2019-04-10 Wed

染谷俊デビューシングルは、この日。
1993年4月10日。
スタッフの方々や、自分自身の中で、
「アルバムデビュー4月21日がデビューだ!!」なんて、
あの頃、盛り上がってたからね、そして、
デビューライブもあったりで。

でも、染谷俊、
世の中に顔出し、歌出ししたのは、
確かに、
何十年も前の今日なんだ。

メッセージや、コメントや・・
ありがと。
本当にありがとう。

そして、
何十年も前の自分も、肩をすぼめながら、喜んでるよ。
「何十年経っても、祝ってくれるんだな」なんて、
スカしながら。。

あいも変わらず、
今日も、次の染谷俊に向かって、
いろいろとやっている。

なんて、
幸せかっ。

新曲、
『カムバック・ヒーロー』の最後のフレーズが、
脳内連呼。
です。
明日へ向かって、
おやすみ。に向かう。


『カムバック・ヒーロー』歌詞から抜粋・・・・・・・・

“オレは消えないぜ
オレはやられないぜ
やられても 立ち上がるぜ
不滅だよ カムバックヒーロー

どこかにきっといるぜ
必ず やってくるぜ
ずっと そばにいるぜ
やばいだろ ready ! カムバック ヒーロー”


| 23:30 | CATEGORIES:I appreciate it |
2018-12-31 Mon

いい自分も、悪い自分も、どちらも自分。
それを忘れずに、
ずっとずっと、途上の人でありたい。

2018年というこの年が終わり、
2019年という次の年が来る、
その区切りの線の上で、

ありがとうと、さよならと、またここからと、
まっさらな新しいノートをひろげて文字を書き始める時のように、
心から零れ落ちてゆくものたちにしっかり気づいて、しっかりすくって、

一言葉、一言葉、
一行一行、
真っ白な紙に綴り残していくように、
そんなふうに生きていけたらいいな。。。

そんな新しい気持ちで、自分、始まっていこうと思います。


2018年。
ありがとう。
さよなら。
またここから。




| 23:40 | CATEGORIES:I appreciate it |
2018-04-01 Sun

デビュー25周年に向けてのツアー。
昨日は、宇部。
集まってくれたみんな、本当にありがとう。
25年を振り返ってのライブで、想い、重い、そんな歌たちのライブだったけど、
最後まで、心向けてくれてありがとう。ほんと、幸せもののシンガーソングライターです!!

昨日もライブで話したけど、デビューの頃、この宇部で歌うこと・・想像さえしてなかった。
音楽の世界という大海原、小舟のようにさすらい、歌い、流れ、いろんな街で歌い、鍵盤を奏で、出逢い、この宇部の街に出逢えた。
この街との出逢いのきっかけは、サポートとしてステージに立たせてもらった、”清木場俊介”だった。
サポートを始めた頃、キヨキが自分を宇部に招いてくれた。
その時、ライブハウスの店長さんや、街の仲間たちと出逢わせてくれた。
そして、またひとつ、自分の歌う大切な場所を見つけた。
振り返れば、込み上げる想いが今もある。
25年歌い続けてきて、いろんな出逢いがある中で、宇部との出逢いは本当に本当に大切な出逢いのひとつであり、
大切な足跡がここにある。
そこで、昨日も歌えたこと、みんなと生きれたこと、本当に嬉しかったです。

昨日は、清木場俊介もライブに来てくれた。
そして、歌について語り、今までの歩み、これからの歩みにについても熱く語った。
最高の夜だった。
そして、
自分の25年目の始まりの門出となる、5月5日の渋谷クワトロのステージに駆けつけてくれる約束をしてくれた。

清木場俊介のサポートとしてステージに立たせてもらってから、この年で10年目になる。
25年の中の、10年。
とても深い10年だった。
たくさんの経験をし、たくさんを学び、たくさんの笑顔をもらい、かえがえなき涙も流した。
その10年をくれた清木場俊介が、自分の門出のために歌いにきてくれる。
本当に言葉にならない感謝が溢れます。
自分の歌人生、
それを続けていくうちに出逢えた、音楽で生きていくということへの学びのために必死にやってきた経験と学び、
それを、5/5は、全力、出しきれたらと思います。

