2011-06-05 Sun

明日は、いよいよ『One For All』 ツアー最後の最後。
追加公演としていただいた横浜弾き語りのステージです。

札幌ライブから帰ってきて、
次の日テレビのほうで歌わせてもらい、
次の日またまた詩やらなんやら書いていたらあっと言う間に日が暮れ、
そして、いよいよ明日のライブ。
なんか、ずっと、
歌に向かっての心が続いていて、
そのままのテンションで明日を迎える感じ・・ですな。


札幌は濃かったです。
フェリーに揺られて夜中に札幌に着いた次の日は、さすがに体がしびれて延々と眠り、
夕方に目覚め、シャワーを浴びて、逢いたかった音楽処の石川さんに逢いに行きました。
「そんなに会ってなかったかなぁ〜」と、月日を数えるとやっぱ、そんなに会ってなかった・・
けど、
逢えば、全然変わりなく、
今一度、
オレもふんばって前へ前へと進んでいこうと思った日でした。
やや肌寒かった街を闊歩しながら、気持ちは上向き、向き・・


そして、翌日の札幌スローハンド、本番。
「歌ったなぁ」という夜でした。
語りながら、弾きながら、
集まってくれた人たちや、待っていてくれた人たち、
初めて自分の歌に耳を傾けてくれた人たちに囲まれ、
歌いました。
以前北海道に来た時に通りすがりの人たちの前で歌った小樽でのライブの時に
感じたことを歌にした歌を、この北海道でお披露目できて、嬉しかったぁ。
あたたかな手拍子も嬉しかった。
そして、
しーんと、歌の世界にともにみんなで生きるような、澄んだ時間を感じれたこともとても嬉しかった。
本当に本当に、嬉しかった・・という夜でした。
ありがとうございました。
いいな。やっぱ。
本当、いいです。
あの街のライブの温度。

みんなに逢えて、本当に良かった。

ありがとうに包まれた一日でした。


ライブ後は、
その日のライブをともに盛り上げてくださった対バンのテラダさんやその表現集団の皆さんや、
今回の北海道のライブもともに制作してくださったハチさんらとともに、
呑みました。
東京スタッフは一足先にフェリーで帰り、
もちろん青森で別れたバンドメンバーもいないなか、
染谷俊チーム1人参加のささやかながらの打ち上げでした。
染谷俊の歌への客観的な思いもたくさん聞けて、おもしろかったー。
みんなみんな熱くて、すごく気持ちいー夜だったなぁ。
オレはと言えば、気持ち良すぎて、日本酒の利き酒セットなる物にまで手をのばし、
その後、しまいには薦められるがままに燗酒をカニの甲羅に入れてイッキに飲み干すという行為にまで至り、
夜空に向かって意味不明な雄叫びをしそうなぐらいの盛り上がりを1人見せたのでした。
(さすがに、すすきのの街では○○しなかったよん)。


旅から帰り、
翌日はTVKの生放送番組『ありがとッ!』にて、歌わせてもらいました。
フルで8分以上という曲の長さがさすがに生放送番組的には長くて(笑)、
トーク部分は急遽カットカット・・でしたが(笑)、
スタッフの皆さんが、
「歌を歌う」「歌を伝えたい」という思いに真摯にこたえてくださり、
ノーカットのフルバージョンでのライブ演奏でしたー。
とっても充実した時間でした。
まだ未発表の曲だというのに、
わざわざ事前に、ブログを参照に歌詞のテロップまで作ってくださいました。
「いや・・もしかしたら、歌詞、その場の思いで変わっちゃうかもしれないすよ・・」と自分の
ほうが結構尻込みしてたんだけど・・・
・・なんか、その、「歌」にこめた思いを真摯に一緒に伝えてくれようとする気持ちが、
本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!!


そして、初めにも書いたけれど、明日が、
『One For All』 ライブツアー、
最後の日です。

全国をまわり、
たくさんの人たちとの出逢いがあり、
本当に、いっぱいを感じることがあったツアー。
その中で書き綴った新曲たちも含め、
歌いたい気持ちのまま、
明日、
歌いきりたいと思います。

たくさんの人たちに、しっかりと思いが届き、
ともに感じ合えることができるように・・・

ゆきますぜ!


| 22:48 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017/10 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------