2017-01-20 Fri
明日は、横浜ベルズで、新年明けて初のライブ。
書き初め・・な、染谷の歌初め。
「そめ」が多し・・
なんてダジャレこいてる場合じゃなく・・
なんか、とっても楽しみ。

昨日はそのステージに向けて、ビードローズのサトウワタルとリハーサル。
そして、今日は、個人リハーサル。

特に昨日はそうだったけど、歌い始めると、
バラバラの方向に向いていた細胞が、ぐっとひとつに固まって、
同じ方向に向かっていくような感覚。
自分自身で歌っているのにも関わらず、
久しぶりな歌は、自分に喝を入れてくれる気がした。

歌うことについて。
そこに、心がないと意味がないと思う。
これは、それぞれの歌を歌うヒトにとっての原則なルールではなく、
自分の問題。
上塗りのような歌は、自分らしくないなと思う。
だから、
歌っていてつまらないなぁ・・と感じたその瞬間、
その行為自体に疑問が湧く。
「なんで、今、この歌を歌っていて、しっくりこないんだろう。
なんで、つまらない・・と思ったんだろう。」
そんなふうに。

そういう感覚から、ステージへと向かってのリハーサルが濃く、深くなっていく。
アレンジだったり、歌い回しだったり、ピアノの弾き方だったり、思い入れだったり。
今日は、より、そんな、濃く、深く、心の在る歌に向かってのリハーサルだったと思う。


思い描いたようにできてることもあり、
思い描いたようにはできなかったこともあり、
まだら模様の絵のような毎日。
今日は、明日のためのリハーサルだったけど、
途中途中、新しい思いが込み上げて、新しい歌の破片のようなメロディーと叫びを録音した。

一色じゃないよ。心は。生活は。毎日の流れは。


さぁ、明日ですねー。ステージ。
イベントライブに参加するのもなんか久しぶりな感じだし、
真新しい気持ちがちょいちょい、自分の背中を押す。



| 19:01 | CATEGORIES:おいしん坊、万歳! |
2010-07-22 Thu
毎日、レコーディング、打ち合わせやってます〜。

夏、始まりましたな〜



撮影の合間の、公園の中の屋台のかき氷。



中目黒で見っけた海鮮焼き屋。極うま。



路地裏の猫。



名前に惹かれて飲んでみた・・うまか。



神田ガード下の、ハム焼き。



四谷の地ビール屋さんのビール。



ダチとコンビニ前飲み。



酔っぱらってる時の、あ、ぶ、な、い、まなざし(笑)。


始まったばかりだ、ここから〜、よ、よ、よ!♪〜♪〜♪〜



ときめきませう。



| 23:48 | CATEGORIES:おいしん坊、万歳! |
2009-06-17 Wed
新宿3丁目の路地の片隅にある怪しげな洋風チックなお店・・
それが、
『どん底』です。



じつは、ここ、自分がデビュー前にバンドをやってた頃、
某大きなレコード会社のオーディションスタッフに声をかけていただき、
初めてレコード会社にお邪魔をして面接をした後、
「飲みにでもいきますか」と連れていってもらった場所。
その後、数々の思い出を刻んだ場所。
コンパもしたっけ。
熱い語り合いもしたな。
喧嘩もしたした。
告白なんかもしたかも。

このお店の名物は、
『どん底カクテル』、通称"どんかく"です。
これを飲むと、気づけば腰から砕け散っている感じで立てなくなるお酒。
なんと、昨夜、
何年ぶりかにこのお店に訪れ、"どんかく"を飲んじまいました。

きた。
きたな。
ぶっとびました。
いわば、ヘベレケといった感じだったでしょうか。
昇天いたしました。

このお店の名物は、他にも多々あり、
辛いけれどしびれるほど旨い「チョリソ」とか、
ハヤシライスの上だけの料理「ハヤシノミ」とか、
おいしいものだらけ、感激ものだらけのお店です。

昔から俳優さんやら小説家の方々や音楽家やらが集うらしく、
有名っぽいので、
是非是非、どっかで情報見っけてもらってお行きになるとよろしーかと思います。
大推薦です。

