2019-04-06 Sat

パソコンのデスクトップに、書きかけの文章ばかりが開いてて、大変。
デモ曲が入ってるフォルダを探すのとか、その書きかけの文章が邪魔をして迷惑。
少し、整理しよう。

今日はレコーディングの歌入れ。
歌入れ・・なんつーと、なんか、素っ気ない感じがするけれど、
歌を録音していくレコーディングは、本当に本当に、魂を注ぐ時間なのだ。
・・・というようなことをひしひしと感じながら、歌入れをしている。
今日は、2曲。

お昼ぐらいから始めたから、日が暮れるまでには終わるかも・・なんて思っていたけど、
いやいや、どうして・・
すごくすごく時間がかかった。
ま、自分のこだわり・・というか、「これでいいのか?」なんてことを、
一文字一句、一音、一メロディー、一響き、
問いかけながら、あーでもないこーでもないと録音していく時間。
本日はとてつもなく時間をかけての歌入れとなりました。

クールに・・なんて、やっぱり無理で、
汗をダクダクかいたりもする。
でも、こんな時、
いや、こんな時だからこそ、
「オレ、歌うたいだもんな」なんて想いが、ふつふつと体中を駆け巡る。
そして、
歌を届けるべき向こうが、くっきりと姿を現したりもする。

オレがオレらしく、
今日は生きた。
げっそりしてるわ、今・・と言っても過言じゃないぐらい、
すり減るぐらいに、生きた。

レコーディングを終えての帰路は、
とてつもなくお腹が減っていた。
何食べようかな〜・・なんてことばかり考えて、車を運転した。


そうそう、
レコーディング中にLINEがいっぱい来てて、
その中に、ベーシストのスティング宮本氏からのLINEも来てて、
「明日のライブでギター用のワイヤレス使うんだったら、家まで
取りこいねー」なんていう内容のLINEだった。

明日は、違うベーシストの方とステージ立つのにね、
なんか優しいなぁと思った。
そして、ホントにマメだなぁなんて、思った。
明日のステージのこと、スティングさんには伝えてなかったのに、
きっとどこかでオレのSNSとか見て、
「あぁ、染谷、これ使ったらいいんじゃないかな」なんてことを思って連絡してきて
くれたんだろーな。
本当に優しい人。
本当に素晴らしい人だ。
ま、
もうちょい言えば、
そのワイヤレス、オレのなんだけど・・ってこと、思ったりもするけど(笑)。。


さて、そんなわけで、
明日はライブなのです。
セクシーパンサーのボーカル、タマキングの誕生日ライブ、
ぱーっと出演させてもらってきます。

明日は、エレキギターをぶら下げて。
あー、
暴れたいー。
エレキギター、ステージに打ち付けてぶっ壊すぐらい、ニルバーナみたいな、ステージ、
やりたい。
ギター壊したら、ベースとドラムだけになっちゃうし、
大事なギターだから、
まぁ、壊さんけど。

てな。
おやすみなさい。

今日は、
お昼食べたオムライス、
そして、
夜食べたトンカツとキャベツが、本当に美味しかったです。

| 00:34 | CATEGORIES:自画像 |
2019-04-03 Wed


自分が書いた歌言葉の中にこそ、
やっぱり本音があるな。・・と、今日、あらためて思った。

その本音の色合いは、
いろんな角度から見ると、反発やら怒りやら優しさやら深さやら悟りやら・・
いろんな色合いを持つけれど、
やっぱり、そこに、本音がある。

だからこそ、僕は、自分が歌うべき、歌言葉を書いているのだ。
本音が薄れていく、中で。

子供が、喜怒哀楽をあっちゃこっちゃ無造作に、時に真実に、
嘘なんだか真実なんだか妄想なんだか、画用紙に書くように、
自分は歌に、
今もそれを描くバカなんだな・・と、
今日は思った。
レコーディングの一室にして。


            ☆


いろんなことが追いつかない。
それをなんとかしたくて、突っ走る。
へこむ。苛立つ。
そんな春。

自分が決めなきゃ始まらないことたち。
それらも、今日、いろいろ朝からやってみた。

自分が選んだこと。
自分が招いてるんだってこと。

そんなことを、自分が書いた歌から、今日も、あらためて、
中指立てられました。


            ☆


スタジオから帰ってきて、
レタスをちぎって、サラダボウルの中へ。
そこにツナ缶を入れてサラダを作って食べた。
静かな空気は、また、いろんな思想を運んでくる。
こんなひとときから、
なんだか今は、学習・・学び習うことをもらってる。

そうそう。

「勉強したい。自分をもっと磨くような、肥やしを吸収するような。」

時間がある時には思わないくせに、
すぐ吞みに行っちゃったりするくせに、
時間が無い時にかぎって、そんなことを思う。

最近は、
詩人が書いている、徒然なる日記の本を、
毎日、朝と眠る前に、2ページずつぐらい読んでいる。
自分はこういう時どう思うかな・・・とか考えながら。
日々起こる小さいことからでも、何かしらの感じることがあるんだよな・・
なんてことを気づきながら・・