染谷俊として歌う。
染谷俊として奏でる。
染谷俊として生きる。

本当に、オレは幸せものです。

みんなからの愛や支えに恥じない自分で、
これからも生きていこうと、
本当に思う、
この染谷俊25年目の旅です。


| 11:36 | CATEGORIES:I appreciate it |
2017-04-08 Sat
昨日は、我が同級生、馬場ちゃんの誕生日ライブだった。
馬場ちゃんはたくさんのアーティストのアレンジャーだったりプロデューサーだったりプレーヤーだったり。
自身も歌を書き歌うマルチな才能を持つ音楽家。

昨日は、そんな馬場ちゃんと出逢ったたくさんのミュージシャンやアーティストがステージに立って、
馬場ちゃんとともに音楽を奏でる誕生日ライブだった。
自分も一曲歌わせてもらった。

色々な方が立つステージを客席で眺めていたら、じーんとくるものがあった。
そこには、今日まで歩んできた馬場ちゃんの道があり、約束があり、決意があり、足跡があった。
彼と出逢ったのは18歳の頃。それから彼はずっと彼の音楽人生を歩んできたわけで、その人生はもう30年、
いや、その以前からきっと目指してきた日々があったであろうことを思うと、ここまでの道のりは本当に長く、深い。
一歩一歩、ひとりの人間がひとつの何かを目指して歩み続けた姿が昨日のステージにはあって、
その人が作り続けた色とりどりの音楽があった。

とても素晴らしい夜だった。


以前、馬場ちゃんとは同じ事務所に所属していて、その事務所のプロデューサーが還暦を迎えるとのことで、
その方へのビデオメッセージを撮影するということも楽屋裏ではあった。

その方は、自分がふらふらとこの先どうなることやらわからない頃、自分を拾ってくれた人。
自分の恩人。
その人へのビデオメッセージを話していたら、色々なことが蘇った。

その人が教えてくれたこと。
情熱があれば、どんな逆境にも立ち向かっていける。
知恵があれば、手元に何ひとつ残ってない時だって、そこから何らかの道を切り開いていける。
そして、動くこと。動きながら考えて、また動くんだっていうこと。
他人が動くから自分の人生が動くんではなくて、自分が動くから他人が動くんだってこと。


一夜明けて、
本当に昨日は素晴らしい夜だった。
新しい目覚めのような今朝。

感謝だ。
| 12:13 | CATEGORIES:I appreciate it |
2016-12-24 Sat

2016年12月23日。
SHUNS CAFE 10周年!

昨夜は、毎年恒例になってきた、染谷俊のSHUNS CAFE ライブ!
この季節がきたーーーー!になる夜。

飲みながら、ワイワイしゃべりながらの3時間にもおよぶこのライブ。
本当に自由にやらせてもらい、本当に本当に楽しいんだ。
そこにみんながいて、あったかくて、幸せすぎる夜。
昨日もそんな夜だったよ。
みんなの笑い声、歌声、手拍子、その全てが自分を幸せにしてくれる。
ロウソクの灯火を囲んでのパーティーのような時間。

かけがえない時間を本当に本当にありがとう!!

昨夜は、ピアノの上のシャンパンの蓋が突然飛んだり(笑)、
負傷があったり・・とハプニングも多く、
やっぱり、10周年という記念の日には、何かが起こるらしく(笑)。
血とかを見るのが苦手な方たちもいるだろうに、
ああいう失態を見せてしまったのは、本当に申し訳なく思います。
ゴメンーー。

昨日のMCでも話したけど、
来年からもまた、10周年を越えて、
このSHUNS CAFE、やり続けていきたいと思っています。
今まで何度も来てくれたみんなとも、
昨日初めて来てくれたみんなとも、
行ってみたいなぁと思ってくれているみんなとも、
ずっとずっと、あったかなクリスマスな時間を過ごしていけたらと思います。

また、あの場所で逢えること、楽しみにして、すごしていきますー!

さぁ、
明日は、清木場俊介さんの今年最後のステージ。
クリスマスコンサートWHITE ROCK!!

素晴らしい夜でありますように。
たくさんの幸せがみんなに降り注ぎますように。

| 17:07 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019/07 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------