何年ぶりかに行ったけれど、
昔と変わらず、何も変わってなく、
本当に素晴らしーなぁー好きだなぁーとニコニコの昨夜でした。

日付変わって、
今日は、書き物をしたり、レコーディング素材収集したりといった一日でした。
夜はライブツアーの準備に明け暮れました。
ツアーは約20日間出っぱなしっすからね、
前の弾き語り全国ツアーの時のように、
旅のおともである、
缶詰だったり、インスタントものだったりの食材諸々や、
薬系、日用品系、それと、衣服だったり、日々の学習ものだったり、
今から挙げて準備万端にしておかねばならないものがたくさんあるわけで。
マジ、結構な量っすね〜。
一覧表を作ったりしてました。
体調も含め、モチベーションも含め、ベストな状態でのツアーになるよう、
チカラが入る今日この頃です。


| 22:13 | CATEGORIES:おいしん坊、万歳! |
2009-06-05 Fri
トキワ荘の漫画家たちが愛してやまなかったという、
キャベツ炒めを作ってみた。
キャベツを炒めて、お好みで塩やこしょうで味付けして、
香りが出てきたところでしょうゆをまぶして食べるというもの。

トキワ荘という同じ場所で暮らし肩をつき合わせながらあぶく銭を握りしめ、
たくさんの夢抱いた漫画家たちが皆でこのキャベツ炒めを食べながら、
杯を交わし未来を語らっていたといういいお話を先日TVで観て、
ついつい・・・

出来上がりは、まだまだ自分修行が足りん!といったところか・・
またやってみよー。


| 21:11 | CATEGORIES:おいしん坊、万歳! |
2009-05-20 Wed
どうしてもラーメンが食べたかった。
ここ最近の筋肉強化のための食事制限のリバウンドだろう。
うわぁ、どうしてもラーメンが食べたい。
ソファーに寝転がって、「べつにラーメンじゃなくてもいいんじゃないのか?」
「お茶漬けで我慢しろ!」「食べなくても夜はやってくる」などなど、
一人もがき苦しむ。
一応どんなもんかとネットで摂取カロリー計算ページにて「ラーメン」の項目を
調べてみた。
通常ラーメンで450Kcalか・・ミソで530・・コッテリ形だと620もあんのか!
今日までの毎日ジョギングして体を絞ってきた自分を思い出す・・。
ここで負けてはいけない。
1時間ほど悩み抜いた。
本当に悩みに悩んだ。
が、やっぱり食べにいった。
が、食券販売機の前で、最後の悩み。
そして、ぎりぎりの決断。
こっちの方がまだカロリー低めだろう・・と、結局つけ麺にした。

「大阪のよるぅ〜♪」しゃがれた歌声が有線から響く店内。
「欲望うずまく〜♪」御飯時から外れた時間帯のせいか、客は自分一人。
「ハジキがうずく〜♪」すげぇ歌だな・・とか考えたりボーっとしたりして
待つこと5分ほどで、麺とスープが出てきた。
さすがに、「コッテリ系」を銘打っているお店だけのことはある。
ラーメンのスープの何倍かも濃いであろうそのスープの色は、圧巻。
もはや黒と呼んでも怒られないであろう、よどみによどんだ茶色いスープ。
うつわを揺らしても、お箸でかきまわしても、波も立てず、微動だにしない。
じっと見ていると吸い込まれそうなスープ。
アリンコを一匹落としたら、きっと泳ぐことももがくこともできず、
一瞬にして溺れていきそうなスープ。
まさに、泥のようなスープ。
麺を少しとって、しゃぶしゃぶの時のようにさっと一瞬だけスープの中につけて、食べる。

うまい・・

太めのちぢれ麺にその泥のようなスープが絡んで、
まじ、本当に、うまい。
付け合わせのほうれん草を取って、それも一瞬スープにひたして、食べる。

うまい・・

これは、本当にうまいぞ。

「並」で注文した麺の量は思ったより少なく、あっという間にたいらげた。
水を飲み、スープを見つめる。

「飲んでみたい・・」

欲望にかられる。
左前方、目の前に並ぶ調味料の横のお椀の中には、
れんげが「どうぞ」とばかりに並んでいる。
もはや、抑えられそうにない。
「ダチの野村だったら・・迷いもなく、普通にこの泥を飲むよな・・
そうだよな、この泥みたいなスープをあいつはもう何百回と飲んでるよな・・
でも、死んでないもんな・・だいじょうだよな・・」
またしても、欲望に負けてゆくのか、自分!
「どうする自分!」と自分に叫ぶように問いかけるよりも速く、
まるで止まっているトンボを捕まえる時のように、
すっと左手がれんげに伸びて、するっとスープをすくいあげ、ぱくっと口の中へ。


うまい・・


罪を犯していることを誰かに見られないように、
何もなかったかのように、右手で水を飲む。
あぁ、美味しかった。
本当に、本当に、美味しかった。

・・・っつーことで、今日も走りに行かなきゃ。
れっつらごー!


| 17:03 | CATEGORIES:おいしん坊、万歳! |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2017/05 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------