2011-05-23 Mon
昨日は、染谷俊 One For All ライブ、渋谷でした。
すげー燃え燃えで、熱く熱く、集まってくれたみんながキラキラで、
生きて生きて生きた夜でした。
たくさんの思いを唄いました。
たくさんの思いでこぶしをあげました。叫びました。
たくさんの思いを受け止めたり、感じたりしてくれ、
耳を傾けてくれたみんな、
一緒に生きてくれたみんな、
本当にありがとうございました。
最高でした!
遠くから励ましをくれた皆さんも、ありがとうございました。

今日は、起きたて、体がキシキシ言ってて(笑)、
ロボットのように、コーヒーを飲み、かばんをあけて、
洗濯をしています。
今はスケジュール帳をひろげながら、なんとなくパソコンに向かっています。
少し長くなりそうな、徒然なるブログの予感です。


一昨日の真夜中、10日間にも及ぶ旅から帰ってきました。
音楽の日々でした。
旅の初日は、清木場俊介さんのROCK&SOULツアー、
地震のために延期になってしまった奈良公演でのピアノサポートして立つ
ステージでした。
予定通りの公演であれば、
武道館2daysを最終公演で幕を閉じるであったろうROCK&SOULツアー。
気持ち的にも、とても集中力や強いモチベーションを必要とするステージでした。
どうしても変えることのできないスケジュール的な問題において、
ともにROCK&SOULツアーを歩んできた人たちが数人欠けている状態でもありました。
けれど、リハーサルにおいて、清木場俊介さん本人から、
「もう一度気をひきしめてやりたい」という言葉、
「自分の音楽を待ってくれている人たちがいる」という言葉、
その強さにひっぱられるように、その言葉を胸にステージに立ちました。
一曲目を歌い出し、ワンコーラスを終えた時の、
清木場俊介の、「よしっ」と自分自身にゴーサインを出すようなしぐさに、
自分も、「よっしゃっ!」気合いが入りました。
なんだか、たくさんの想い出があるツアーの中においても、
より強く胸に刻まれるようなライブでした。

清木場俊介さんのROCK&SOULツアーは、その後、大阪2DAYSと続きました。
大阪一日目は、
のちに、清木場俊介さんが、「挑むライブだった」と語ったライブでした。
ライブホールやライブハウスには、「箱鳴り」というものがあって、
演奏した音がホールの壁や天井や客席に反響してステージに帰ってくる音の鳴りのことです。
その鳴りが、良い場所もあれば、悪いところもある。
いや、良い、悪いではなく、たくさんの癖を持っていて、
まるでライブをやっている実感が湧いてこないようなスカスカな音が聞こえる場所もあれば、
反響しすぎてボワンボワンになりすぎて自分たちが何を演奏しているのかわからないような場所もある。
もちろん、気持ち良すぎて燃えて燃えて、演奏も魂も飛翔できるような場所もある。
それぞれの毎日のボクラのコンディションもあるのだろうけど、今回の大阪公演の鳴りは、
自分たちの欲していた鳴りとは方向性の違うもので、
それをリハーサルから修正し、
本番にどれだけ気持ち良く演奏できるかというところを追求しなければならない状態での、
まさに、清木場曰くの、「挑む」を念頭においてのライブだったように思います。
けれど、どんな状態であっても、清木場俊介がよく言葉にする、
「歌を待っている仲間たちがいる」ということこそが真実で、
そこに向かって伝えうる全力の音楽を奏でることが、ボクラには必ずすべきことであり。
大阪初日は、全身全霊のステージでした。
ぶっちゃけ、まじ、ここだけの話し、こんなこと書くのは恥ずかしーっすが、
終わった後は疲れてヘロヘロでした(笑)。
人間、体だけじゃなく、頭使ったり、神経使ったり、・・は、ヘロヘロになるんだなぁ~と、
楽屋でぶっ倒れながら、チャー思った夜でした。