木の葉が揺れるのを見ながら、
「あ、微かな風が今吹いたんだな」・・とか、そんなふうに。


            ☆


ニューアルバムレコーディングの歌入れが、
花粉症とかに妨げられないで、
順調と呼べるぐらい、やや順調に進んでいる。
ありがたき。

一曲、一曲、
あたりまえだけど、
その歌に書いた言葉に込めた想いの心で燃え尽きるように歌うから、
それはそれで、
心は燃えかすのように灰になって、波間に吸い込まれる塩のように溶けて、
毎日消えていく。

今日は、早めに眠れて、嬉しいな。

充電しよう。

            ☆


少し、
現実からは、少し、
遠い遠いところで、生きている今。

そんな気がするのは、
創作の日々だから。

触らないでほしい。
けれど、
見ていてもほしい。

話しは逸れるけれど、
その季節に鮮やかに咲き、
”誉流”のカンムリを着れる紫陽花の気分って、
こんなんだろうか。

まぁ、それはさておき・・・


だから、
ライブの日は幸せなんだ。

みんなと、
肌をすりすりするように、
心をすり合わせる、
そんな夜。

・・が。



| 22:31 | CATEGORIES:自画像 |
2019-04-03 Wed

昨日、自分と約束したこと。
あぶねー。
もう、今日、破るところだった。

なんとか、今日は、約束を守れそうだ。


今日は、レコーディング。
その前に、来週の松本ライブのための機材引き取り。
穏やかな春日和、穏やかなる気持ちで過ごそうと思ってたけど、
引き取り場所までの道筋、狭い道やら、いきなり一方通行だったり、
「なんでやねんっ!」と何度もキレそうになり、
そのたび、仏の心と向き合おうと努力しました。
なむなむなむ・・
ダメダメだわー。
まだまだ、精進の日々。


レコーディングは、とても気持ち良かった。
途中、歌を歌ってた時には、窓から、雨上がりからの夕日が見えたりもした。

“なかなか、いいじゃないか。
流れがきてるぜ、ベイビー。”

まさに、そんな気持ち。

そんなこんな、あっと言う間に夜になり、
帰りの道は、ラッシュ渋滞にて、
今にも衝突が起こりそうな、一触即発の都内の道路。

ダメダメよ。ダメダメ。
こういう感じに気持ち取り込まれちゃダメなのよ・・と、
気を静めながら帰ってきた。


   ☆


それぞれの、人々の、事情について・・みたいなことをずっと考えていた。

みんな、それぞれの事情を持って生きている。

その事情を言ったり、言わなかったり、
全面に出したり、出さなかったり。
良かれと思い、隠したり、胸にしまったり。

そして、
その事情を持ちながらも、
それぞれの同じ方向を目指す人たちや、同じ気持ちを分かち合いたい人たちの中で、
事情に沿って合わせたり、すり合わせたりしながら、
いい方向を目指して前進していく。

時には・・
その自身の事情に押しつぶされ、
事情を言い訳に、
別れたり、離れたり。

ま・・、
そんなことを、
今日は、ぐるぐると考えていた。

ま、どちらにしても、
盲目的な情熱や愛情を正義のようにかざして、
一方的に事情を押し付けるような人にはなりたくないな・・と、
思った今日。


そういえば、
元号が変わったんだね。

『昭和』から『平成』に変わった、あの時とは、何かが違うムード・・
あの時は、
たくさんの事件が次から次へと起きていた、あの真っ只中の出来事だったような・・
いや、
でも、
本当は一緒なのかな。
遠目から見たこの社会の景色は、そんなに変わってないのかな・・

変わったのは、自分の心持ちか・・。。


・・なんてことをブツブツ言う頭をおさえて、寝ます。
ねまる。ネイマール。ユイマール。

な。
今日の一言は、
「やっぱ、ユイマール」ってとこですか。





| 00:00 | CATEGORIES:考える人 |
2019-03-17 Sun

2019年3月24日の奈良歴男リターンズに関してですー。

歴男イベント、いつもたくさんの皆に集まっていただき嬉しいです!

もともと、自分が歴史好きだったもんで、
街から街へ、ツアーの途中、ひとり、史跡散策をぶらりぶらりしてたんだけど、
ある時、ふと、「ひとりじゃなくてもいいんじゃない・・一緒に散策をしたい人たちも
連れて、史跡巡りできたら楽しいだろな」というようなことを思って、
それで、始めたのが、歴男イベントだったりしますー。

京都、鎌倉、奈良、
イベントを始めたところ、遠足のような史跡巡りぶらりぶらり好きの方達が大勢いたようで、
毎回50人超え、ついには、70人強の人達が参加する形になっていきました。
嬉しいことだったのですが、さすがに、安全面や、
参加はしたけど染谷歴男の説明が聞こえない人たちも大勢いるかな、
染谷歴男と説明に対面する時間が少なすぎるかな、
行き届かないところが多々あったな
・・なんてことを省みて、
今回の奈良歴男リターンズは、40名限定の募集、
限定数を超えてしまったら、抽選によっての参加者決定という形を取らせてもらいました。


