2011-01-24 Mon

16日の旅から帰ってきた。

窓から見えるひさしぶりの東京の空。
灰色の空だけど、今日は少し愛おしく感じる。


「自分に何ができるのか」を追いかけた日々だった。

そこに立ってみなければ、見えない景色がある。
その瞬間と向き合い生きてみなければ、感じられないことがある。

そういった数々にたくさん出逢えた旅だった。

それらは、自分のこれからの道の上で、宝物になっていくだろう。


また新たな気持ちで日々が始まる。
けれど、
「自分に何ができるのか」を追いかけていく気持ちに、ゴールはない。


雲に覆われた空の向こうには、たしかに光を放つ太陽がいる。
そこから優しく、呼んでいる。


| 15:41 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-01-19 Wed
キーボードサポートやらせてもらってます、
清木場俊介ROCK&SOULツアー、
いよいよ、今日から怒濤の九州ツアースタートです。

音楽の中で生きている時が、本当の楽しい、生きてる・・
そんな日々です。
沸き上る緊張感と、溢れかえる達成感。
だからこそまた描く未来のイメージ。
音楽の中で、あぁ、こんなに生きれるんだ・・と、
そう感じさせてくれる、そんなツアーです。


東京を出て、旅は10日目。
途切れない毎日の中で、自分自身で浄化しきれないこともある。
勝手に何かを抱え込んでるアホな部分。
昨日は、そんな自分のアホたれな部分と向かい合って、ずっと部屋で過ごした。
考えこんだり、自らを罵倒したり、野狐禅の歌の中にあるように頬にびんたをしてみたり。
たくさんを自答して、シャワーを何度もあびて、アホたれの自分を排水溝に洗い流した。
今日は、自分の目を取り戻した感じ。


あらためて、気合いを入れて、がんばっていく。


| 12:48 | CATEGORIES:熱き日々 |
2011-01-15 Sat
ステージで鍵盤弾かせてもらってます・・
清木場俊介『ROCK&SOUL TOUR 2010-2011』・・
熱く続いてます。
今さっき、びわ湖ホールでの公演が終了し、街を移動して、ホテルに着きました。
今日も、すごく、すごく、熱いライブでした。

年が明けてからは、愛知での2days、そして、今日の滋賀での公演。
当たり前だけれど、それぞれのライブ、違う彩り、色合いをしている。
歓声、ともに歌う歌声、こぶし、拍手の響き・・
その、それぞれが、それぞれの色を残したまま、色とりどりに胸に染み付いていくような日々です。

ライブ本編においてもその彩りが毎日毎日違うけれど、
そこに向かうステージ上でも、毎日毎日、一瞬一瞬、いろんなことが起こっている。
感情においても、音の響きにおいても、
本当にいろんなことが起こっている。
毎日の空の色が違うように・・。
毎日の、僕らの心が違うように・・。

・・音だけに焦点をあてても、そう。
それぞれの街のホールによって、客席で聞こえる音が違うように、
ステージ上で聞こえる音も違う。
音の跳ね返りがあったり、音が吸収されすぎる場所があったり・・
歌ってる声が跳ね返ってきてグシャグシャになるように聞こえる場所があったり、
歌っても歌っても自分の声が聞こえないような場所があったり・・

そんなような「何か」と対面しながら、闘ったりしながら、
唄い屋清木場俊介はリハーサルに望み、本番、「仲間」たちに本当の思いを届けるために、
本当の歌を届けるために、ステージにて、全力を尽くす。
もちろん、
おれ含め、熱っついメンバーも、熱っついスタッフも、そこに向かって、立ち向かってる。
そんな毎日が、おれは、最高に好きだし、最高に熱いし、最高に学ぶことがたくさんある。

リハーサルで問題が解決して、最良の音のまま、本番を終えることもある。
リハーサルで問題が解決したのに、本番になって、音が変わってしまうこともある。
リハーサルで問題が解決しないまま、「それでも越えてやる」という気持ちで、
本番に望むこともある。

