2018-10-22 Mon

焼きおにぎりをかじりながら、車窓の向こうの景色を眺めてる。

遠くに幻影のように見えてる山々、白い鳥のお腹のような雲がはりついた空、
出番を待ってレールの上で眠ってる茶色い貨物列車、なんか昔遊んだことがあるような小川。
そんな風景たちも好きだけど、
時折見える、人々の姿も好きだったりする。
小さな自転車に乗っている小さな女の子。
その前をゆっくりと歩いてるお父さんらしき人。
工事現場の前で交通整理をしてるヘルメットをかぶったおじさん。
駐車場前の縁石あたりを陣取ってだべってるおばさんたち。
いろんな町に、いろんな人たちが生きていて、
様々な心模様でそれぞれに暮らしてるんだろなぁ・・なんてことをぼんやり眺める時間が、
好きだ。


旅から旅へ。
サポートメンバーとして参加させてもらってきた2018年の清木場俊介ライブハウスツアーも、
もうすぐゴールの日がやってくる。
全36公演。明日が35公演目です。
あっと言う間だったなぁと、ふと心が呟いた後に、
いやいや、そんなことはないよ・・と違った場所からまた心が呟く。
街から街へと旅してきた一日一日、ステージに向かうまでの一時一時、
ステージに立った一夜一夜の破片がパラパラと蘇って、
確かに・・、確かに「あっと言う間」という一言で語れるような日々ではなかった・・
と、自分で心に呟き返した。

ステージで歌うということは、なにかしらの覚悟とともに生きているということだと、
僕は思います。
それを、36公演。
36公演と言えど、いくつもの日々をまたいで、何ヶ月もの間、
ステージというヒトの目にさらされる場所以外でも、ヒトの目が届かない場所でも、
覚悟を抱いて暮らす日々が続いていくということ。
来る日も、来る日も、途切れることない継続。
36公演のツアーに挑み、そこで歌い続けること。
それは、本当に、すごいことだと思う。

なんだか、思い起こされることと流れる景色が重なって、
思考の点が線になって、
線が絡み合って絵に変わっていくように、
なにやら、グルグルといろいろと考えて、
「覚悟」か・・・と、トンネルを抜ける時に窓に映った自分をじっと見つめてしまった。



さて、博多からの列車はもうすぐ長崎に着きます。
それにしても、今日の列車は揺れる。・・ルルル。
「棚に置いたかばんをしっかりと固定してくだい」と流れてた車内アナウンスの意味を今になって噛み締めてます。
あまりに揺れるもんだから、胃腸の中まで揺れて、
なにやらさっきからウンチがしたくなっている気がしてしょうがない。
眠ってる隣の席の人をまたいでトイレに向かうのも申し訳なくて、
ぐずぐずと我慢しています。

いくつかのトンネルを抜けて、
時折海が垣間みれて、
いよいよ見えてきたのは、青空。

快晴。
路面電車を横目に、
皿うどんあたり、食べに行きたいな。


2018-10-09 Tue


なんかー、また、朝早く目が覚めた。
心に感じ入った風景が、映像として夢に出てくる睡眠が続く。
眩しすぎるほどの輝きは、時に、
日陰で膝を抱えた者たちの姿を残酷に白日にさらすなぁ・と思う。

シーツに頬をくっつけて、まだ眠ろう、もう少し眠っていよう・・と目を閉じながら、
今日やろうと思う事を考えた。
考えてたら、やりたいと思う事が次から次へと脳みそを巡る朝で、
あぁ、もう起きちゃおうと、結局起きた。
ずいぶんと喉がタンに絡んでたし、まぁ、ちょうど良かった。

朝ごはんの準備をしてる時につけたテレビでは、
乾麺も含めての美味しいお蕎麦の茹で方&作り方をやっていた。
わりと・・、知ってる情報ばっかだったけど、
お蕎麦は大好きだから、こういう番組は好き。


