2019-01-05 Sat


町の人に紹介されて、小さな診療所へ。
正月明け、病院はいっぱいかなと思っていたけれど、昼過ぎの待合室には2人ほど。
小さな町の診療所の看護師さんはとても優しくて、
病院嫌いの自分も、「悪くないかもな。病院」なんて思った。

腕の血管に注射針をチクッと入れられて採血をして、いくつかのアンケートに答えて、
ちょっとした検査をして、問診に応えて、
ついでにインフルエンザ検査のための小さな棒を左鼻の奥に入れられて、
少しだけむせて、検査結果を待って、再び、待合室で待機。

少しして、先生のほうから検査結果を訊いて、「今日はどうしていきますか?」なんて訊かれて、
流れのままに待合室の奥の小さな病室に案内されて、そこの小さく細長い白いベッドに身体を横たえて
何十年ぶりかに点滴を打った。
ガランとした病室には、自分だけ。
足下の向こう、窓の向こうには静かな午後の空が見えた。
「悪くないかもな。病院」なんて、そこで眠気に任せて少しだけスースーと眠った。

そんなこんな、昨夜は薬のせいか、よく眠れた。
朝起きて、お昼過ぎまで机の上でやるべきことをやった。

午後になって中途半端な時間、カレーパンをかじって食べた。
体温を計ると昨日まであった熱は下がっていた。

その後、出かける気分になって、
お世話になってる人の家の屋根のへりをペンキで塗る仕事の手伝いをした。
数日、身体がなまってるような気持ちがいっぱいだったから、逆にスッキリした気持ちになった。

はしごで屋根の上にあがって、うつぶせになって、
ローラーハケを持った腕を屋根のへりの先まで出してペンキ塗り。
風が吹くと身体が飛ばされてしまいそうな気になった、「おぉ!」なんて声を上げたりした。
あっと言う間に着ていた服の前面はホコリだらけになって、
腕や指先、時折触ってしまうせいか鼻の頭や頬までペンキで汚れた。

とても楽しかった。

新年早々、
点滴も、ペンキ塗りも、
めったにやらないことをやっている。
とってもいいことだと、自分は思う。

自分にとってどうでもいいことばかりに溢れてるように時折感じてしまう世界の中で、
自分にとって「これ、いいな」ということを大事にしていきたい。
ゴシゴシと身体についたペンキをぬるま湯で落としながら、
そんなことを思った。



| 19:55 | CATEGORIES:自画像 |
2019-01-03 Thu

新しい年が明けて。
今は、東京から遠く離れて。
旅の途中。

澄んだ蒼の空に、ゆっくりと雲が流れていく日は、
風のない道の上、日差しが僕を暖めて、とても気持ちいい。
小雨がぱらついて、地面が濡れている道を歩く日は、
やわらかな土の感触をスニーカーの足底で確かめながら、
木の葉についた水滴を眺めたりする。


「温泉でも入りたいなぁ」なんてふと思いながら、
昔読んだ手塚治虫の漫画の一カットを思い出したり。
『ブッダ』だったけかな、
傷を負ってウサギや鹿が、山奥から湧いた温泉に浸かっている、
そんな一カット。
本当に気持ち良さそうに温泉に入る、一カット。

大地に花や草木が育ち、
その草木をウサギが食べて、
そのウサギを人間が捕まえて食べて、
その人間が生きていくうえで畑を耕し、やがて死、灰になり、
それら人間が残した大地を太陽が差し、水が染みて、
またその大地に花が咲き、
そして、またその草木をウサギが食べて・・
そんな生命の結び合いをわかりやすく描いたような・・
『ブッダ』。いい漫画だったなぁ。


心に感じたことを感じるがままに、
時の流れのままに、
そんなふうに過ごすのは久しぶりなのかもしれない。

こんなふうな時間も大切だなと思いながら、
やっぱり夢に出てきてしまうのは、次向かっての風景だったり。
ライブだったり、レコーディングだったり。

そして、パソコンを開いて、
曲目を並べたり、歌詞を並べたり。
運良く、少し熱が出てきたもんだから(笑)、
部屋に籠って、少しずつ少しずつ、音楽と向き合っていこうかと思う。

街は、賑やかに華やいだNEW YEARS DAYS だろうか。
よぎる人たちが幸せであればいいな。

FEEL HAPPY NEW YEAR。



| 08:07 | CATEGORIES:自画像 |
2018-12-31 Mon

いい自分も、悪い自分も、どちらも自分。
それを忘れずに、
ずっとずっと、途上の人でありたい。

2018年というこの年が終わり、
2019年という次の年が来る、
その区切りの線の上で、

ありがとうと、さよならと、またここからと、
まっさらな新しいノートをひろげて文字を書き始める時のように、
心から零れ落ちてゆくものたちにしっかり気づいて、しっかりすくって、

