2018-07-29 Sun

自分て、面倒くさい奴やなと思う。
あーだのこーだの、波打つ心情に、マジ、うぜぇと思う時がたくさんある。
そのたび、
こんなオレに色々と想いを持って接してくれてるまわりの人たちがいるんだなぁと、
自分で自分が情けなくなる時が多々。だな。
マジよ。
ほんと。
隣で蕎麦をすする音にも、
隣で溜め息ハーハーついてる奴にも、
苛立つ自分が嫌になる・・・そんな日々がたくさんありすぎる。


いきなり話しは変わるけど、
今夜は、本当に素晴らしい夜だった。
サポートメンバーとして、ともにステージに立つ人間として持っちゃいけない感情かもしれないけど、
今夜の京都の清木場俊介ステージには、心がいっぱい揺れ動かされました。
唄も、
そして、会場の皆さんへに向けての姿勢にも。。。です。
最後には、鳴り止まない拍手。
その会場全てを包んでいた、そのものに、本当に本当に感動しました。


火照った気持ちはさ、なかなか、おさめられんから、
台風が近づく風吹き荒れる街へ、カランコロンとひとり、出た。
そういえば、高知の夜もこんなだったな。
疲労と充実を抱いて、ホテル部屋にそれぞれ帰っていった一同を背に、
オレは、ひとり、街へ出た。
・・っつっても、コンビニで缶チューハイを買って、
街の片隅の交差点に腰かけて呑んだ・・そんな夜だったけど。
でもね、
そんな夜のことほど、覚えてるもんで・・。
あの夜は、生暖かな風が、何かをオレに語りかけてくるようだった。
空には、星ひとつ。
「おまえもひとりか」と心が呟くけれど、その言葉は寂しい響きではなく、優しい響きだった。

今夜も、そんな夜だった。
コンビニのタイヤ止めの前に座り込んで呑む夜。
たまに、目の前を通り過ぎる4、5人の男女たちの目がオレを居心地悪くさせたけど、
自分にとっては、結局、そんな眼差しはどうでも良かった。
さっきまでのステージの熱、そして、「これから」を夜空に語りかけながらの、そんな夜。
ひとり、楽しかった。
ひとり、誇らしかった。
台風が近づいてるなぁという強い横風さえ、自分の友達のように思えた。



日々は続く。
寂しいけれど、
もう、今日は、さよなら・・なんだ。
だから・・

もったいなく過ごしちゃダメだよ。
自分が正しいと思う事、精一杯、がんばらなきゃダメだよ。
笑顔でもいい。無表情でもいい。しかめっつらでもいい。
そんな見てくれはどうでもいいんだ。
心に真実があればいい。


そんなこんな、
今夜も、飲み干した缶カラを思いきり夜空へ投げ捨てたくなった。
大通りに向かって、立ちションベンを撒き散らしたくなった。
大声で、今日の充実を叫びたくなった。
「つまらない大人にはなりたくない」と歌いたくなった。

な、
単純なんだぜ。
自分で、自分を楽しめ。
誇り高く。どこまでも自由に。
そして、
ヒトは、巻き込むな。
自分で楽しんで汚したもんは、自分で片づけて拭けっ・・・ってなもんよ。


さて、寝るかな。

sleepy。




オレは、もっとがんばりたいな。

どうなるかもわからないけれど、
ミライっていうものに、自分がやるべきこと、変えていけるべきことがあるならば、
自分自身に、「どうなるかわかんないけど、オレ、がんばるよ」って言ってる奴でいたい。


ありがとう。
2018年7月28日。
おやすみ。




| 01:40 | CATEGORIES:夏日記 |
2008-08-19 Tue
「なーぎさに〜白いぱーらそるぅ〜、こーころは〜砂どけーいよぉ〜♪」
なんて歌いながら、どっかの海にでも行って、
砂浜で寝っころがりてぇーなぁ〜・・という空でしたが、
相変わらずの籠りん。5日目ぐらいか、こんな日々も・・
・・なんてことを思いながら、ちゃかちゃか机の前にてやってたら、
いきなり、お土産を届けにチャッピーがやってきてくれた。
嬉しーですわー(^ ^)/
仲間が元気な顔見せてくれるってだけで、元気になれたりしますね。

さてさて、
一気に買い込み、一気に漫画を読みました。



『20世紀少年』。
相変わらずの、ジェットコースター・ムービーと、入り組んだパズルのような
ミステリー小説と、人間の深層心理を描くヒューマンドラマをミックスしたような、
この、さすがの浦沢直樹氏の漫画。
「漫画だーねー」なんて軽々しく言えないっす。
深いわー、緻密だわー、・・で、頭使うわー。
しかし、
全巻読み終えたところで・・「?」。
もしかして、この先に続くシリーズがあるのか!?ってなことを思い、
ネットで調べると、

『20世紀少年』1-22巻+『21世紀少年』(上)(下) 全巻

と、ある。

そうなのか〜?

・・ということで、
まだ、もうちょい、浦沢直樹先生に翻弄される日が続く・・
| 20:19 | CATEGORIES:夏日記 |
2008-08-16 Sat
DVDの整理をしながら、何気にオリンピックを観た。
水泳の中村礼子さんの言葉つまる姿に、目尻が熱くなった。
卓球女子チームの抱き合う姿にも、ぐっときた。
レスリング選手の拳を突き上げた後の瞳の光に、拍手が溢れた。
新しいアルバムの中にある、『オリオン』が聴きたくなって、聴いた。

お腹が減って、ふらりと外出した時に通りがかった歩道橋の上から、
夏が見えた。



焼きそばとおでんを買ってきて、缶ビールを飲んだ。

そんな一日だった。


| 23:43 | CATEGORIES:夏日記 |
2008-08-11 Mon
名古屋城の夏祭りのイベントステージにて歌いました!



黄昏時のステージ。
本当に気持ちよかったです。



「そめや〜!」とかけ声をかけてくれた人たちもたくさんいました!
ふらっと歌を聴きにきてくれた人たちもたくさんいました!
たくさんの拍手、耳を傾けてくれた方々、
本当にありがとうございました!
気持ちよかった!
また、歌いたいなぁ。

夜は、
このライブイベントに誘ってくださったサワダさんが、
「泊まってけよぉ〜!」と、
温泉宿を用意してくださって、温泉満喫させてもらいました!
感謝感謝です!
イエィ!!




マジ、本当、素晴らしき一日!
| 23:35 | CATEGORIES:夏日記 |
2008-08-07 Thu
行ってきました!撮影!

夜明けの街を横目に、


湾岸通りへの橋を渡り、


雲の向こうを目指して高速を飛ばし、


いよいよ太陽が僕らの姿を見つけて、


「何が始まるんじゃ」と雲の連中も空の彼方に集まる頃、


昼顔たちがはしゃぐ道を行けば、


そこに現れる、海。


まだまだ人気のない砂浜と語らう麦わら帽子のおじさんを横目に、


浜辺に佇む休憩所には、


僕を待っていたピアノ。


一発気合いを入れつつ、


サンダルを脱ぎ捨てれば、


浜辺のど真ん中にピアノ登場。


まるで見学にきた親子連れのようなゴミカゴを前に、


夢中で波音に酔いしれながら、カメラの前で歌を歌っていました。


気づけば、あっと言う間に撮影は終わり、
街に出れば、
爽快な夏が始まっていた午後。


| 16:10 | CATEGORIES:夏日記 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018/11 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------