本当に本当に、毎日が違う。

それでも、
「仲間」たちに本当の思いを届けたいと歌う唄い屋の横顔・・
必死な横顔・・
それが、今日もたくさんたくさんあったのだけれど・・
それを見つめながら、
溢れ出すそのマジな思いと姿を感じながら、

おれは、おれなりの何かをしたいと思う。

チカラになんかなれない日もあると思う。

けど、

おれはおれなりの何かをしたいと、いつも思う。

それが、
清木場俊介の後ろで鍵盤奏でるおれの誇りでもあるし、
おれがおれ自身に誓った約束に向かっていくことだと思うから。




考えたりすることもたくさんあるし、
激しすぎる思いに揺れることもあるけど、
ぶっちゃけ、
マジで盛り上がってる日々です。
年明けから、
こんな熱いステージと熱い音楽の中にいる自分、
幸せですわ。


今日も、本当、
深い一日だった。
歌うチカラ、
生きるチカラを・・
ステージの後ろ側からも見せてもらった・・
見ちゃった・・
そんなライブだった。

すげー、一日だった。

なげー、
長げー、
文章になってきたけど、

今こうして、
バスに揺られて夜中ホテルに着いても書きたかった思いががんがんあった一日だったから。


ありがとうす。
いい一日だったです。

明日も、今日に負けずに、
生きたい。

熱く、かまそうぜ。
| 01:27 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2011-01-09 Sun
準備、充電の日々は終わり。 新しくスタートさ。 一日一日、自分なりのゴールを掲げて走ろう。 昨日より今日。 今日より明日。 なりたい自分が、そこで待っている。
| 11:03 | CATEGORIES:ステージへの道 |
2011-01-03 Mon
2011年、明けましたね。

新たな一年に変わったのだけれど、
自分の胸の中には2010年から2011年にまたがる大きな橋があって、
まだまだゴールの号砲の音など聞こえてこない。
『THE 継続』という名のロードの上でふと足を止めて、
頬が引き締まる北風を感じながらの新年の日々。
おかげで、初夢も、見慣れた人たちが続々と出てくるライブ現場の夢だった(笑)。

2010年の濃密な日々については、メールマガジンに綴らせてもらいました。
もう、多くを語ることはない。
その日々を、自身の中で未来のこやしにできればいい。

新たな年を迎えて胸の中に流れる川っぺり・・、
岸辺にひっかかってゆらゆらと揺れるプラカードに書かれている言葉は、
「誠実さ」という言葉。

新年は、あらためて、誠実さを持って、生きていきたい。

仕事に対しても、
ダチらの中にあっても、
出逢えるたくさんの人々の前にあっても、
創作においても、
表現においても、
伝えるということにおいても、
考えることにおいても、
ひとつひとつの行動においても、
悩むことにおいても、
鍛錬においても、
遊ぶことにおいても、

ハンパなく、
適当にではなく、
から返事などでごまかさず、
ださい言い訳なんかに逃げず、

自分自身が、「かっこいいな」と思う生き方を裏切らないで、
やってこう!と、強く強く思ってます。

なんか、すごくすごく、今年が楽しみでしょうがないです。
はーやく、コーイ、コーイ、2011年の日々♪。
and、
かかってこいや!2011年!!

・・んな、気分満載です。




元旦と昨日は、
お餅を食べ、輩と酒を呑み、デッドマンのように夕方まで眠りまくり、
そしてまた親友等と酒を呑み、今年の抱負などを熱く語り、
誠実に休養しまくり(笑)ました。
完全なる充電と、いろんな語りをしてトキメキをむさぼってる感です。
今日はひさびさ、地元の奴らとの再会があったり、ですな。


こうして言葉を綴っていても、血が騒いでるハート。
轟くエンジンふかして、
もうすぐ突っ走り始めるんで・・・

( ^ ^ )// !!


| 11:26 | CATEGORIES:熱き日々 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2011/01 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------