用事を済ませに、午前中は車を飛ばして街へ。
朝から今日のスケジュールを丹念に計画立ててたけど、
移動の途中で仲間から呼び出しがあった。
急な相談。
うん。こういう日もあるね。
ま、いっかと、今日の予定を覆して、仲間のもとへ。

いつからか・・何歳になった頃からか、
寄り道なんか、ほぼ、しなくなった。
あたりまえか・・・
待ち人やお仕事を待たせたらいけないもんね。
何も考えずに、
寄り道や、ばっくれや、さぼりなんかをやってたオレは、いつの頃だろう・・
なんて、
秋晴れの空の下で、想った。
校舎裏の金網を乗り越えてダチらと食べたラーメン。
授業をさぼって行った原宿。
ひとり、学校に行かずに歌詞を書いてたデパートの屋上。
土手に自転車を倒したまま、川辺でずっとずっと水面を眺めてた昼下がりの午後。
それらなんかは、学生の頃か。
なんかな、
懐かしいわ。
20歳を過ぎても、染谷俊としてデビューした後も、
そんなことをしてたっけ・・。
そうすることで、自分が何を感じたかったのか・・どうしたかったのか・・
なんてことを、
今日は、少し、考えてみた。
オレは、オレでいたかったんだろーな。。
未熟ながらに、自分にとっての自由な世界を思い描きながら、
自分の背中に在るはずの羽をゴソゴソと小さな心で探してたような気がする。
わがままに、
背伸びして、
無意味にもがきながら、
ふつふつと迷いながら。


さてさて、
仲間と午後に合流して、お肉を食べた。
美味しかったわーー。
ただ、何もかもにチーズがかかってて、
「チーズをかけるかかけないか、少し、オレにも選ばせろや」とお店に向かってなったけど、
フォークで、ちまちまとチーズをはがしながら食べた。(粉チーズが苦手なんです。)
仲間とは、いっぱい話せて、良かった。
彼が話すことは、時々、自分の今の気持ちと重なって、
彼の相談に答えてる自分の言葉に、
自分自身が気づかされることがいっぱいあった。

帰り道は、きっと、まだ日が暮れてなかったんだろうな。
気づけば、気を失ったかのように、部屋で眠っていた。
そんな一日。

明日は計画通り、やってみよ。


| 23:31 | CATEGORIES:自画像 |
2018-10-03 Wed


夢の中で歌が流れた。
「いいじゃん、ラブソングじゃね?」と思いながら、
夢の中でその歌を作っていた。
いくつかの言葉をそのメロディーに乗せてはみたけれど、
なんだか自分が歌うような歌じゃないなぁと、
いいや、忘れてしまおう・・と、夢から覚めた。
窓のほうを見ると、カーテンの隙間、
その3センチに開いた向こうは、まだ白く煙っていた。
このまま起きちゃおーーと、今日は早起き。


昨夜遅くから、手羽元が食べたくて食べたくて。
太陽の光が街を照らし始めて、幾人もの人たちが出勤のために駅へと向かう頃、
車を飛ばして24時間空いてるスーパーへ。
時間が早すぎて仕入れがまだなのか、それとも、思いのほか、昨夜手羽元が売れまくったのか、
手羽元はなかった。ですよ。
なんで、大きなもも肉が4つ入ったパックを買って帰ってきた。


本日、午前中からやることがいっぱい。
先日撮影したファイルをダウンロードするための空き容量がパソコンになかったので、
久しぶりに外付けのハードディスクを取り付けて、ファイル移動。
そして、移動した素材を消去して、新たなものをダウンロード。
同時進行で、洗濯。
最近好んで着ている服たちが染め物が多くて、色落ちしてしまう物もあるから、
何回かに分けて洗う。
こだわりを持つってことは、それに付随する面倒なこともついてくるわけですな。
逆を言えば、こだわりがあるように思える人は、
影でそのこだわりのためにそれなりの努力をしているってことですか。


