。
だから、時代的に、様々な歌たちを歌う。
染谷俊として歩き始めた頃の歌。歌う自分の意味を探してもがき苦しんでいた頃の歌。
全てを壊したくて暴れるように歌っていた頃の歌。
歌う相手が、自分だけに向かうだけじゃなく、みんなへと歌い出せた頃の歌。
何かを見つけた頃の歌。そして、最近産み出した歌。

様々な時代の自分と向き合いながら歌うことは、なかなか・・というか、相当気持ちを使うわ、ね。
だからだろな、昨日のヘロヘロは。

一昨日は、ツアー成功と安全を祈願に、伊勢神宮へ参拝に行った。
ともに参拝をしてくれる人たちもたくさん集まってくれた。
しっかりと手を合わせてきた。
神様に手を合わせ話すことは、これから始まる旅へ向かう自分へ話しているようだった。

さて、
一度、東京に戻って、明後日は浜松でのライブ。
それまでに、自分自身でやろう!と思ってることはたくさんある。
まずは、
お風呂に入って、ちょっと運動して、帰路へ出発。

鏡に映る前髪が、とさかのように逆立っている。
中途半端な長さやなぁ。
デビューの頃の染谷俊のように、この歳になっても、
蒼い佇まいになれるものでしょうか(笑)・・、
髪を洗って、前髪たらして、試してみよう。




| 08:51 | CATEGORIES:ステージへの道 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2018/03 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------