そして、大阪二日目、ROCK&SOULツアー最終日。
ツアー最後の夜になるんだなぁという感慨深い思いがあったものの、
前日のリハーサルと本番を経ての、
まさに清木場の本質というべき、「昨日よりも今日」、「妥協はなし」のリハーサルが始まり、
そうやって歩んできたツアーだからこその、
最高で最強の夜のために向かったライブでした。
楽しさ、真剣さ、音を奏でることの嬉しさや、そこにたずさわっていられることへの感謝、
一曲一曲がくるごとに、いろんな思いがこみあげる夜でした。
本編が終わり、アンコール。
この日のアンコールは、清木場俊介が、リハーサルぎりぎりまで悩み抜いての選曲でした。
最後の最後まで、自分のできることを鍵盤で奏でたいと演奏しました。
そしてダブルアンコール。
左の膝が笑っているのが心地良く(笑)、生ききった夜を生ききれることができました。
清木場俊介さんとも、最高のハイタッチができました。
そして、
ROCK&SOULツアーの幕が閉じました。

今回も清木場俊介ツアーは、たくさんのものを僕に教えてくれました。
学ぶことがたくさんありました。
歌うことのため、その唄を待ってくれる仲間たちのため、
全力で生ききってる清木場俊介の姿に、言葉に表すことのできないくらい、
数多く感じるものがありました。
歌うということがどういうことなのか、
本当に本当に思うところをたくさんもらえた、そんなツアーでした。
音楽をやるということがどういうことなのか、
自分自身でもたくさん考えるツアーであったと思います。

時に、
僕宛に、
「なぜ、唄うたいをやってるのに、鍵盤弾きとして誰かのサポートをしたりするのですか?」
というお手紙をもらうことがある。
その意味が、
僕にとっては、清木場俊介さんとのライブツアーにあったりする。
その意味は、
僕が知っていればいいと思っています。
どんな誤解があろうとも、時々、「その決断において傷ついている人がいる」というような言葉を
もらう時があるけれど、
いつかわかってもらえると思っています。
そういう言葉たちは、時に僕を激しく傷つけるけれど、
それでも、僕は、僕が正しいと思う道を選び、僕自身の音楽人としての成長のために進んでいきたい。
僕が、僕の選んだ道の上で多くたくさん感じたりしたことを、
僕自身の歌や音楽として表現し、
進んでいきたいと思う。
僕の人生なのだから。

話はそれたけれど、
今回も本当に生ききった、生ききることのできた清木場俊介さんのライブツアーでした。
素晴らしきバンドメンバーにも感謝です。
やよしさん、きんちゃん、きむ兄、はじめさん、ますけさん、ブレンダ、ディビット、さゆーり!
まじ、最高でした。
武装戦線を背負ってコンビニ呑みする染谷を横目で優しく笑っててくれて、ありがとー(笑)!
スタッフの皆さんも最高でした!
本当にありがとうございました!
そして、清木場俊介、ありがとう!
本当に、ありがとうございました!!


| 19:04 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-03-03 Thu
314に向けて、かきかき、楽譜書き。
アンサンブルっておもしろい。
第一バイオリンの楽譜と、
第二バイオリンの楽譜と、
チェロの楽譜、
三枚そろって、完全なるイメージの音になる。

一曲について三パートの楽譜書き。
しびれるぜ。
呑んでる暇などない。


ピアノの上にひじをついて、
消しゴムを片手に、
必死に音符を書いてる時にふと思う。

でかくなりたいと思う。
でかくなって、
守りたいものを守りたい。
守りたい人を守りたい。

守りたいものも守りたい人も守れない、
今の自分は、
まだまだ、やわだ。


明日からは、函館だぁ。
大好きなんだ、あの寒さ。

耳をかじられるぐらいに感じるあの寒さの中で、
おれは、何かに気づくと思う。

空を見上げて、
空から降ってくる天使の羽みたいな粉雪をおでこや頬にあびて、
目を閉じて、
こみあげる正直な気持ちに正直にこたえて、生きていこう。


美しく、
美しく、
今、きみは生きているか。


おれは、
どんなに大人になっても、
どんな世界にあっても、
忘れたくない。

おれの、信念を。
それが、
粉雪みたいに、
降るたびに溶けてしまうようなものであっても、
決して、
忘れない。


形あるものや、目に見えるものだけが、
生きてるわけじゃない。


忘れない。


決して、忘れない。
| 22:11 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-02-22 Tue

染谷俊、誕生日前夜祭ライブ、名古屋〜!!

ありがとーございました!!

