2019-08-25 Sun


ツアー中、
以前、高速道路にて、夜0時頃にて、
自分運転で車が横転。
で、車が全破壊。
そんな全損事故を起こしてから、
ライブ後の夜の運転移動はしないようにしてる。

・・とは言いつつ、しなければならない日もあり。
今日は、ライブ後の街のホテルも取れなかったもんで、
夜高速の移動をしてきた。
暗い曲がり角、山道・・は、なかなか・・だけど、
安全にね。
そう、いたって、普通な感じで。
ライブ後のエキサイトしてる心を、静かに静かになだめながら。


今日は、『歌えば尊し』ツアー、夏編。浜松だった。
なんかよー、
とっても、濃い1日だった。
朝起きてカーテンを開けたら、ふつふつと言葉が溢れて。
それで、新曲を作ろう・・ってなって、
持ち歩いてる小さなギターで、ホテルの部屋でメロディーと言葉を拾い集め、
ぶつくさと歌い、
ノートに言葉を書き留め。
いつのまにか、ライブハウスへの入りの時間。
ライブハウス前に車を停めて、機材搬入して、セッテイングして。
その間も、言葉を探して、まとめて。
なんか、ずっと、浮遊してたんだな、
想いの世界の中を。

日が暮れる前に、ライブが始まって、
みんなと対面して、
わー!!となって、
歌い始めて。
うん、
あっと言う間の1日だったです。


作ることと、伝えること。
考えることと、話したいこと。
それは、
まるで、
すれ違いや、納得や、誤解や、わかりあう瞬間や、
「そうだったのか」なんていう謎が紐解けて、
胸の塊が溶ける時のような時間や、
そんな、
恋人たちが積み重ねていくような、時間の重なり。
うーん。
です。
なんとも言えない、
言い切れない、
うーんな、
時間の階段です。


さてさて、
ライブは、あっちゃこっちゃ。
燃えたなー。
本当に、みんな、ありがとう。

理路整然なんてなものには、程遠い、
喜怒哀楽が、入り混じり、
正しいのか、間違いなのか、
その問いかけの繰り返しかな、あれは。

その中で、
十人十色、
それぞれ、
そう、
それぞれの心を持っている人、みんなが、
何かを感じようとしてくれていた時間。

感じてくれた、
その、
きみに、
感謝がいっぱいです。

ありがとう。
結び合って、感じあってが、
たまらなく、愛しく、
ありがとうです。


・・・さて、
一回、
カームダウンして、


そろそろ寝るわ。


今日は、移動してきての街で、
どこも開いてない街の片隅、
救世主のように手招きしてくれていた灯りのお店、
ひっさびさ、
『魚民』、入ったー。
ありがたや。

スタッフと、
あっちー語らいをしながら、
トマトジュースを飲みすぎて、お腹いっぱい。(笑)。


明日、
いや、明けて、今日の豊田、
初めての街で、
「はじめまして、染谷俊です」の歌を、
たくさん、歌うからよ。
です。

今何時?
そうね、だいたいねー♫

しっかり、パワー復活させて、
カムバックヒーロー。
やったるぜ。


| 02:22 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2019-08-08 Thu
梅雨明けが遅かったからだろうか。
夏って奴が、全力で、”夏”してやがる。
まったく、熱い奴だわ、夏野郎。

むわっとした駅構内、のどから来る渇望と、酒欲にかられて、
15時15分、構内通路沿いにある”GUINNESS”の看板がキラキラのお店にふらっと入った。
入っちまったよー。
店内には、アメリカンミュージック。
おー、路地裏立ち飲み好きのオレっぽくねぇーじゃねーか。
けど、夏が、オレの背中を押す。
「夏、やっちゃえよ」・・と。
「ゆー、やっちゃえよ」・・と。


ビールを頼んだら、カウンターの端っこのほうに、TVがあるのに気づいた。
音は出てなかったけど、そこに映っていたのは、高校野球。
甲子園の球児たち。


なんか、気づいた途端、一気に・・
そう、
なんだか、見とれちまった。
なんで、こんなに、高校球児は輝いてんだろな。
真っ正面から、真っ向から、
一球、一球。

そう、
一球、一球、の、
一瞬、一瞬に、全力で懸けてるから、
そう、
こんなにも輝いてるんだろうな。

思いっきりの、一振り。
チームメイトたちの激励。
真剣な瞳。
マウンドの戦い。
スライディング。
「あうと!」。
叫び。
「せーふ!」。
砂埃。
全力のお辞儀。
全力でベンチに帰ってくる姿勢。
球児だけじゃない、
全力のスタンドの応援。
全力の拍手。


なーんか、昼間っから、じーんと。泣けてきた。
オレには、ほんとに、まねできないけど、
まじで、いいよ。
最高だ。
めっちゃ、かっこいいーよ。


・・なんで、
酒は、このへんにしとくわ。
ギネス一杯と、ハイボール一杯と、おまけのオニオンリング。
オニオンリングは、この前、『マツコの部屋』で取り上げられて、
気になってたんだ。。許してくれ。


これから、夕方へ。
がんばってこっ。

ありがとーよ。
高校球児、青年たち!