さてさて、
現在目に見えているもの、現在動いているもの、
それらは、
何かしらの準備の結果として、現在に存在する。
いきなり、
「はい、できました」と、手のひらから鳩が飛び立つ手品のように、そこに現われるわけではない。
水面下の準備ってやつですか・・
大半のものが、人々の手や耳や心に届けられるものたちは、
黙々とした準備があったからこその賜物たちだと思う。
そんなこんな、
今日は、準備のために色々な人たちとの連絡を取り合う日でもあったので、
メールやらLINEやらも仕切り無しでやりましたでござる。
久しぶりに連絡を取り合う人もいて、なんか、嬉しかったというか、楽しかったというか・・。


お昼すぎに、朝買ってきたビッグなもも肉を2切れ、フライパンで焼いてみた。
鶏肉だからね、じっくり焼かんとだから、焼いてる間も何かお仕事的なことをする。
ほんとうに時々よ、ほんとに時々、
こうして、時間の隙間を忍者のようにスイスイと華麗に生きる日がある。
こんな日は、いい日だ。やるじゃん!オレ・・な日だ。
そういえば、朝つけてたテレビの占いで、今日の一位は2月生まれだったような。


午後は音楽の時間にドプリ。
夕方前に、車にピアノを積み込み。
久しぶりに、ひとりで積み込みをして、腰にくるううう。
スタッフやチームのありがたさを思い知る時間。
そして、夕暮れの街へ、シューズを履いて、走りへ。
最近は、夜眠れず、遅くまで起きて、その後何度もいくつかの夢を見ては夜中に起きての日々が続いてた。
クタクタにでもなればぐっすり眠れるかなと、今日はいつもより長い距離を走ろうと最初に決めて、出た。

いつもと違う道。
いつもと違うコース。
突然の長い急な坂道。でこぼこな道。家屋からはみ出た草木が身体にこすれるぐらいの細い道。
先に何があるかわからないから、そのたび、えぇ!となったけれど、
それはそれでオモロかった。
ルーティーンも大事だけれど、冒険も大事だよ。
行きつけの店もいいけど、飛び込みの店もワクワクするよ。
前から決まってた駅で降りるのも安心だけれど、乗り過ごしてどこかわからない駅で降りるのもアリだよ。
なんの話しやらわからない感じになってきたけど、
そんなこんな、調子ぶっこいて走り続けて、今はふくらはぎがやや痛いわ。


頭さの先から浴びたあたたかなシャワーが、久しぶりに、本当に気持ちが良い、
そんな、いい一日だった。
やっぱ、朝つけてたテレビの占いは当たったな。
今思い出したけど、
そのテレビのゲストで出てたNGT48っていうチームのひたむきに踊る子達を見てて、
オレ、朝ウルってきてたっけ。
この子たち、どれだけ練習して、努力して、毎日がんばってるんだろーか・・なんて。


そうだ。感じるんだ。
そして、心で見るんだ。
そして、考えずに、思いのままに、瞬間を動け。
なんて、
スターウォーズの、オビワン・ケノービが言いそうな言葉がよぎる秋の夜。どせ。



| 21:21 | CATEGORIES:自画像 |
2018-10-02 Tue


昼過ぎにウトウトとしてしまった。
1時間ぐらいだろうか。
何度も同じ夢を見た。

目を覚ましたら、なんだか突然何かにせかされるような気持ちになって、
昨日持ち歩いてたバッグにパソコンを突っ込んで、つっかけサンダルを履いて、外へ飛び出し、
車を飛ばして、洗車のためにガソリンスタンドへ。
途中の道から見える中学校のグランドでは、体育着を着た子達がボールを蹴り合っていた。
窓を全開にすると、少しだけ冷たくなった秋風が右腕を撫でて去っていく。