一言葉、一言葉、
一行一行、
真っ白な紙に綴り残していくように、
そんなふうに生きていけたらいいな。。。

そんな新しい気持ちで、自分、始まっていこうと思います。


2018年。
ありがとう。
さよなら。
またここから。




| 23:40 | CATEGORIES:I appreciate it |
2018-12-26 Wed


朝、
逝っちまったおじさんを想って、少し目を閉じてみたよ。
命を引き取った時、オレはツアーだったもんだから。
帰ってきて、ゆっくりと想ってみた。

何週間か前、最後に逢った時は、もう半年前のおじさんとは別人だった。
病室にかすかに響く声に、少し、泣きそうにもなったよ。

今は、
あらためてさ、
命を大切に生きていこうと思ってるよ。
命を大切に生きるってことは、
命と同じぐらい大切なものに向かって、オレ、一生懸命生きていくってことだよ。
そう、
おじさんに真っ正面から、伝えたいな。

最後に逢った日に思ったことを、
歌にして書いてみた。
空の上からでも、聴いてくれりゃ、嬉しいわ。


街は師走。
都内の道路は、どこに行っても混んでた。
親戚を送って、
空港からの帰り道、
なんだか、何も考えないで過ごしてみたいな・・なんて、
一瞬ぽっかりと胸に穴が空いたような気持ちになって、
スーパーに寄って、
お煎餅と缶チューハイを買って・・

部屋に帰ってきて、
そのスーパーの袋を床に投げ出して、
部屋で15分ぐらいブランケットをカラダに巻いてぼーっとしてたら、
逆に、
やる気みたいなものがマジで心底湧いてきて。


今から、真剣に今年最後のお片づけをします。

2018年がもうすぐ終わるんだ。



| 16:02 | CATEGORIES:自画像 |
2018-10-22 Mon

焼きおにぎりをかじりながら、車窓の向こうの景色を眺めてる。

遠くに幻影のように見えてる山々、白い鳥のお腹のような雲がはりついた空、
出番を待ってレールの上で眠ってる茶色い貨物列車、なんか昔遊んだことがあるような小川。
そんな風景たちも好きだけど、
時折見える、人々の姿も好きだったりする。
小さな自転車に乗っている小さな女の子。
その前をゆっくりと歩いてるお父さんらしき人。
工事現場の前で交通整理をしてるヘルメットをかぶったおじさん。
駐車場前の縁石あたりを陣取ってだべってるおばさんたち。
いろんな町に、いろんな人たちが生きていて、
様々な心模様でそれぞれに暮らしてるんだろなぁ・・なんてことをぼんやり眺める時間が、
好きだ。


旅から旅へ。
サポートメンバーとして参加させてもらってきた2018年の清木場俊介ライブハウスツアーも、
もうすぐゴールの日がやってくる。
全36公演。明日が35公演目です。
あっと言う間だったなぁと、ふと心が呟いた後に、
いやいや、そんなことはないよ・・と違った場所からまた心が呟く。
街から街へと旅してきた一日一日、ステージに向かうまでの一時一時、
ステージに立った一夜一夜の破片がパラパラと蘇って、
確かに・・、確かに「あっと言う間」という一言で語れるような日々ではなかった・・
と、自分で心に呟き返した。

ステージで歌うということは、なにかしらの覚悟とともに生きているということだと、
僕は思います。
それを、36公演。
36公演と言えど、いくつもの日々をまたいで、何ヶ月もの間、
ステージというヒトの目にさらされる場所以外でも、ヒトの目が届かない場所でも、
覚悟を抱いて暮らす日々が続いていくということ。
来る日も、来る日も、途切れることない継続。
36公演のツアーに挑み、そこで歌い続けること。
それは、本当に、すごいことだと思う。

なんだか、思い起こされることと流れる景色が重なって、
思考の点が線になって、
線が絡み合って絵に変わっていくように、
なにやら、グルグルといろいろと考えて、
「覚悟」か・・・と、トンネルを抜ける時に窓に映った自分をじっと見つめてしまった。



さて、博多からの列車はもうすぐ長崎に着きます。
それにしても、今日の列車は揺れる。・・ルルル。
「棚に置いたかばんをしっかりと固定してくだい」と流れてた車内アナウンスの意味を今になって噛み締めてます。
あまりに揺れるもんだから、胃腸の中まで揺れて、
なにやらさっきからウンチがしたくなっている気がしてしょうがない。
眠ってる隣の席の人をまたいでトイレに向かうのも申し訳なくて、
ぐずぐずと我慢しています。

いくつかのトンネルを抜けて、
時折海が垣間みれて、
いよいよ見えてきたのは、青空。

快晴。
路面電車を横目に、
皿うどんあたり、食べに行きたいな。


CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019/03 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------