2011-06-07 Tue
『One For All』ツアーが昨日の横浜で終了しました。
たくさん集まってくれたみんな、本当にありがとうございました!

言葉やメロディーとして想いをこめた歌を、
・・・歌う。

その思いでステージに立ちました。
あるがままの自分で歌いきったと思います。

たくさんの拍手や、ともに響かせてくれたみんなの声、
本当に嬉しかったです。
大きな大きな、
忘れることのない1ページを描いた夜でした。


ツアーの途中途中で、
このブログにおいても、日記のように思いやその時の出来事を綴ってきました。
たくさんがあったツアーでした。
たくさんを学んだり、見たり、感じたり、
そこから僕の中に生まれたたくさんがあった、
そんなツアーでした。
ツアーとともに現在進行形で生まれていった歌たちもありました。
それらは、このツアーで出逢えた風景や人々、みんなとの足跡なのだと思います。
僕にとっての、決して誰にも渡せない宝物。
大切に。
大切に。
形にしていきたいと思います。


南から北まで、
たくさんの街の風景の中で、
たくさんの人たちの出逢いの中で、深く感じたこともありました。

みんながそれぞれ、それぞれの感情を心に持って、生きているということ。
それを、
他の誰かがこじあけて見ることはできないということ。
けれど、
その喜びや悲しみや寂しさやせつなさというものを、

本当は本当に、
感じ合えるということ。
伝え合えるということ。

本当は本当に、
互いを思い合えるということ。

そこから、
また新しい一歩が踏み出せるということ。


深く深くを経験したツアーでした。
だからこそ、

もっともっと感じよう・・と思った。
もっともっと、人の心を感じよう・・と思った。


いつのまにか、
人は、
1人1人、
例えば、
僕に対していえば、
僕は、僕の目しか持たなくなる。

でもそれは、
時に、
世界を一色に染めてしまう。

それぞれの人たちがそれぞれの目を持っているということ、
それぞれの人たちがそれぞれの心を持っているということを、
決して忘れてはならないし、
そんなたくさんの目や心を持って、
風景を感じたり、見たり・・・

僕はしたい。



長くなったけれど、
多くをいただいたツアーでした。

この時代に、ツアーという真っただ中で生きれたことに、感謝をします。

出逢えたみんな、
遠くからその瞬間に溢れた思いや声援を届けてくれたみんな、
本当にありがとう。

ともに、
真っただ中を生きてくれたバンドメンバーや、
疲れた体にムチ打って染谷のステージを制作してくれた染谷スタッフにも、
本当に心から感謝をします。
それぞれの街で、染谷のステージを準備してくださった数多くのスタッフの方々にも、
心から感謝です!
ありがとうございました。


今は、
やりたいことが溢れている状態です。
そして、
やらなければいけないなと思うことも溢れている状態です。

今日からまた、
風を切るように、
新たな風景をしっかりと見つめながら、
走っていきます。


『One For All』。
僕が、全てのためにできることはなんなのか。
僕が、みんなのためにできることはなんなのか。

それは、果てしない問いかけだけれど、

やっぱり、

僕にしかできない何かがあると確信しています。

それをこれからも問いかけ、
僕という僕自身を見つめて、

問いかけから生まれた生き様を、
僕らしく、
歩んでいこうと思います。


本当に、ありがとう。
2011年『One For All』ツアー。


| 13:28 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------