締め切りも過ぎ、昨日、スタッフのほうから、
抽選をした旨と、応募者の数、抽選から外れてしまった方々の数を訊きました。

自分的見解なのですが、
抽選から外れてしまった方々の数が、本当に、微数で・・
こちら側としては、参加してもらっても全然まだフォローできる数だな・・と思い、
そして、
残念なのと、さみしいな・・のと、悲しいだろな・・のと、
そんな思いがあって、
1日、考えさせてもらったのですが、
今回は、この方達を補欠当選という形にさせてもらいました。

もちろん、敷居も垣根もない無料イベントで、
前日までには今回の奈良歴男巡りコースをHP上にて発表するので、
落選した方達も、その場にやってきて、遠目から眺めたり、
遠目から参加してる感じに同行できたりはすると思うんだけど・・

遠目、イベント風景を眺めながら「あー、自分は落選しちゃったんだな・・」なんてことを思う人達が
今回数人いるかもなんだなぁ・・なんてことを思うと、自分、いたたまれなく、
独断と偏見で、補欠当選枠というものを作らせてもらいました。

「40人という数だったから」「限定だったから応募した」という思いで
応募なさった方達もいるかもしれないです。
申し訳ないです。
ごめんね。
今のところ、今回のことを受けて、「参加キャンセルしたいな」という方々のほう、
いらっしゃれば、スタッフのほうで対応するので、ご考慮くださいーー。


今後開催の歴男イベントにおいては、
抽選での参加者決定になった場合、
「さすがに、フォローできない落選人数だな」・・になっちゃった時は、
さすがに落選になってしまうので・・
こちらも、ご了承くださいまし、ね。


・・ということで、
みんながハッピーになれるよう、歴男、今回も奮闘しますんで、
よろしくお願いします!
おもしろき、こともなき世を、おもしろく。

晴空になーれ。



| 16:23 | CATEGORIES:自画像 |
2019-02-21 Thu
今年も誕生祭ライブがやってきた。
2019年2月22日。

毎年毎年ねーー、
「誕生日ライブだ!!」・・なんつってーの、
自分の意気込みも凄いもんだから、
最終的に、「やりたいこと」「成し遂げたいこと」の全ての物事が猛スピードに舞い上がる煙のように
舞い上がって、それらの煙は自分の姿さえも巻き込んで、息も吸えないぐらい・・
大変なことになる・・・・ような、毎年。。
大袈裟でもなんでもなく、そう、やってきた。


けれど、
なんかね、違うんだ。いつもと。今年。
なぜか、とても、悠々とした気持ち。
もちろん、
怒涛のリハーサルは猛スピードで過ぎて、
ひたすら歌って踊って、メンバーとワーワー言い合って、ヘロヘロになって、
前々日、前日ともなれば、グッズを届けにきてくれる宅配業者さんのインターホンが次から次へと鳴って、
合間を縫ってのレンタカー引き取りも猛ダッシュ・・からの、ひとり何時間もかけての怒涛の積み込み。
その様たるもの、きっと俯瞰で見たら大変なバタバタ感なんだろうけど、
本当に、
そう、本当に、
今年の誕生祭の今の自分の気持ちは、悠々としてるんだ。


この感じ、うまく言葉にできないけど、
こうして今日ここには、綴っておきたいなと思う。
2019年。
なんか、いつもと違うんだよな・・という、この感覚を。

答えは、わかってる。
その答えたちは、リハーサルの時に新しい歌たちを歌っていて、自分で感じた。


まぁまぁ、
そんなこんな、

楽しみでしかないよ。明日の誕生日ライブ。

自分では、歴史的な幕開け。
・・ぐらい、楽しみ。



一年一年、
一歩一歩、
そこに刻んでいく、自分の歴史。
誕生日に立つステージにそれを刻む感じ。
とても、わかりやすい。
「あぁ、オレは、この歳、こう、生きようとしたんだ。生きていこうとしたんだ」
そんな・・。

そして、
それが、今年の誕生祭に関しては、本当にわかりやすい。。
対、自分を見つめながら、そう思う。



まぁまぁ、
そんなこんな、
楽しみでしかないよ。明日の誕生日ライブ。
なんて、何度もの復唱になるけれど。(笑)

あぁ、
なんだろう、この熱を宿った悠々感は。


明日、2019年2月22日を再びステージで迎えられることに、
本当に心から・・

ありがとう。
と、
始まりの気持ち。いっぱい。


待たせたなぁ♪
さぁ、行こう。
いよいよ。♪


| 22:16 | CATEGORIES:自画像 |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019/04 次月>>
ARCHIVES
NEW ENTRIES
CATEGORIES
SEARCH
POWERED BY
ぶろぐん
----------