2011-06-22 Wed
週末はエレカシのライブ、行ってきた。
1st から3rd ぐらいまでのライブは相当行ってた。
大好きだったなぁ。
『ファイティングマン』とか『珍奇男』とか、震えるぜ。荒ぶるぜ。
そして、
今も変わらず、エレカシは、超パワー全開だった。


二階席のど真ん中、ステージと対峙するように、歌を聴き、その姿を直視した。
そして、その歌を聴き、その姿を見て、たくさんを考えた。
自分に対しての問いかけが溢れた。
生き方、生き様、夢、目指す場所。今オレが立っている・・その姿。
たくさんを考える時間だった。

最後あたりの歌で、あの頃を思い出した。
バイトして、そのまんま練習スタジオ行って、
バンドメンバーとバカ話とか説教とかしあって、
音出して、超疲れーの、でもヘロヘロのまんまコンビニ行って、
エロ本立ち読みして、
腹減ってるのに飲みもんぐらいしか買えずに、ガードレールの前に座って、
溜め息と笑いと愚痴と相も変わらずの夢を、エンドレスでループして、語ってた。
あいつらとも、渋公のエレカシ、行ったっけなぁ。
やりたい放題のミヤジ見て、興奮してたあの夜。

あれから、どれくらいの時が過ぎたろう。
ずいぶん・・だけどな、
やっぱり、
オレには、まだ騒ぐ血が、この体にある。
騒がせてくれる音楽もすげぇって感動したけど、
この体内にまだその血があることにも興奮し、そして、
なんだか、それがまた痛かった。

その血に反して、「大人の顔をして、なにやってんだかな、お前・・」
そう、自分に問いかけた夜でもあった。


一生懸命に生きられたら・・と思う。
一生懸命ってなんだ?・・・っていうような意見は関係なく、
自分で、本当に、そう、生きれたらと思う。

今日は机にへばりつき、楽譜とにらめっこの一日だったけど、
そんな日にも、そう、思う。
どんな場所だって、どういう状況だって、
一生懸命に生きれたら・・・と思う。

目標や指針は、この胸にあればいい。
それに向かって、どう、自分が生きるか・・だ。

だから、

それを、本当に、持とう。
それを、揺るぎなく、守ろう。
そのために、闘うことが必要なら、闘おう。
そんな気持ちを抱いて、
あの頃のコンビニ前のおれらと会って、話しがしたいな。
「ばっかじゃねーの」とか言って、ケリとか入れ合いながら、
話しがしたい。


太陽が沈む前あたりの時間に、走った。
背中から夕日があたって、足下にのびる自分の影を追いかけるように、
車道を走った。
帽子から汗がしたたり落ちて、何度も顔を両手で拭いながら走った。
走ってる時、
なんか、
「あぁ、これが真実だなぁ」・・と思った。


ボクは、今も、自分を追いかけて、走っている。
いつも、少しだけ先だったり、遠くに行ってしまいそうだったり、
そんな、
その先の自分を追いかけて、走っている。

あぁ、それが、真実だ。

まだ、この足は止めることはできない。

「ばっかじゃねーの」。

・・だよな、

あったりめーだ。


| 00:33 | CATEGORIES:スケッチ |
2011-06-18 Sat
帰ってきた。
痛てーな・・と思ってたけど、
靴下を脱いだら、左足の薬指の裏がずるむけてた。
ラバーソウルを履くのも大変だ。
今日は、これで、あっちこっちを歩いた。
でも、
気持ちは、とても晴れやかだ。
っつーか、この時間なのに、まだ胸が熱い。
どくどく言ってる。
微熱が続く?
そんなもんじゃねー。
どくどく言ってるぜ。


昼間っからスタジオに入っていた。
買ったおにぎりを食べるのも忘れて、作業に集中した。
描くイメージへ。
やるのは、それだけだ。
ただただ、やるやる。
楽しかったぁ〜。
そして、イメージは形へ。
まだまだだけど、
オレの頭には、空に溶けてゆく音たちが見えている。


その後、
新宿の喧噪の中へ、ライブを観に行った。

最高だった。

そこには、
まだまだ届かない夢があった。
けれど、未来の夢の姿があった。
そこに必死に手を伸ばす姿があった。
叫びがあった。
命があった。
有り余るほどの生きる姿があった。
ありのままに生きる姿があった。