何でもないような毎日だけど、何もない毎日ではないよ。
流れゆく風景を見つめる心が、そう呟いた。

洗車の時間に1時間半ほどかかります・・ということなんで、
近くのお蕎麦屋さんに入った。
そういえば、朝から何も食べてなかった。
久しぶりな、カツ丼。

昨日は、撮影の後に昔の染谷スタッフの人たちとずいぶんとお酒を飲んだ。
楽しかった。
二日酔いではないけれど、やっぱりずいぶん飲んだよな〜と、カツ丼を食べながら思った。
「染谷さんらしくないですよ」
昨夜の会話の中でこぼれた、ある人のその言葉が、ふっと蘇る。

小さな言葉が、人を勇気づけてくれることがある。
ありがたかった昨日もらった言葉は、
今日、小さな子供の手のように、自分の背中をそっと押す。

さてさて、
洗車が終わるまでに、まだ時間がある。
少しだけ歩けば、ファミレスがあったっけ。
・・と、ブラブラと陽だまりの道を歩いた。
コンビニを横切る時にふと見上げた空があまりに綺麗で写真を撮った。

今日はまだまだやること、あるんだ。
洗車が終わったら、まずは昨日海風を浴びた服をクリーニングに出しにいこう。


2018-08-24 Fri

ブログ・・・って、ウェブログっていうものの略だったんだね。
「ブログ・・っていう言葉、何が根源か・・」なんてことを初めて探って今日わかった。
自分の日々の感想なんかを日記にして、閲覧者の方々に見てもらいながら、
それに対して閲覧してくれた方々がコメントできる形式で作り上げるウェブ(ログを含めて・・)
・・の場所だったらしーぜ。

・・つーことは、
オレのブログは、閲覧した方たちがコメントできないから(笑)、
ただの、一方的な日記だったんだね・・(笑)。
しゃーーーーー。

ま、思い返せば、確かに、ただただ、日記だわ。
「ま、しゃーねーけど、心が騒いでるから。。」・・なんて、綴りたい気持ちが溢れて、綴る場所。
逆に、綴りたい気持ち溢れてるくせに、自分の怠けで綴らないまま、ほっときっぱなしの場所に
なる時もあるか・・。



そして、このブログの始まりからの文脈から関係ないけど、
今感じてることは、
めちゃくちゃ、夏場の、お店の、クーラーが嫌い。・・・嫌いってか、
寒い。ただただ、寒い。
寒すぎて、なにか羽織りたいけど、服持ってきてないし、
体感から、「ちょっと寒いんで、お店の温度、もうちょっとあげてもらっていいですか」
とかなんとか言った後の、お店の人とやらのなんだかんだが、嫌い。・・・
も含めて、
夏場のお店のクーラーが嫌い。




・・さて、
前文までの理由はさておき、
今日も自分の部屋に閉じこもっていた夏。
ちょうどいいよ。
今のオレの心と、曖昧な夏の天気の関係。
天気とは関係なく、
ジョギングシューズを見つめながら路上にツバを吐きながら今日も夕暮れを走ったけれど、
それはそれ。これはこれ。


そういえば、
くそったれな台風がまた近づいてきてたらしー、今日。
朝から洗濯して、それらを干した昼間。

・・で、今は、
やばいぐらいに闇の窓をふるわす風が吹いてる。
そして、脳が、またオレに言ってるよ。
「おい、覚えておけよ。こんな夏も。こんな夜をも。」と。



“いい時はいい。悪い時は悪い。”
・・なんて、単純なもんじゃないよ、人生は。
いい時にも少なからず、うまくいかない少々たる何かはあるんだ。
同じように、悪い時にも少々な、良いこともあるんだ。
それを、感じる心は、無くしたらダメなんだよな。”

んな感じで、そろそろ、眠ろう。


今年の夏は、どんだけ台風、来てんだか。
そのたびに、不安や失望に苛まれてる人たちがいる。


力貸すとかなんとか、
奮い立つ自分がいるけど、
それと並行して、

見つめるべきは、自分のことだと、
悔しいくらいに思う。

タフにいくっっきゃね。
仲間や、親愛なる人たちと、
一生懸命、前を向いて。




| 00:36 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018/12 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------