2019-06-24 Mon


歌っていて、
心の芯の深い深いほうから感情が湧き上がって、
それがとんでもないぐらいな速さで身体中を巡って、
なんかどっかで見た・・超人ハルクだっけか、
そんな劇画漫画のやつみたいに、体から何かがブワっと、
いっせいに飛び出ていくような、
そんな感覚になる時が、あり。

今日は、そんな感じの瞬間が、たくさんあった。

面白い。本当に、楽しい。
そんな1日だった。

「あれ、オレ、こんなに、こんな奴だったっけ・・」
って、不純物のない自分を見つけたりして、
それもそれで、とても楽しかった。

水たまりに映った空を見つけて、
一人でなんかときめいてた、遠いあの頃の・・自分に逢えたような、
気持ち。

そして、今は、
一日中飛び回って遊び疲れてた子供時代のように、
体の中が空っぽ、だ。
こういうの、
なんか、嬉しい。


ありがとう。
おやすみ。

| 00:54 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2019-06-20 Thu


変わってないようで、変わってる。
進んでないようで、進んでる。
電車の窓から見える川の水面のように。
流れていないようでも、流れている。

そう、信じて、
足を止めないで、
進んでいくことへ、進んでいきたい。
ちょっとずつでも。
目に見えないくらい、ちょっとずつでも。

“あきらめ”なのか、”途方を見失う”なのか、
時々、
動くことに、理由を探す。

けど、
それは、きっと、ちがう。

動きたい意志があれば、
そこに、説明めいた自分への理由はいらないのだ。

ぎゃくを言えば、
動かないのは、
意志が無いか、意志が弱いだけなんだぜ。

・・と、
あぐらをかきながら、昨日はしみじみとした。

さて、出発。
今日もスタジオへ。
昨日とはまた違う、スタジオへ。

話はつながってないようで、つながってるけれど、
昨夜は、焼きそばを作って、食べた。
美味しかったよ。
そばをほぐすお水が、少し多かったけれど。
そこの部分は、
また、次、修正。

なにごとも、
そんなふうに、
進んでいこうとしている毎日。


| 09:46 | CATEGORIES:自画像 |
2019-05-30 Thu

世界は、

パズルのようにはいかないかも、な。
突出した部分と同じ形と、欠けている形が同じとは限らない。

突っ込んでいえば、
どこかがいい方向に突き出た時、
どこかが悪い方向に突き出てしまう時もある。
どっちも、突き出ていく・・・的に。

まあるい月の中で起きる満ち欠けのようにはいかない。
だって、
もともと、
世界は、
多種多様な想いや形をしたものたち、
人たち、生き物たちが集まってできているんだもの。

だからこそ、
時に、
その多種多様な集会である世界を、平穏な和にしよう・・と
平和というものに向けて努める立派な人たちがいたりするのかもしれない。
時に、
理想主義とつつかれながらも。


なんか、
大きな話になってきたけど、

今朝はバゲットに明太子マヨネーズを塗って、食べた。
そのバゲットをかじった部分を見ながら、
なんか・・を考えたりした。


昨夜はイベントライブに出演した。
いろんな色を歌う、シンガーソングライターたち。
出番まで、そして、出番後、
会場で歌を聴きながら、
とっても、心が揺さぶられる時間を過ごせた。

シンガーソングライター・・、歌を書いて、歌を歌う、
そんな歌を聴くのが好きだ。
歌には、その人の心や瞳に映る世界が記されている。
薄っぺらな世界と自分が感じるものもあり、
深いわと思う時、勢いあるぁなと思う時、
真っ直ぐだなぁとか、痛いなぁとか、面白いなぁとか、
哀しいなぁとか、懐かしいなぁとか、忘れてたなぁとか、
本当に、いろんなことを感じる、それぞれの歌たち。

薄っぺらいなぁ・・と感じた世界観の中にさえ、
ふとコロンコロンとこぼれ落ちた、凄まじい本音のような言葉が
混じっているのを感じる時もある。
建前と、本音と、逆説と、つっぱねと、嘘と、願い。

そんな歌を聴きながら、
「この人、好きだなぁ」と思うシンガーソングライターに出逢ったりもする。
自分の場合、自分自身も、”それ”だから、
ありがたいことに、楽屋で、その、好きになった人とすれ違ったりもするけれど、
あまり話すことはない。
べつに、プライベートでその人と付き合おうとは思ったりは・・あまり、ない。
プライベートの世界を含めてその人が生きた世界からこぼれたその歌と、
その歌を歌う、その人が好きなんだ・・と、昨日はそんなことも考えた。

いつでもジンジンと胸が熱いわけじゃないけれど、
小石につまづくように、あの日あの時聴いた歌が、
日常の中で浮かぶ瞬間がある。

日常の中で、「なにか」を忘れて盲目に生き急いでいってしまう、
そんな誰かを・・つまづかせる、
そんな小石のような歌が書きたいな・・と、思ったりもした朝。


久しぶりな、ブログ。

そうなんだよな。

どこか長い航海のような旅に出ている時、
そんな時は、その旅の様々な場所で100パーセントを生きる自分がいる。
けれど、
そんな時、
100パーセント、自分が不在な部屋が、そこにあったりする。
その部屋は、100パーセント、時間が止まってしまっている。
仕方のないことだけれど、
その部屋のことを、忘れない自分でいたい。

今朝の文章の書き始めの、
「世界の満ち欠け」についてのことと、
関係があるかもしれない・・ね。


では、
今日をまた、生きてきましょう。
いつもは朝アイスコーヒーなのに、
なぜか、
ホットを飲みたくなった朝にて。


CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------