がむしゃらで、
無様で、
汗だくで、
ぼろぼろで、
必死で、
バカで、
アホで、
最高で、
愛しすぎて。

決して整ってなどいない。
決して定まってなどいない。
でもな。
美しかった。
まじ、美しかったんだよ。

あれだよな〜。
やっぱ、
あれなんだよな〜。



ロックンロールが、すべてに見えていたあの頃。
それが、蘇った。
そうだ。
それしかなかった・・あの頃。


客席の人たちも、美しかった。
キラキラに輝いていた。
伸ばされる手も、
つきあげられるコブシも・・

やばかったな。
っつーか、
やばいよ、やばいよ。

今も、ほら、
ドクドクだ、オレの胸。
そして、
オレの夢。
どこかで隠れていやがった、オレの夢。
くそ、
むかつくぐらい、
どくどくしてる。

この夜に、
感謝です。

忘れかけていた・・そう、
「かけていた」、
この心の中には確かに在ったものが、
蘇えちまった。

感謝です。

いけめん?いけ社会?いけ常識?いけルール?・・
関係ねぇっす。
オレは、オレで、やりますわ。
・・に、刻印の夜でした。



ps
いくつか今夜のイベントに出演されていたバンド。
すべて、超良かったです。

そんなかでも、
SUNDAYS。
オレん中で、
最高です。
やばです。
歌たちに、奏でられた音たちに、感謝です。

負けねーぞ。



| 01:26 | CATEGORIES:I appreciate it |
2011-06-16 Thu
眠れない日々が続いてたけど、今日は眠れそうぅ。かな。
この缶ビールを飲んだら、寝よう。


さっき出てったと思ったら、オレ、もう帰ってきた。
会うべき人がいて、会ってきた。
韓国料理、食べた。
サムゲタンなる名のスープに、ちいちゃな人参が入ってて、
やや怯えたものの、いーや、この人参ごとき、まるごと食っちゃえ!って感じで、まるごと食べた。
明日あたり、朝起きたら、いろんな場所がビンビンだと思う。
楽しかった。
電車の時間に縛られたけど、
ぜんぜーん、
縛られた感じはゼロ。
自由な、自由な、時間。


眠れない日は続いてんなー。
夢の中でも現実が続く。
昼間に練習したりした音階が、まんま、夢の中でも、練習する課題として頭を駆け巡る。
そうかと思えば、そんな中から、「これ聴いたことねーな・・あ、新曲だ!」とか起き上がって、
夜中にレコーダーをまわし、録音。そして、また眠る。
どきどきですわ。
そんなこんなで枕にしがみつきつつ、
不眠状態のまんまうつらうつらしてると、ゴミ収集車の音が遠くから聞こえてきて、
「やば!朝だ!ゴミ出さなきゃ!」とまたまた自分で自分を叩き起こしつつ、
そんなこんなぐたぐたな感じで、ジャージにサンダルで外にでて、
そのまま、気球に乗ったことはないが気球の中で揺られる感覚を浮べつつ、
あほだーと頭をかきながら、
コーヒーを飲み、一日が始まる。

笑っちゃうよな〜。
・・なんて一服してる時、
ふと、
「決断だよな。」
・・なんて、ふいにクチビルからこぼれ落ちた言葉の後に、
心の奴らの、「もう覚悟はできているだろ?」なんてことをぬかす言葉たちを聞く。
なぁ、おまえら言ってるのはさぁ、
決断というべき、進むべき道に値する自分の中での覚悟のルールのことだよな。
わかってる。
わかってますわ。
オレにも、
未来は、じつのところ、もう見えている。


横道逸れますが、
今朝目覚めてふらっとニュースサイトを見ていたら、
「雄々しく生き抜こう」という言葉を見つけた。
その後に続く言葉は、「卑しいことは、すまい」という言葉。
ですよね・・・と、
頷く時間があった。


あ、そういえば、
唐突だけれど、
この間、
『プリンセス トヨトミ』という映画を観た。
良かったな。
あまり細かくは綴らないが、
闘ってるやつは、やっぱ、かっこいいな。
ここに、
今の自分の嗜好があることはマチガイない。
・・と思いました。


さてさて、
あっという間の一日だった。
音を聞く。
整理する。
楽譜を書く。
音を聴き、そして、感銘を覚える。
そんなこんな、
あっという間の一日の、ほんの、カーテンが揺れる瞬間に考えることがある。
それについては、今度、綴ろう。
いや、綴るのはやめよう。


・・んで、
さっき帰ってきて、
DVDを観てた。
ドキュメント。
詳細はまだ言えないみたいだけど、
自分が観るべきドキュメント。
・・
かっこよかった。
やっぱ、
こういうの好きなんだ。
真剣なやつが、やっぱ、かっこいい。