まったく、
素なまんまな自分で、
やんちゃしまくって、
みんなと燃えまくって、

まったく、
本当に、
嬉しかった!

歌えていること、
たくさんの人が集まってくれたこと、

本当にありがとう!

生きてるっていうど真ん中のようなライブ、
汗かいて、
はーはーして、
こぶしあげて、
みんなの声聞いて、
もみくちゃになって、
頭はたかれて(笑)、
踊って踊って、
ジャンプしまくって、
泣いたりなんかしちゃったりなんかして、
歌って、
伝えて、

本当に、
本当に、
幸せな夜でした。


今年初の、歌。
聞いてくれた、
名古屋に集まってくれたみんな、
そして、
たくさんのエール遠くから送ってくれたみんな、
おれの前夜祭一緒に祝ってくれたみんな、

まじ、ありがとー。
ありがとーなぁ〜!!!

・・今も、にやける・・(^ ^)・・・・


明日っていうか、今日か!
おれ、誕生日、おめでとーぉー!



いくぞ、
無敵の大阪ライブへ、

一緒に、
生きてるってこと、
感じ合おうな!


| 01:42 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-02-21 Mon


命かけてる場所。
自分が「生きている」と感じる場所。
そして、
そこに集まった様々な輩とか、仲間とか、奴らとかに、
体はって、
思いはって、
今の生き様見せて、
マジなちぎり・・・かわす場所。

・・が、
ライブって場所だな、
唄うたいとか、そこに立つミュージシャンたちにとって。



だから、
オレは、
今日のあの瞬間の、あの唄い屋の想いは、
せつないほど、感じれる。
むかついて、あたりまえだし、
むかつくっちゅーよりは、せつなかったんじゃねーかな・・と勝手ながら・・思う。

聖地の場所にて、
それけがされる行為を目の当たりにしたら、
オレは、
きみは、
どうするだろうか・・・





けじめとして、

一つ、

今日という日を、
きちんと提示したかったんじゃないだろうか・・
と、
オレは思う。

申し訳ないけど、
一個人として、
感じたことを綴りました。



けっして、
後ろ向きではなく、

あやまちは、あやまちとして、
感じ合えたり、
とらえあえたり、
そういう場所って、

今の世の中で、
あんま、ねーじゃん。

ごましかしたり・・
目をつぶったり・・
そんな自分に腹立てながらも、
それ繰り返したり・・・


だからこそ、

オレは、

今日のライブの、
もっちろん、
熱さとか、
感じ合ってるあの感じとか、
最高!最高だったけど、


清木場俊介ならではの、

納得いかねーことはいかねー、
流せねーことは流せねー、


・・のイズムは、

わりー、
オレ個人の意見だけど、

素晴らしかったと思う。

同じように、
今日の、
静岡ライブ、
すっげー熱い人たちでいっぱいだったあのライブ、
素晴らしかったと思う。
燃えた!すごかったよな〜!


間違ったことは正せばいい。
そして、もっともっと、
すっげー場所になるんだろうな・・・・と思う。

とにかく、
本当、
静岡ライブ、
色々な思いに溢れ、

また、チカラ、漲りましたぜぇ!!!!


・・・っちゅー感じに溢れつつー、

1人、
新幹線こだまにて、
名古屋に参上、染谷俊。


明日から(今日!か!)、
怒濤に、
かましまくりの日々が始まります。


やるぜ〜
なめんじゃねーぞ、


オレ、ついに参上、
染谷俊だぜ。

まずは、
名古屋、打ち上げ花火で、夜空を染めまくりにしたいと思います。


| 01:12 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-02-17 Thu
完全燃焼の一日。

良い事柄も、あった。
せつない事柄も、あった。

良いことだったことは、
明日へのバネにしよう。

せつなかった事柄は、
次回への反省点にして、
修正して、
今回得られた学びにしよう。


さすがに寝みー。
おやすみなさい。


妥協という言葉は、
俺の辞書には死んでも載せたくない。

妥協せざるを得なかった現実は深く受け止めて、
全てを一から建て直すしかない。
悔しさと、せつなさを無駄にはしない。


とりあえずは、
妥協という現実を、
エンジニアブーツでぐしゃぐしゃに踏みつけて、

明日へ進め。
| 00:55 | CATEGORIES:熱き日々 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------