2017-08-17 Thu


どんよりとした天気が続く。
どんよりと言うよりは、ラチの空かない天気って感じか。
絶え間なく、強くなったり弱くなったりして降り続く雨。
空さんよ、夏だぜ。
なんとかしてくれよ。カラッと、昼吞みでもしたくなるような天気に逢いてぇな。
2017年の日本の夏の天気は、西と東、まっぷたつに様相を変えているらしい。


昨日も一昨日も小雨の中で機材の積み替え。
シトシトとした雨は、ザーザーぶりの雨と違って、カウンターのように「やべーぞ!」というような
危機感を持って責めてこないんだけど、じんわりじんわりとカラダの中にダメージを与えて染み込んでくる。
気がつけば、キャップのつばの先からボトボトと雫が滴り落ちていく。
濡れていくカラダの感触は、冷たくなっていくというよりは、ぬめりと湿っていく感じだ。

たまには部屋の空気も入れ替えなきゃと、
今朝はベランダ側の窓を開けて、作業と筋トレをしてみた。
窓の向こうから、濡れた道路をこすっていく車のタイヤの音達が聞こえる。
しゅわーーーー。しゅわーーーー。
その音を聞くだけで出かけたくなくなるんだけど・・・
自分が動かなきゃ、何も動かない世界。
行くっきゃねぇす。

こんな気持ちの時は、「こういった状況も楽しんだも勝ちだよなぁ」とあらためて思い直し、
自分に話しかけてみる。
そういえば、昨日のツアー片付けも大変なもんだったぞ、と。
ひとりで荷物を抱えて、あーだのこーだの、荷物の配置を考えながら、時折もともとあった荷物たちが崩れてきて、
そいつらが裸足の上に落ちたりして、「いてーよ!」と誰もいない倉庫で大声をあげた。
でも、なんかそんな自分の姿が妙に滑稽に思えて、途中から薄笑いを浮かべながら作業をした。
うん、笑っちゃえ。笑って、力抜いて、いっこいっこ、やってっちゃえ。かましちゃえ。


歌う旅が続いていく、今夏。
明日は名古屋。そして、浜松。
移動日には、施設に呼ばれてのライブもあったりする。
「始まる歌を待っている」人たちがいるってことが、自分の気持ちを沸き立たせる。
大切にしたい。。ぷくりと心に泡が立つ。


昨夜は読んでいた本を読み終えた。
思春期の頃の青年の物語だった。
何をしたらいいかわからない、自分を求めてくれる人なんかいない、自分の存在なんてあってないようなもの・・
そんなふうな日々が続く中で、ふとした物と出逢いをする。
その物との出逢いから、少しずつ、歩を進めていく青年。
いつのまにか、物との出逢いが人との出逢いへと糸をつないで、青年の日常が変わっていく。
・・・そんな物語。
「読書とかしてる時間ねーよ」と思ってたけど、ひさびさ本でも読みてーな!とページをめくり始めると、
空き時間や休憩の時間の合間合間をつないで、あっと言う間に3日間ぐらいで一冊を読み終えた。
「sou,iu,koto!!」
そーいうーこと。な。
思い立ったら、いざ。


さてーーー、
旅へ向けて。



| 08:49 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017/08 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------