・・んで、
また考える。
そして、缶ビールを潰して、
眠る準備をします。



なんだかんだ、
ふと、書きましたが、
結局、
オレの嗜好は・・
という今日の駄文でした。


おやすみ。


この胸で今煮えたぎるものは、
いい感じで、
いい煮込みになって、
姿を表すだろーよ。
| 01:30 | CATEGORIES:スケッチ |
2011-06-10 Fri
大掃除してた。

捨てるもの、ファイルするもの、引き出しにまとめるもの。

ここ数年間に自分なりにファイルしてきたりまとめたりしてきたものも
たくさん出てきた。
歌詞、企画書、ミーティングしたことがら、提案したもの、省みたもの、などなど・・
なんか、いろんな思いがあふれた。
なんか、いろいろ、ですな。
自分の意味とか、
やってきた意味とか、
なんか、いろいろ。


いろいろが蘇ったものもあったけど、
捨てた。
掃除は、なかなか、考えることがありますね。
捨てていくものの中に、
その時の自分や、自分が積み重ねてきたものがあったりもする。
やっていたぶんだけ、そこに必死に思いをこめたぶんだけ、
宿っている、・・なんていうか、
澱?だっけ、おり・・・
のようなものがある。



朝から休まずやってたせいか、疲れたわ。
寝よ。

今日は夢を見たい。
| 21:06 | CATEGORIES:スケッチ |
2011-06-07 Tue
『One For All』ツアーが昨日の横浜で終了しました。
たくさん集まってくれたみんな、本当にありがとうございました!

言葉やメロディーとして想いをこめた歌を、
・・・歌う。

その思いでステージに立ちました。
あるがままの自分で歌いきったと思います。

たくさんの拍手や、ともに響かせてくれたみんなの声、
本当に嬉しかったです。
大きな大きな、
忘れることのない1ページを描いた夜でした。


ツアーの途中途中で、
このブログにおいても、日記のように思いやその時の出来事を綴ってきました。
たくさんがあったツアーでした。
たくさんを学んだり、見たり、感じたり、
そこから僕の中に生まれたたくさんがあった、
そんなツアーでした。
ツアーとともに現在進行形で生まれていった歌たちもありました。
それらは、このツアーで出逢えた風景や人々、みんなとの足跡なのだと思います。
僕にとっての、決して誰にも渡せない宝物。
大切に。
大切に。
形にしていきたいと思います。


南から北まで、
たくさんの街の風景の中で、
たくさんの人たちの出逢いの中で、深く感じたこともありました。

みんながそれぞれ、それぞれの感情を心に持って、生きているということ。
それを、
他の誰かがこじあけて見ることはできないということ。
けれど、
その喜びや悲しみや寂しさやせつなさというものを、

本当は本当に、
感じ合えるということ。
伝え合えるということ。

本当は本当に、
互いを思い合えるということ。

そこから、
また新しい一歩が踏み出せるということ。


深く深くを経験したツアーでした。
だからこそ、

もっともっと感じよう・・と思った。
もっともっと、人の心を感じよう・・と思った。


いつのまにか、
人は、
1人1人、
例えば、
僕に対していえば、
僕は、僕の目しか持たなくなる。

でもそれは、
時に、
世界を一色に染めてしまう。

それぞれの人たちがそれぞれの目を持っているということ、
それぞれの人たちがそれぞれの心を持っているということを、
決して忘れてはならないし、
そんなたくさんの目や心を持って、
風景を感じたり、見たり・・・

僕はしたい。



長くなったけれど、
多くをいただいたツアーでした。

この時代に、ツアーという真っただ中で生きれたことに、感謝をします。

出逢えたみんな、
遠くからその瞬間に溢れた思いや声援を届けてくれたみんな、
本当にありがとう。

ともに、
真っただ中を生きてくれたバンドメンバーや、
疲れた体にムチ打って染谷のステージを制作してくれた染谷スタッフにも、
本当に心から感謝をします。
それぞれの街で、染谷のステージを準備してくださった数多くのスタッフの方々にも、
心から感謝です!
ありがとうございました。


今は、
やりたいことが溢れている状態です。
そして、
やらなければいけないなと思うことも溢れている状態です。

今日からまた、
風を切るように、
新たな風景をしっかりと見つめながら、
走っていきます。


『One For All』。
僕が、全てのためにできることはなんなのか。
僕が、みんなのためにできることはなんなのか。

それは、果てしない問いかけだけれど、

やっぱり、

僕にしかできない何かがあると確信しています。

それをこれからも問いかけ、
僕という僕自身を見つめて、

問いかけから生まれた生き様を、
僕らしく、
歩んでいこうと思います。


本当に、ありがとう。
2011年『One For All』ツアー。


| 13:28 | CATEGORIES:I appreciate it |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2011/06 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------